火傷したとき、おばあちゃんがアロエを塗ってくれた…なんて経験ありませんか?

アロエには火傷などの皮膚の炎症を治す効果があると言われ、
お肌にいいことが広く知られています。

このアロエの力をたっぷり含んだ化粧水
実はとても簡単に作れてしまうんです。
たくさんのレシピの中から簡単・手間いらずな作り方を紹介します。

アロエ化粧水の材料

2016-10-13b

アロエ化粧水の基本の材料は、
アロエエキス、精製水、グリセリンの3つです。

この3つの配合を変えることによって、
さっぱりタイプ・しっとりタイプと作り分けることができます。

夏は精製水を多め、グリセリン少なめでさっぱり、
反対に冬は精製水少なめ、グリセリン多めでしっとり、
と季節によって配合を変えるのもいいですね。

この基本材料にレモンやゆずなどを加え、
さらなる美容効果を狙ったレシピもあります。

実際に作ってみる

アロエ化粧水を手作りするにあたって
まず必要なのはアロエエキスです。

庭にアロエが生えていないとか、
身近にアロエが手に入る環境ではない場合も安心してください(*^^*)

アロエは通販などでも手に入れることができます。

時間はかかりますが、放っておくだけの簡単な方法があるのでご紹介します。

【材料】

  • アロエベラ
  • ホワイトリカー(アルコール度数35度)

【作り方】

  1. きれいに洗ったアロエベラの水気をふき取り適当な大きさに切る
  2. それを果実酒などを作る時に使う瓶に入れ、
    ひたひたになるまでホワイトリカーを注ぐ
  3. 蓋をして約2カ月間放置するだけで、アロエエキスが完成!!

エキスを作る際、レモンやゆずの種をアロエと一緒に入れておけば、
ビタミンCや香りの増したアロエエキスも作ることができます。

出来上がったアロエエキスに精製水
グリセリンを加えよく混ぜ合わせればアロエ化粧水の完成です。

200mlのアロエ化粧水を作る場合、
アロエエキス80ml、精製水80ml、グリセリン40mlが必要になります。

もっとさっぱりがいい、しっとりがいいなど好みに合わせて、
グリセリンや精製水の配合を調整してみましょう。
あなただけのオリジナル化粧水が作れますよ。

美白情報については、こちらの記事もご参考に♪

アロエ化粧水の成分

アロエには多くの体にいい成分が含まれていますが、
アロエウルシンには皮膚組織回復作用があり細胞を活性化させ、
組織の再形成を促す効果があります。

また、アロエシンには抗炎症作用があるほか、
ビタミンCと同じくらいの美白効果があり、
シミそばかすを薄くし、肌に透明感を与える効果もあります。

表皮で生まれた細胞が
垢となって剥がれ落ちるまでをターンオーバーといい、
この理想的な周期は28日間と言われています。

しかし、紫外線や加齢などによって
水分が不足し剥がれ落ちづらくなってしまいます。
そうして乱れてしまったターンオーバーの周期を整えてくれるのがこれらの成分なんです。

また、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、
ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE
といったビタミン類も含まれています。

美肌成分やたくさんのビタミン類を含んだアロエを
ギュギュっと凝縮したアロエエキスを使って作ったアロエ化粧水、
お肌に悪いわけがありません!

使ってみると…?


アロエ、アルコール、水、グリセリンだけで保存料も香料も入っていない、
不純物ゼロの手作りですから安心して使えます。


もちろん、お肌に合う、合わないはあるので
市販の化粧品同様、肌に以上の出ることもありますので、
使用前にパッチテストなどしておくと良いでしょう。

化粧水だけじゃない!

化粧水よりすこし難しいですが
アロエエキスをつかってクリーム石鹸も作れます。

クリームには、アロエエキスの他に、
シアバター、ごま油(もしくはホホバオイル等)、
植物性乳化ワックスを使います。

アロエエキスと、その他の材料を分けて湯煎します。
温度計を使って55℃くらいを保つようにしましょう。

それぞれ溶けたら湯煎から外して
少しずつ小さな泡だて器を使って混ぜ合わせていきます。
完全に冷めるとクリーム状になり、アロエクリームの完成です。

石鹸に使うのは苛性ソーダ水溶液です。
アロエエキスをこの水溶液に投入するだけなのですが、
苛性ソーダは肌に触れると火傷してしまう劇物ですので、注意が必要です。

もちろん注意点さえまもれば全く問題ありません。
取り扱うときは手袋やエプロン、ゴーグルを着用しましょう。

まとめ

2016-10-13c

昔から広く知られているように
アロエには炎症を抑える効果や、シミ・そばかすを薄くし、
お肌の透明感をアップさせる美肌効果もあるます。

今回ご紹介したアロエ化粧品の材料はとってもシンプルで、
材料それぞれのお値段も高くないですからコスパもいいです。

アロエパワーを簡単・お手軽に使うことのできるアロエ化粧水、
自分好みに作ってみてはいかがでしょうか。