特に夏の季節になると気になる人も多い「あせも」。
あせもが酷くなると「みみず腫れ」のように赤くなってしまうこともありますよね。

そもそも、あせもとみみず腫れは全く別の物です。
でも、あせもが悪化すると「みみず腫れ」のような状態になることはあります。

あせもやみみず腫れが出てしまった時、
一体どうやって対処したら良いのでしょうか。

夏の強敵「あせも」について詳しく知りたい!

2016-03-31b

夏になり、汗をかいたまま長時間肌が触れ合っている部分に
よく「あせも」ができてしまい、
痒いし痛いし大変だったという経験はありませんか?

では、なぜあせもはできてしまうのでしょう。
一言でいうと、大量に汗をかいたとき、汗が皮膚の中に溜まることが原因なのです。

そもそも汗は、汗管と呼ばれる管状の腺から分泌される体液です。
汗腺があるのは皮膚の奥深くで、
そこから汗管が伸び、体の表面の汗孔という出口に通じています。

たまった汗は、汗管の周りの組織に漏れ出し、
炎症を起こして、かゆみを伴う赤い発疹ができます。
それが水膨れのように腫れてしまうとまさにみみず腫れのような状態になってしまうのです。

ひじの内側や足の付け根、膝の裏、頭皮などにあせもがよくできるのは、、
通気性の悪い衣類などを身につけたことで蒸れてしまい、
流れていくはずの汗が十分に流れず、汗管がつまってしまうからなのです。

「みみずばれ」ってどんな症状なの?

では、みみず腫れはどういう症状のことを指すのでしょうか。

みみず腫れは、色素性蕁麻疹という名の病気です。
これは、蕁麻疹が赤く腫れあがってしまった状態のことを言います。

通常の湿疹とは異なった痒みがあることが特徴で、褐色調の色素斑があります。

みみず腫れの原因はまだはっきりとは分かっていませんが、
主にアレルギーが原因だと考えられていて、
虫刺されによるアレルギーや、薬剤によるアレルギーなどいくつかの説が考えられています。

また、新陳代謝の障害が原因になっているとも言われています。

みみず腫れは主に頚部、胸部、背部、腹部で発症し、
しこり、そして褐色斑が数多く発生します。
酷い時には呼吸困難や意識障害を引き起こすので気を付けてくださいね。

あせもを治したい!予防したい!その方法とは…?

あせもの治し方は、塗り薬を塗ることです。
特にみみず腫れのように炎症の起きているあせもの場合は、
ステロイド外用剤を使います。
あせもができているところに薄くのばして塗ってください。


このように塗った直後から効果を実感している人も・・・!

ステロイドは抗炎症作用があるので、
炎症が治まるとともに痒みもやわらぎ、ストレスも軽減するので良い方法ですね!

そして予防法ですが、1番大切なのは、汗をかいた後。
汗をかいたまま放置してしまうと、
皮膚の表面に汚れがたまり、汗の出口をふさいでしまい汗管がつまってしまいます。
汗をかいた後は、シャワーで洗い流したり、清潔な濡れタオルで拭き取りましょうね。


清潔に保つことが、何よりも大切なんですね!

あせもについてはこちらの記事もご参考に!

みみず腫れ(色素性蕁麻疹)の対処法と予防

では、今度はみみず腫れについて、
出来てしまった時の対処法と予防法を紹介しますね。

まず、みみず腫れができてしまったら…残念ながら根治する方法はありません。
しかし、症状を和らげる方法はいくつかあります。

皮膚のかゆみや痛みを緩和する抗ヒスタミン薬として、
ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬を使用したり、
抗炎症特性がある注射、病巣内コルチコステロイドを勧められたりもします。

基本的に医師への相談が必須なので、病院へ行くようにしてくださいね。

自宅でできる対策・予防としては、
まずは肌を清潔に保つのが何よりの予防策です!

もしみみず腫れのような症状が出てしまったら、
肌をこすらない 触らない 掻かない を必ず守ってください!

ベビーパウダーを少しトントンとのせると
サラサラになり、気になるのが少し軽減されるかもしれないです。


かゆくて大変かもしれませんが、触るともっと悪化してしまいます…

まとめ

2016-03-31c

汗をかいて放っておくだけで、
こんな状況にまで陥ってしまうことがあるということ・・・怖いですね。
やはり汗をかいたらすぐに流して、できるだけ肌を清潔に保つことが大切なようです。

あせもは、病院や薬局で手に入れた薬を継続的に使っていれば治るものですが、
みみず腫れのようになってしまう色素性蕁麻疹は、定期的に治療に通ったりとなかなか大変なようです。

酷くなってしまうと呼吸困難や意識障害など
脳の部分にも関わってしまうので普段の予防がが必要なんです!

そしてもしみみず腫れのような色素性蕁麻疹が出てしまったら…
その部分を「こすらない・触らない・掻かない」の3原則を必ず守り、
早めに皮膚科を受信するようにしてくださいね!!