鼻炎というのはアレルギー性の鼻炎と細菌やウイルスによる物などがあります。
ビタミンcはそのどれにも効果があるのですが、
日常の食生活の中で摂取する量では状態が悪い鼻炎を
回復させる程の効果を期待出来ません。

鼻炎に悩まされている人がビタミンcでの回復を考える場合は、
サプリを使うのが効果的なのです。

鼻炎はどうして発症する?

beautiful blond woman. pink lips. face without eyes

鼻炎には花粉症などに代表されるアレルギー性鼻炎と、
風邪のウイルスなどが原因のウイルス性鼻炎、
原因が良く分からないまま慢性化する血管運動神経性鼻炎などがあります。

これらにはそれぞれ発症のメカニズムがありますが、
身体の免疫機能を強化出来れば避けられる事が多いのは事実です。

また、アレルギー性の場合は、
炎症反応を起こす物質であるヒスタミンの制御が大きなウエイトを占めています。

アレルギー性鼻炎もウイルス性鼻炎も、
そして血管運動性鼻炎も、身体がそれに抵抗できる状態になっていれば
発症しないと考えられます。

逆に言えば鼻炎が発症するのは、
炎症を起こしてしまう状態に身体がなってしまっているからと言えるでしょう。

結局の所、栄養摂取のバランスや、
ホルモンバランスが崩れている場合に鼻炎になりやすいのです。

鼻炎にビタミンcが効く?

では、そんなバランスの崩れた状態の
身体を立て直す力がビタミンcにあるのでしょうか。

結論を言ってしまえば、
ビタミンcはこのような炎症に対して特化した効能を持っています。

つまり鼻炎にビタミンcは良く効くのです。
ビタミンcにはアレルギー反応で炎症を起こす原因である
ヒスタミンを抑える働きがあります。

更に免疫機能の強化、ウイルスに対する抵抗力の強化、皮膚の老化防止、
抗酸化とおよそ免疫系統と皮膚に関する事なら万能選手のような秀でた効能があるのです。

とは言え、一般的に人が一日に食べる食事の中に
含まれている程度のビタミンcではここまでの強い効果は期待出来ません。

普通に生活の中で必要とするビタミンcは100mg程ですが、
これらの効能を期待する場合は、およそ800mg以上摂取する必要があると言われています。

しかもこれは身体に吸収される量としての数字なので、
口にする量はもっと多く必要です。
ビタミンcの効能を実際に経験している人もいるようです。


経験者のアドバイスは説得力がありますね。

ビタミンの効果についてはこちらの記事もご参考に!

ビタミンcサプリの摂取の仕方

実はビタミンcが身体に吸収される時に、
飲んだ分だけ全部吸収される事はありません。
しかも少ない量の場合は吸収の割合が多く、
沢山摂取すると吸収率は低下します。
つまりビタミンcを上手に沢山摂取するにはこまめに多量を摂取する必要がある訳です。

1000mg摂取した場合、約7割程吸収されますが、
これが2000mgになったら4割程しか吸収出来なくなってしまいます。

そんなに沢山摂取して大丈夫?
と心配になるかもしれませんが、
ビタミンcの摂取量は基本的に上限という物はありません。

ただ、10000mg以上飲んで吐き気などを発症した人はいるようです。
鼻炎に効果を期待するなら大体2000mg程のサプリを
小分けにして飲むのが良いのではないでしょうか。


実際に実行している人もいて結果も出ているようです。
ビタミンcは薬でもなんでもなく単なる栄養素なので、
副作用などを考える必要はありません。

ただ、薬ではないのですからすぐに症状が治まる事もありません。
毎日食べ続ける事で少しずつ身体の中が変わって行くので、
その変化はとてもゆっくりです。

でも、一時しのぎではないからこそ、
鼻炎で苦しんでいる人には試してみてほしい方法なのです。

食事で摂るとしたらどのくらい?

2015-10-09c-1

ビタミンc1000mgを食事で摂るとしたら
どのくらい食べれば良いのか計算してみました。

例えばビタミンcを多く含有していると言われるキウイですが、
大体100gで69mgなのだそうです。
キウイの普通サイズで大体90g、食べられる部分は75gぐらいとされています。

という事はキウイ1個に含まれているビタミンcの量は52mgぐらいと言う事です。
単純計算して19個食べる必要があります。

うん、まぁ普通に考えて無理でしょう。
というか、健康な人が一日に必要とする量を摂取するだけでも
キウイ2個食べなければいけないのです。

これはサプリが流行るはずですね。
他の野菜などにもある程度含まれているとは言え、
それはキウイよりもはるかに少量ですから、もっと沢山食べる必要があり、
ますます無理な感じになってしまいます。

こう考えると、ビタミンcは不足しやすい栄養素だという事が良く分かります。
健康な生活の為にも出来るだけきちんと摂っていきたいものです。