少し前まではあまり聞き慣れなかったブルーライトですが、
最近ではスマートフォンやパソコンのLEDディスプレイやディスプレイ照明には
このブルーライトが多く使われるようになってきました。

ただ、ブルーライトは可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光で、
肌や健康への影響が懸念されています。

今回、肌やブルーライトが与える人体への影響とその対処法について考えてみましょう。

ブルーライトとは?

ノートパソコン

そもそもブルーライトとは一体どんなものでしょうか?
簡単に言うとブルーライトとは波長が380から500ナノメートルの青色光の事です。

これは人の目で見る事の出来る光、
つまり可視光線の中でも最も波長が短く強いエネルギーを持ったものです。

可視光線波長は400から800ナノメートルで400ナノメートルよりも短くなると
紫外線、700ナノメートルよりも長くなると赤外線と呼ばれるものになります。

私達人間の目の水晶体や角膜はおよそ350から800ナノメートルの波長までのものを
透過させる事が出来ますが、それよりも短いものや長いものは透過出来ません。
その中でもより短くて紫外線に近いエネルギーを持ったものがブルーライトというわけです。

ブルーライトが与える影響

では、このブルーライトは人体にどういった影響を与えるのでしょうか?
眼の網膜には光の明暗と光の色を見分ける二種類の視細胞があり、
その二種類のおかげで光をキャッチしてモノを見る事が出来るのです。

そして、それらとは別にメラノプシン含有網膜神経節細胞と呼ばれる神経細胞の一種が
ブルーライトに強い反応を示すことがわかってきました。

これを第3の視細胞と呼んでいます。
この視細胞で得たブルーライトの光刺激は脳の視覚中枢を経由せずに直接視床下部に届き、
生体リズムや生理的調整機能、そして痛みや病気の発生に影響を与えます。

難しく言うと以上なのですか、簡単に言うとブルーライトを浴び過ぎると
体内時計が狂って睡眠不足や自律神経失調症を起こしやすいというわけです。

ブルーライトによる肌荒れ

さて、ブルーライトの肌への影響ということですが、
直接的に影響があるというよりも睡眠不足などによってストレスを感じたり、
新陳代謝が悪化すると間接的な影響により肌荒れや肌の老化が引き起こされる恐れが十分にあるというわけです

もっと間接的な影響で言うとスマートフォンを使ったり、
携帯を持ち歩く人がほとんどという世の中ですが、
携帯画面から出されるブルーライトの影響に加えて
集中して携帯をいじっている状況そのものが表情筋の硬直や眼の疲れなどを引き起こし、
肌の劣化を引き寄せているのは間違いありません。

もちろん、テレビやパソコンでも同じ事が言えるのですが、
光の刺激だけでなく様々な間接的影響が懸念されていると言うわけです。

肌トラブルの対処についてはこちらの記事もご参考に!

肌荒れの対策や対処法とは

では、対策に関して考えていきましょう。
まず一番はブルーライトに近付かない事が一番です。

ですが、携帯電話やテレビ、パソコンなど今の世の中には
ブルーライト放出されているものが山ほどあります。

全てのブルーライトに対して対策や対処をするのはなかなか難しいところです。
その中でも一番身近にあって使う機会が多いのはやはり携帯電話です。

集中して使う事でブルーライトによる眼の疲れで網膜を傷付けたり、
神経の不安定を引き起こしやすいので長時間集中して使用するのは控えましょう。

スマホなどの液晶には、できるだけ保護フィルムを貼りましょう。
ですが、様々なブルーライトから目を守る為にすべてのものに
保護フィルムを貼るのは大変ですので、
目への影響はブルーライトカットメガネで対策しましょう。

おしゃれなデザインが多いので
外出先でも気にすることなく使用できるので嬉しいですね。

そして、集中して使う事によって顔の筋肉が固まって血流が悪くなり
シワや肌荒れの原因があるので、使用した後は軽く目元や顔のマッサージを行ったり、
温かいホットタオルで顔を温めて緊張した筋肉をほぐして血流を良くしてあげるのが良いでしょう。

まとめ

2016-04-26c

ブルーライトの影響としては特に眼精疲労や神経の不安定に気を付けて、
ブルーライトが発せられている電気機器に直接照射されないように気をつけて下さい。

加えて一番近いのは携帯電話ですので、
ブルーライトのカバーを付けたり長時間使った後はお
顔や眼のメンテナンスをしっかりと行うように気を付けていきましょう。