通常のダイエットではなかなか落ちにくい、セルライト
ぼこぼことたるんで、とても見苦しくて嫌になってしまいますよね。

こんなセルライトを落とすためには、エステ通いしかないと諦めてしまっていませんか?
実は、このセルライトの構造をよく知れば自宅のお風呂でのマッサージにより、
落としやすくすることができるのです。

今回は、そんなセルライトを落とすためにお風呂でできるセルフケアをお教えします。

セルライトとは?ただの脂肪とどう違うのか

2015-08-14b-2

セルライトとは、脂肪細胞に老廃物、水分などが結合し、大きな細胞になってしまったものです。
食べ過ぎなどに加え、運動不足や冷え症が原因で血行が悪くなると、
セルライトができやすい体質になってしまいます。

このセルライトは全身にある脂肪細胞に比べて、血中に脂肪が遊離しにくくつまり落としにくいのが困りもの。
また、このセルライト自体が血管やリンパ管を圧迫してしまい、
さらに血行を悪くするためセルライトがさらに溜まりやすくなってしまいます。

また、セルライトが溜まっている部分はぼこぼこと盛り上がっているのが目立ち
ただのやわらかい脂肪がついている部分よりも、とても見苦しいものです。
ですから、美容意識の高い人は、どうにかしてこのセルライトを除去しようと日々工夫を重ねているのです。

セルライトを除去するためには

この、一度ついてしまったセルライトを除去するのは、簡単なことではありません。
運動で使われにくい脂肪として蓄えられている状態のため
食事制限や運動をしてもなかなか落ちにくいのが最大の難点です。

では、どうすれば除去できるのかというと、
まずはセルライトをマッサージなどでやわらかくすること。
そして、リンパの流れを良くして、老廃物が溜まりにくくし、
通常のダイエットと同じく身体を温めたり、筋力を付けるなどして代謝を良くする必要があります。

この一連の流れを行ってくれる、セルライト除去専門のエステサロンも増えてきましたが、
それではお金の方が持たない、という人もいるのではないでしょうか。
そんな人にも実行できるお風呂で行うセルライト除去マッサージの方法を次項でご説明します。

こちらの記事でもセルライトの解消法について詳しく説明しています。

お風呂でできる!セルライト除去法

お風呂でセルライト除去を行うには、
まずは5分ほど湯船でじっくりと身体を温めてから行う必要があります。
身体を温めると脂肪はやわらかくなりますし
血行が良くなって老廃物が流れやすくなるためです。

入浴剤を入れるとマッサージを終えた後
いい香りでリラックス効果も得られますよ。

身体が温まったら、マッサージを開始しましょう。
一連の動作は、全て湯船の中で行います。
マッサージの方法は部位別に異なるのでそれぞれに分けてご説明します。

まず、セルライトが気になる部位1位の太ももから足首にかけてです。
まずは足全体にかけ、温まって柔らかくなった脂肪をさらに揉みほぐします。
そして、足の末端から順に強くつまんで身体の中心に向かって引き上げる動きをします。
これを、足首からふくらはぎ、膝、太もも、足の付け根の順番に行います。

お腹の場合は、おへそを中心として、グルグルと縁を描くようにマッサージをします。
力は強めに、こぶしでこすり上げるように刺激を与えるくらいが良いです。
また、脇腹の脂肪もつかんでは揉む作業も取り入れながら行います。

これらのマッサージでリンパの流れに老廃物が乗り排出されやすくなります。
また同時に、血行が良くなった上に揉みほぐされた脂肪が乗りやすくなるので
エネルギーとして燃焼しやすい状態になるのです。

今まで長年身体に居座ったセルライトですからすぐには無くなりませんが、
地道に行えば必ず効果が出ます。
一日5分でも良いので、実行してみて下さい。

まとめ

2015-08-14c-2

お風呂でできるセルライト除去マッサージについて、ご説明しました。
とても単純な作業ではありますが力がいることですし、
入浴中は体力を使いますので毎日続けるのは大変かもしれません。

でも、必ず効果は出ますから諦めずに続けるようにしましょう。

また、注意したいのは、このマッサージだけで確実に痩せられるというものではないということ。
あくまでセルライトを脂肪として使いやすくするためのマッサージですから
運動や食事制限は欠かせません。

そうしなければせっかく老廃物を流して脂肪を使われやすい状態にしたのに
また別な老廃物と結合して再度身体に蓄えられてしまうのです。

そうならないためにも、このマッサージと通常のダイエットを併用して
効率よくセルライトを身体からなくしたいものですね。