太ももにボコボコとした脂肪のようなものを感じた事があるでしょうか?
摘まむと浮き上がるように出てきたり
マッサージして流してあげると小さくなったりするアレです。

あのボコボコの正体はセルライトです。
セルライトとはどんなものかというと簡単に言ってしまえば
固まってしまった脂肪細胞に老廃物などが付着して大きくボコボコになったものです。

さて、そのセルライトですが、放っておくとどうなるでしょう?
綺麗サッパリなくなるでしょうか?そんなはずはありません。

この女性にとって嫌な物質セルライトの成分や対処法、
そしてピルとの関係をゆっくりと説明していきましょう。

セルライトが出来る過程

2015-09-24b-2

まず若くて運動をしっかりとしている若い女の子に
セルライトなんてほとんど見かけません。

まず一つ、セルライトが出来る過程にはホルモンバランスの変動や
自律神経などの乱れや冷え、加齢による新陳代謝の低下で血行不良が生じて
血管内に老廃物がたまりはじめるの溜まり始めるのです。

そして脂肪細胞の代謝が乱れて肥大化し始め、
脂肪細胞内に脂肪を蓄積するようになって次第に2倍、3倍へと大きくなっていきます。

その大きくなった脂肪細胞は血管を圧迫し血流がさらに悪くなります。
その後、大きくなり始めた脂肪細胞達がくっつきあって
大きな脂肪細胞の塊となり、そこに老廃物もさらに加わって皮膚表面にボコボコと現れてくるのです。

セルライトの出来る原因とは?

では、セルライトの出来る原因にはどんなものがあるのでしょう?
まず一つ言えるのは運動不足によるものです。

例えば普段から身体を動かすことなく、
仕事もデスクワークだとするとどうなるでしょう?

血液循環が悪くなり、身体の筋肉を使わずに細胞に十分な栄養が行き届かず、
段々と代謝機能が低下してリンパの流れなども悪くなっていきます。

こうして身体を動かさずにこんな身体の状態が長く続くと
脂肪細胞の状態も変化し、先に述べた過程のように
セルライトが少しずつ生まれていく原因となるのです。

次にあげる原因は不規則な生活リズムや寝不足です。
不規則な生活リズムや寝不足はストレスを引き起こし、自律神経の働きを乱します。

そして次は女性の方は特に多いのですが、
ムクミと冷え性を持っている方はセルライトが出来やすい傾向にあります。

もともとムクミや冷え性があるという事は末梢の循環が悪く、
脂肪燃焼にも悪影響を与えます。

その為、セルライトが出来やすく、しかも増大悪化する可能性があるのです。
その他、立ったままの姿勢や脚を組み続ける姿勢も
下半身の血行不良を起こしセルライトが出来やすくなるのです。

また喫煙や食生活においてもセルライトは関係してきます。
例えばタバコを吸われる方はニコチンが血管を収縮させ血液循環を悪くします。

また肉食中心の方は血中のコレステロールを増加させて
血行を悪くセルライトの原因になります。

他にも避けられない原因として加齢があります。
加齢による代謝の低下は、筋力を衰えさせたりシワやタルミを作ります。

さらに血管やリンパの流れが劣化したり、
圧迫されたりしてセルライトが出来やすくなるのです。

これだけ見ても少し油断をするとセルライトを生み出す原因は山ほどありますが、
ホルモンバランスの関係で今、問題視されているのはピルの服用によるセルライトです。

セルライトについてはこちらの記事もご参考に!

セルライトの原因はピルの服用?

さて、若い女性の間ではピルを服用している方が多いと聞きます。
もちろん、一番の用途としては避妊でしょうが、
ホルモンバランスのトラブルを抱えて治療の一環としてピルを使用していると言う人も少なくありません。

では、そもそもピルの働きってどんなものなのでしょうか?
ピルは女性の卵巣で作られる黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つが主成分です。

これら女性ホルモンの作用を利用して妊娠を防止するというものです。
女性ホルモンは脳からの指令を受けて一定のリズムで卵巣から分泌されていきます。

しかし、そこにピルを服用して体外からホルモンを取り入れてしまうと
ホルモンバランスが崩れて脳が反応し、
すでに必要なホルモンが分泌されているものと勘違いして
卵巣にホルモンの分泌指令を出さなくなります。
そうなると卵巣は仮眠状態に陥ります。

その為に排卵が起こらなくなり妊娠しなくなるというわけです。
こうした避妊としての効果はありますが、
一つ見方を変えるとセルライトを生み出す原因が隠れているのです。

それはピルにはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが使われています。

実はこれが下半身への脂肪蓄積に関与しているという事なのです。
エストロゲンは太ももやお尻などに脂肪をドンドンと蓄積させます。

そしてプロゲステロンは水分の停滞や貯留を促し、ムクミの原因を作ります。
そういった循環不良がセルライトを発生させていくのです。

セルライトを消す為には?

2015-09-24c-2

ピルの服用は脂肪蓄積や水分停滞を起こし、
セルライトも出来やすい事がわかりました。

しかし、そのまま放っておいても
セルライトが自然に消えていくわけではありません。

効率よく自分で出来る対処法としては、まずは循環をよくする事。
太もものセルライトも手が届く範囲ならば
自分でクリームやオイルを使ってマッサージで絞りとればいいのです。

痛すぎない程度にマッサージで搾り取るようにすれば、
血液やリンパの流れが良くなりセルライトも
血管などへと押し流されて少しずつ小さくなっていきます。

セルライト自身もいきなり出来たわけではないので、
こうした地道な対処法をしていけば、自然とセルライトも消えていくでしょう。