えごま油がテレビで取り上げられてから、
スーパーでも良く見かけるようになりました。

えごま油はアンチエイジングやダイエットにも効果があります。
また、腎臓への良い影響もあるようです。

万能油のように言われているえごま油の本当の効用は、どのようなものなのでしょうか。

えごま油ってどんなもの

cfad01b63ab15a05fd57eb5350ad20ce

えごまは名前こそゴマといわれていますが
シソ科の植物で、その種子から取れる油がえごま油です。

別名シソ油と呼ばれていて、中国やインド、日本で栽培されています。
えごま油にはオメガ6呼ばれる「リノール酸」と
オメガ3と呼ばれる「αリノレン酸」が含まれています。

リノール酸は悪玉コレステロールを低くする働きがあるとされていましたが、
同時に善玉コレステロールも低くしてしまうことが分かり、
現在ではコレステロールのために使うことを推奨していません。

しかし、体内でオメガ6が不足してしまうと、
肝臓や腎臓にトラブルを生じてしまうのです。

オメガ3は体内の悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを高めてくれます。

オメガ3とオメガ6の理想的な取り方は2対1の割合といわれています。

えごま油の効果

体内のコレステロール値に作用するので、
えごま油の効果は血液サラサラ効果と言えます。

青魚に含まれるこの良質なαリノレン酸が、
えごま油にも豊富に含まれているのです。

コレステロールのコントロールのためには、
青魚を摂るように言われるのはこういう訳なのです。

えごま油本体にはこの青魚に含まれるDHAやEPAは含まれていませんが、
えごま油にあるαリノレン酸が体内でDHAやEPAに変換されます。

αリノレン酸であるオメガ3脂肪酸が腎臓に流れてくる血液量を増やすため、
腎臓からくる高血圧の症状を抑えることができます。

油自体が身体に悪いのではなく、
どのような油を摂るかによって体に様々な影響があるのです。

腎臓に負担をかけずに高血圧を抑制してくれる油が、αリノレン酸です。
えごま油にだけ含まれているものではありませんが、
えごま油にはこれが豊富に含まれているため摂りやすいといえるでしょう。

えごま油についてはこちらの記事もご参考に!

えごま油の摂り方

えごま油のαリノレン酸は熱に弱く、
加熱するとその成分が壊れてしまう可能性があります。

えごま油を摂る時には、
なるべく熱を加えないようにしてそのまま摂る方が良いでしょう。

αリノレン酸の一日の摂取量は2グラムですから、
えごま油を摂る時は小さじ1杯で足ります。

ドレッシングにしてそのまま食べるのも良いですが、
卵かけごはんに小さじ一杯を振りかける食べ方が良いとされています。

卵のたんぱく質が神経細胞をつなげてくれるので、
認知症にも役に立つという訳です。

認知症は関係ない、腎臓のためにも毎日しっかりとりたいという方は、
お味噌汁に入れてみても良いでしょう。

お椀に入れられたみそ汁の中に小さじ一杯入れるだけで、
必要なえごま油を摂ることができます。

みそ汁くらいの温度でしたら、
えごま油の中にあるαリノレン酸の成分は壊されません。

えごま油は保存に気を使ってください。
酸化して劣化してしまうと、
せっかくの良質な油であるえごま油が有害なものになってしまいます。

空気に触れたり、光に当たってしまうことで劣化してしまうので、
保存する場合は冷蔵庫で保存し、消費期限に気をつけるようにしましょう。

小分けにされたものなら空気に触れにくく酸化しにくいので、
購入する際は劣化しにくいものを選ぶようにしましょう。

えごま油で健康になる

2015-08-28c-2

えごま油はゴマではなくシソ科の植物の種子から取れる油です。
別名をシソ油といい、古くから存在しています。

このえごま油に含まれているαリノレン酸が、
腎臓からくる高血圧にも良い影響を与えてくれます。

αリノレン酸はコレステロールのコントロールにも良く、
血液をサラサラにしてくれます。

αリノレン酸は熱に弱いため、
できればドレッシングなど生で食べるのが良いでしょう。

えごま油は劣化しやすい油でもありますので、
保存は冷蔵庫を使うなどし、賞味期限に注意して下さい。

劣化してしまったえごま油は、あまり良い影響を身体に与えません。
なるべく早めに使いきるようにしましょう。