生理前はお肌の調子が悪くて……なんて悩みを抱える女性は少なくありません。
このお肌の調子は、女性ホルモンのバランスによって変化しやすいのです。

これは、健常なお肌だけではなく、アトピー性皮膚炎にも当てはまること。
今回は、女性ホルモン、特にエストロゲンとアトピー性皮膚炎の関係についてご説明します。

生理周期と女性ホルモンのおさらい

2015-09-14b-1

まず、生理周期における女性ホルモンのバランスについて、おさらいしましょう。

月経が始まっている女性にとって、『エストロゲン』というホルモンと、
『プロゲステロン』というホルモンがその生理周期などに大きく関わってきます。

まず、『エストロゲン』の方ですが、これは卵巣から分泌されるホルモンで、
子宮内膜を厚くし、より妊娠しやすい身体作りを促すものです。

生理周期の中では排卵日の直前に分泌のピークを迎え、
排卵を境に分泌量が減少していきます。

そして、『プロゲステロン』は、エストロゲンによって厚みを増した子宮内膜を
より柔らかくしたり、妊娠した場合、それを維持しやすいように働きかける作用があります。

排卵後から徐々に分泌量を増し、妊娠が成立しなかった場合は、
次の生理予定日めがけて減少していきます。

このように、女性の大事な仕事である「妊娠」を軸にして、
2つの女性ホルモンがバランス良く分泌されることで、
生理が来たり、排卵したりなどの生理周期を作っているのです。

2つの女性ホルモンとお肌の関係

それでは、この2つのホルモンは、お肌にどのような影響を与えるのでしょうか。

まず、エストロゲンは、女性らしい身体を作るため、
体内でコラーゲンが合成されるのを促すために、
このエストロゲンが優位になると、美肌に近づくのです。

生理後から排卵までの間が、生理周期の中で
一番美肌なのは、こういった理由からです。

また、プロゲステロンが多く分泌されると、
妊娠に向けて水分を溜め込むためにむくみを引き起こしたり、
皮脂の分泌を促すせいでニキビができやすくなったりします。

ホルモンの影響を受けやすい人は、気分が優れなくなったり、頭痛、腹痛を起こしたりします。
これが、いわゆる「PMS(月経前症候群)」です。

このように、エストロゲンが多く分泌されている時はお肌がきれいに保たれ、
プロゲステロンが多く分泌されている時には、お肌は荒れ気味になるのです。

アトピー性皮膚炎とエストロゲン

アトピー性皮膚炎は、一般の肌荒れとはメカニズムが違いますが、
結果的にお肌にダメージが加わるという部分は同じようなものです。

ですから、エストロゲンが多く分泌されていれば、お肌が潤って丈夫になり、
プロゲステロンが多く分泌されていれば、
皮脂が出やすくなってアトピー症状を悪化させることもあるのです。

このホルモンとお肌の関係は、元々の体質にもよりますが、
排卵前にアトピーの調子が良くなる人は、エストロゲンの影響を受けやすい可能性があります。

もしも自分がそんな体質だと思ったら、
エストロゲンの分泌を活性化させる食品を積極的に摂るようにすると良いでしょう。

エストロゲンの分泌を促進させる栄養素としては、
大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボン、キャベツやブロッコリー、
海藻類などに多いボロンというミネラルがあります。

大豆イソフラボンは、かなり前から
女性らしさをサポートする栄養成分として、サプリとしてもおなじみですが、
ボロンの方は、聞いたことがないという人もいるかもしれません。

このボロンは、エストロゲンの分泌を促すほか、
骨粗しょう症の予防などに効果があります。

このように、エストロゲンの分泌をサポートする食品を食べることでも、
アトピー性皮膚炎の症状を軽減することが可能なのです。

アトピーについてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

2015-09-14c-1

女性ホルモンの作用と生理周期、そしてアトピー性皮膚炎への影響などをご説明しました。

このように、生理周期のお肌のリズムは、健康なお肌だけではなく、
アトピー性皮膚炎にも大きな影響を及ぼす可能性があるのです。

もちろん、ホルモンの影響を受けにくい体質の人もいて、
そんな体質ならいくらエストロゲンの分泌を促したとしても
アトピーへの影響は無いかもしれません。

ですが、自分が生理周期で体調や
お肌の調子が変わりやすいという自覚がある人なら、
きっとエストロゲンによるアトピー改善の効果が出やすい体質ということですから、
大豆製品や海藻類を摂るなど、一度食生活などに気を付けてみて、
エストロゲンの分泌を意識してみてはいかがでしょうか。