女性の体は大変デリケートなもの。
毎月ある生理でも生理不順や月経前症候群など
エストロゲンプロゲステロンなどの女性ホルモンに影響されてしまいます。
こうした症状に悩まされないように、女性ホルモンの分泌を整えるための食べ物をご紹介します。

エストロゲンの役割

2015-08-08b-2
エストロゲンは別名卵胞ホルモンと呼ばれ、生理の周期と深いかかわりを持っています。
主に生理の終わりから排卵日までに多く分泌され、
月経が止まることでエストロゲンの分泌も終了してしまいます。

エストロゲンはツヤやハリのある肌を作り、
女性らしい体のラインを作り上げるためにも必要なホルモンです。
精神面においても気分を明るくし、優しく一途な性質を作り上げてくれます。
エストロゲンが不足しますと血行が悪くなり、悪玉コレステロールが増えていきます。

エストロゲンは角質層の水分を保ち、お肌に潤いを与えてくれるのです。
女性らしい体型やハリのある美肌を作りたいのであれば、
エストロゲンやプロゲステロンは欠かせない要素ということができます。

この欠かせない女性ホルモンを分泌だけでなく食べ物でも補うことが、
女性らしさをより引き立てるためには大切になるのです。

プロゲステロンの役割

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、妊娠したい女性に欠かすことのできないホルモンです。
プロゲステロンは排卵から2週間くらい分泌量が増え、
受精卵が着床しやすいように子宮の内膜をやわらかくする働きがあります。

体温を上昇させ、子宮周辺の血流量を増やして子宮内膜に妊娠に充分な栄養を与えてくれます。
エストロゲンとプロゲステロンは卵巣から分泌されます。
妊娠を維持するためにもプロゲステロンは大切なホルモンといえます。

しかし、ストレスなどにより卵巣機能が低下してしまうと、
プロゲステロンの分泌にも影響が出てしまいます。
安定的な分泌のためにも無理なダイエットや過度のストレスをためないように、
食べ物をしっかりと食べてプロゲステロンの分泌を助けてあげましょう。

こちらの記事でもエストロゲンとプロゲステロンについて詳しく説明しています。

食べ物から摂るエストロゲンとプロゲステロン

エストロゲンプロゲステロンコレステロールを含んだ食べ物からできています。
といっても食べたもの全部がこのホルモンになるわけでもないので、
食べ過ぎては健康にも良くありません。

しかし、無脂肪・コレステロールゼロのものばかり食べてしまっていては、
ホルモンの分泌に影響が出てしまうでしょう。
卵巣の働きを良くしたいのであれば、ビタミンやミネラルをバランスよく食べることです。

特にお魚、豆類などのたんぱく質や、海藻、野菜に含まれるミネラル類が卵巣の働きを良くしてくれます。
他にもゴマやプルーンなど黒い食材が良い影響を与えてくれるようです。

ビタミンEはホルモンの分泌をコントロールする補助をしてくれますので、
アボカドやアーモンドなども良いでしょう。

加工食品やインスタント食品では栄養のバランスが偏ってしまいますので、
なるべく食べないことが望ましいといえます。
女性はホルモンを合成する際にビタミンやミネラルを使ってしまいますので、
ビタミンやミネラルは必須な食べ物といえます。

女性らしい美しさのために

2015-08-08c-2
エストロゲンやプロゲステロンは女性を女性らしくするためだけでなく、
妊娠するのにも必要なホルモンといえます。

卵巣から分泌されるこのホルモンで、女性は肌のハリやツヤ、
緩やかなシルエットなどを手に入れることができるのです。

しかし、これらのホルモンはちょっとしたことで分泌量が減ってしまう、不安定なホルモンです。
無理なダイエットで食事を抜いたり、ストレスをためすぎたりすると分泌量が減ってしまいます。
そうならないためにも食べるものはしっかりと食べ、ストレスをためない生活をしましょう。

また、安定的に分泌するためにも、食べ物で必要なものを補うことも可能です。
魚や肉、豆類などのたんぱく質や、海藻、野菜などのミネラルも充分にとる必要があります。