鼻うがい鼻炎、花粉症、歯痛、顔面痛、肩こり、めまい、鬱病、高血圧腎炎、
喘息、アトピー、自律神経失調症、便秘、下痢と様々な疾患効果があります。

鼻とどう関係があるの?と思ったので調べてみたので、鼻うがいの効果をご紹介します!

何故鼻でうがいをするのか?

口があるのに何故にわざわざ鼻でうがいを?と感じませんか?
人には目、耳、鼻、口、肛門、尿道9つの穴があるのですが、
唯一鼻だけが常に外の空気を取り入れています。

つまり、鼻の奥や喉の奥に炎症が起きると、充血し粘膜への浸透性が高くなります。

喉の奥や鼻の奥というのは上咽頭で、通常のうがいでは中咽頭しか洗浄できません。
この上咽頭は免疫システムと深い繋がりがあり、ここが不調になると腎臓への悪影響、
の不調、アトピー、花粉症、自律神経失調症に繋がってしまいます。

血液は全身を巡ります。
炎症を起こすと、炎症は1か所に留まる事無く他の粘膜にも影響を与えてしまいます。
つまり、喉の粘膜で発生した炎症が腸粘膜などにも飛び火してしまうのです。

リウマチ潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、花粉症など一部の自己免疫疾患
上咽頭が原因になっているケースが多いので、
薬を飲んでも状況が変わらない人は鼻うがいを試してみる価値はありそうです。

そして、ニキビも鼻うがいで改善する事が出来ます。
ニキビってホルモンバランスでしょ?と思いがちですが、
自律神経のバランスが崩れたり腸の活動が弱まる事でもニキビの発生に繋がってしまいます。

鼻うがいのやり方

鼻うがいには専用の容器を使用したり、
介護用の水差ポットやスポイド、洗面器で代用する事が出来ます。

ミネラルウォーター浄水された水を使用するのですが、
浄水されていない水道水は残留塩素微生物が含まれていて、
粘膜を傷つけてしまう可能性があるので注意してください。

そして、材料ですが、お水(精製水でもOK)500ml、食塩4.5gこれだけです!
アーユルベーダの考えだと、鼻炎などの症状がある時は
ショウガを混ぜると良いそうですが毎回搾り汁を用意するのは大変なので、粉末を利用すると便利だそうです。

では、水差ポットやスポイドなんて使わない!洗面器で出来ちゃう鼻うがいです。

実は私が中学生の頃、アトピーが酷くて母から
鼻うがいが効果があるからとさせられた鼻うがいがこの洗面器を使った方法です。

片方の鼻を塞ぐなんて知らなかったので、
両方の鼻から水を吸い込んだ直後にむせるし激痛だしで数日で断念しました。
是非、正しいやり方で鼻うがいをしてくださいね。

次に、製薬会社が販売している専用の容器で行うやり方です。

これだと、子どもでも使えるのでコスパを無視すれば有効ですね。

インドの鼻うがい「ネーティ」と同じ形状の専用の容器でのやり方です。

小さい子どもが一人で挑戦してる動画もあり、もしかして本当に痛くないのか?と思えますね。

本場インドでのやり方もご紹介します。

こちらの記事もご参考に!

鼻うがいの注意事項!

鼻うがいの洗浄液は鼻水と違ってサラサラなので、とても小さい穴から入り込んでしまいます。
そして、鼻を強くかんでしまうと小さな穴から耳に到達してしまい中耳炎になりやすくなります。

また、鼻水が喉に流れる「後鼻漏」の症状があると洗浄液が鼻腔に残りやすくなるので、
鼻うがいを避けるか耳鼻科で相談をしてみてください。

そして、間違ったやり方をしても中耳炎になるリスクが高くなってしまいます。

鼻うがいをした後に、鼻の奥に残っていた洗浄液が不意にたらーと流れ出てくる事があるので気を付けましょう!
寝る前に鼻うがいをしたら、枕にタオルを巻いてから寝ると寝具を濡らさずに済みます。

やり方でも触れましたが、くれぐれも水道水を使用する事は避けましょう。
ぬるま湯で食塩を混ぜたら、しっかりと上を向かず「あー」と声を出しながら行ってください。
洗浄液が喉に落ちてきたら口から出しますが、飲んでしまっても大丈夫ですよ(全部はダメですが)。

何よりも塩分濃度には注意してください!塩分が濃いとやはり痛みを感じます!!
いちいち正確に測るのが面倒な人は、ドラッグストアで洗浄液を買うか
耳鼻科で洗浄液を処方してもらうという方法もありますよ。
https://twitter.com/aaurculbd/status/823189977206951939

まとめ

たかが鼻、されど鼻ですよね。
風邪を引いた時などによくうがいをしますが、これってあまり意味がないそうですね。
上咽頭洗浄しないと意味がないけれど、普通のうがいはしないよりマシ程度なんだそうです。

人の身体って本当に不思議だなと感じました。
鼻は1分間で8リットルの空気を呼吸していると知り、
そりゃ色んな物が鼻の粘膜にくっついても仕方ないか!と思いました。

私自身扁桃腺が腫れやすいので、頻繁に耳鼻科のお世話になりますが
「ネブライザー」でも上咽頭の炎症を抑える事が出来るのですが、
タダではないので、やはり自宅で簡単に出来る鼻うがいに興味を持ち始めています。

鼻うがいで色々な不調が良くなるのなら、薬を毎日飲んだり塗ったりする回数も減りそうですね!