お肌の大敵。そのひとつが「日焼け」。
放っておくとシミができたりと取り返しのつかないことになりかねません。

今回は、日に焼けてしまった時のケアについてお話します。
日焼けの回復にはどんな栄養を取れば良いのか、そんな風に摂取すれば良いのか…

日焼けのケアに関する疑問を解決していきましょう!

どうして焼けちゃうの・・・?気になる日焼けの「仕組み」

2016-03-29b

日焼けは、医学用語では「日光皮膚炎」と言います。
これ、実は太陽光によるやけどのこと。
太陽光の中の紫外線によって、皮膚が刺激を受けておこるものが日焼けなんです。

日焼けをしている人を見ると「健康的だなぁ」と思うものですが、やけどだったんですね…!

日焼けには、肌が真っ赤になってヒリヒリと痛む「サンバーン」と、
肌が黒くなってしまう「サンタン」の2種類があります。

問題は「サンタン」を引き起こすUVA。
これは雲や窓ガラスも通り抜けるので、曇りの日でも影響が出てきます。
UVAが肌の表皮の下層にある「メラノサイト」に届くと、
メラノサイトが働き、チロシナーゼという活性酵素をつくります。
それがチロシンと結合し、肌を黒くするメラニン色素を作り出すのです。

あぁ焼けちゃった…日焼けの回復に必要な栄養1

うっかり日焼け止めを塗り忘れたりした結果焼けてしまった…

日焼けによるダメージを回復させたい!
日焼けしてしまった肌を少しでも白く戻したい!
シミは嫌!そもそも内側からケアしたい!
そんな時に役立つ栄養素を紹介していきますね。

・紫外線対策にもってこいの「ビタミンC」
皆さんのイメージが湧きやすいのはビタミンCでしょう。
ビタミンCの効果は、肌のダメージを修復し、シミを予防する。
メラニン色素の過剰な増加を抑制し、肌が黒くなるのを抑える。
などの効果が得られます。
https://twitter.com/2eripan7/status/696524626688540672
美肌を目指す女子の必須栄養素です。

・ビタミンEも強い味方!
強い抗酸化作用があるビタミンEは、
実は若返りのビタミンと言われるほどなんです。
その効果は、肌の新陳代謝を高める。
肌細胞を再生させ、ダメージを受けた肌を修復する。

あぁ焼けちゃった…日焼けの回復に必要な栄養2

・実はリコピンも効果があった・・・!
トマトに多く含まれていることで有名なリコピンは、
日光に対する耐性を上げることができるんです。
リコピンにはこんな効果があります。
抗酸化作用が、ビタミンEのなんと約1000倍!
メラニンを生成する「チロシナーゼ」の働きを抑え、日焼け後のケアにも効果を発揮します。


濃厚なトマトジュース・・・日焼け後にグビッといきましょう!(笑)

・ビタミンA
ビタミンAの日焼け回復効果としては、
抗酸化作用によって活性酸素を抑え、肌の老化を予防。
皮膚の他に、目の粘膜や髪の日焼けにも効果的。


女性のみなさん、生理中はビタミンAの摂取を心がけましょうね。

また、過剰な日焼け対策は、
ビタミンD生成を抑制してしまう恐れがあります。
ビタミンDが生成されないと病気になるリスクが高くなるので気を付けましょうね。

日焼け後のケア方法についてはこちらの記事もご参考に!

日焼けのケアに必要な栄養。

どう摂取する・・・??

日焼け回復に必要な栄養素を知ったところで、
どうやって取り入れたら良いのでしょうか。

まず、ビタミンC。
ビタミンCは必要な量以外は排泄される仕組みを持っているので、毎日こまめに取りましょう。

1日の摂取目安はなんと1,000mg以上!

食べ物で摂取するのは難しいので、サプリメントを活用すると良いでしょう。

専門家によるおすすめサプリの紹介をしています!

食べ物については、レモン、オレンジなどの柑橘果系、
キャベツ、パプリカ、じゃがいもなどの野菜が良いでしょう。

ビタミンEは、大豆・ゴマ・ナッツ・アボカド・オリーブなどを多く摂取してください。
さらに、ビタミンCとEを一緒に取ると効果が高まると言われています。

リコピンは、代表的なトマトがありますが、
過熱することでリコピンが増加します。
ケチャップやトマトジュースなどの加工品の方が、含有量が豊富なんです。

また、牛乳と摂取することで効果的に体内に吸収できるので、パスタやリゾットがおすすめです。

まとめ

2016-03-29c

いかがでしたか?
程よい日焼けは健康的に見えて良い印象がありますが、
焼けすぎてしまうと色が戻らなかったり炎症を起こしてしまうので危険な面もあるんですよ。

もし日焼けをしてしまってもきちんと栄養を摂って回復させておきたいですよね。

日焼けに効果がある栄養素と言えば
「ビタミンC」を挙げる人が多いかと思いますが、
実はその他のビタミンも効果的なものがあることがわかりました。

普段何気なく口にしているものの中にも日焼け回復効果があるものがあり、
これからは意識的に食べることが出来そうですね。

日焼けの回復にはスキンケアももちろん大切ですが、
栄養を摂取するということも、
身体の内側からケアするという意味も含め非常に大切なことなんですよ。