毛穴がボツボツと黒ずんで目立つ、いちご鼻
清潔感があるとはとてもいえないもので、悩んでいる方も多いようです。

いちご鼻とは、不要な角質や皮脂が毛穴に詰まり、それが酸化して黒ずんでいる状態。
間違ったケアをすると、毛穴はもっと広がり、広がった毛穴に角質が詰まって角栓となり、いちご鼻は悪化します。

ここでは、いちご鼻の原因や正しいケア方法について、ご説明したいと思います。

いちご鼻はいじらない方が綺麗?

毛穴の悩みにはいくつかの種類がありますが、いちご鼻は間違ったケアをすると、悪化します。

例えば…

  • 貼って剥がすタイプのパックをする
  • 無理やり角栓を押し出す(もしくは専用の棒を用いて押し出す)
  • 綿棒で擦り取る

これらは一見毛穴が綺麗になったかのように見えることもありますが、
皮膚の表面が過剰に剥がされたり、乾燥してバリア機能が失われたり、毛穴が余計に開く原因となります。
その結果、身体は肌を守ろうとし、角質が分厚くなったり、開いた毛穴にはさらに汚れが詰まったりすることになります。

バリア機能(内外からの刺激から肌を守る、皮膚表面の役割)

いちご鼻が悪化する原因は?

上述したように、間違ったケアは、かえっていちご鼻が悪化する原因となります。

  • まず、角栓が詰まるのは
  • 過剰な皮脂分泌・オイリー肌(油性肌)
  • 油分の多いものに偏った食事
  • 不十分なクレンジングや洗顔
  • 乾燥
  • 加齢による毛穴の開き
  • 不規則な生活(睡眠不足や飲酒喫煙、ストレス)

などが原因です。
角栓とは…

  1. 過剰に分泌した皮脂
  2. はがれ落ちない古い角質
  3. 汚れや落とし残ったメイク

これらが混ざってできます。
その為、もともと油分が出やすい肌や状態だったり、汚れを落とし損ねていると、角栓ができます。

逆に、乾燥もいちご鼻の原因となります。

また、加齢により肌の張りや弾力が失われ、毛穴がゆるんで開いた状態になると、
そこに汚れが入り込みやすくなります。

そして、不規則な生活は、肌の正常なターンオーバーを乱す原因となります。
ターンオーバーが正常な状態だと、要らなくなった古い角質ははがれ落ち、
内側から新しい綺麗な皮膚が作られるサイクルが自然に繰り返されます。

この他に、マスクをすることも原因となる可能性があると考えられているようです。
これは、マスクを着用することにより、鼻の周りの皮膚が常に摩擦されると、
角質が硬く厚くなり、それが毛穴に詰まることによると考えられます。

ただ、根本的な原因は、上述したような、他にあることが多いと思います。
まずは規則正しい生活と、クレンジング洗顔保湿を行うことが大切です。

では、何をすれば治るのか?

まず、大切なのはやり過ぎないこと。
そして、保湿です。
その上で、おすすめの毛穴ケアをご紹介します。

クレイマスク

カオリンガスールなどに代表される良質なクレイ(泥)は、
粒子がとても細かく、角栓や汚れを吸着し、落としてくれます。

スクラブのように肌を擦ったり掻き出すものよりも、肌に優しいクレイがおすすめです。
お風呂に入っているときや、蒸しタオルなどで、毛穴を開いた状態で行うと効果的です。

ピーリング

ピーリングとは、薬剤の力で肌の表面をほんの少しだけ剥がすことです。
正しいピーリングは、肌のターンオーバーを正常に戻し、肌の生まれ変わり、代謝を促進してくれます。

ただし、やり過ぎは厳禁です。

ピーリング石鹸は、正しい使い方ができればまずまずです。
ピーリング美容液は割とおすすめできます。
正しい方法がよく分からない方は、美容皮膚科に行き、専門家に治療を受けましょう。

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用メラニンの生成防止過剰な皮脂の抑制
コラーゲンの合成など、様々な良い効果をもたらします。

ただし、ビタミンCは、壊れやすく、浸透しにくいのも特徴です。
食事で摂っても、身体中をまわり、肌に効くのはごくわずかだといえます。
病院で処方されるビタミンCを継続して摂ることは、おすすめです。

また、ビタミンC美容液にもいくつかの種類がありますが、毛穴ケアのためには、
美白を狙ったものではなく、コラーゲンの合成促進、アンチエイジングを狙ったものがおすすめ。

ただし、壊れやすいビタミンCを安定させる為に、
刺激の出やすい溶剤を使用している場合もありますので、
自分に合うかどうか、まずは試供品などで試してみましょう。

ニベアを使った治し方

ニベアでいちご鼻を治そうとしている方もいるようです。
その方法を調べました。

  1. 鼻にニベアを厚く(皮膚が隠れる位)塗る
  2. 塗った部分をラップで覆う
  3. お風呂に入って身体を温め、汗をかく
  4. 洗顔料で洗い流す

簡単ですが、この場合、どのような仕組みでニベアが効いているのかは疑問です。
そもそも、お風呂や蒸しタオルで自然に毛穴を開いた状態で洗顔をするだけでも効果はあります。


ニベアパックが毛穴に効いたというつぶやきが見られます。


毛穴が開きすぎるというつぶやきもあります。

こちらは、顔全体にニベアをたっぷり(さくらんぼ大)塗り、20分間置き、洗い流すという方法です。

「肌が白くなる」のは、肌がしっかりと潤うことによりキメが整い、
透明感が上がるためだと思われます。

手頃な保湿パックとして、参考になりますね。
毛穴に効果があるとは言っていませんが、しっかりと保湿されることにより、
過剰な皮脂が出にくくなり、結果として毛穴が目立たなくなることは考えられます。

スチーマーの効果は?

スチーマーが毛穴に効果的という声もあるようです。
温かいスチームを顔に当てながらクレンジングをする→毛穴の奥までしっかりと汚れを落とせる。
微粒子のスチームで水分補給する→保湿効果があり、過剰な皮脂が出にくくなる。

これらの仕組みで毛穴に効果があると思われます。
クレンジングはクリームタイプを使い、
保湿時に使用したあとは肌がふやけている状態なので、
乳液かクリームなどでしっかりと蓋をすると良いと思います。

初めてでも使いやすい、最低限の機能を備え、簡単に操作でき、コンパクトなスチーマーを2点ご紹介します。

フェイススチーマー

  • 使った1日目からお肌がしっとりしていい感じです。使い続けるのが楽しみです。][思いの他スチームのパワーが凄くて重宝してます。蓋を開けたら鏡っていうのもいいですね。
  • クレンジングに併用するとその後の洗顔での肌触りが違います。つるつるになり、鼻の黒ずみもすぐ消えました。

蓋が付いていると、衛生的に保管できるのが良いですね。

スチーマー ナノケア コンパクト

  • 週2回クレンジングミルクを使って、スチームを当てながらマッサージをしています。その後の化粧品が浸透しやすく、肌が整ってきています。
  • シンプルで小さく、簡単で持ち運びが出来て良い

美容機器では定番の、パナソニックのスチーマーです。
こちらは、その中でも最もコンパクトで操作が簡単なもの。

もちろん、アロマタブレットは無くても使用できます。

本気で治すなら医者に行くべき?

いちご鼻を治すために、すぐに病院に行く必要はありません。

もし、食事や生活習慣を見直し、クレンジング・洗顔・保湿をきちんと行い、
週に一度スペシャルケア(クレイマスク+普段より充分な保湿)をし、
それでも治らないのであれば、病院に行ってください。

また、不要なケアをする位ならば、病院に行き、専門家に治療してもらう方が良いでしょう。

皮膚科では、医師が肌の状態により、適切な薬を処方してくれます。

  • ヒルドイド(保湿、血行促進、抗炎症)
  • ディフェリン(角質生成を抑制することで毛穴の詰まりを防ぐ、副作用強め)

などの塗り薬や、

  • ビタミンB(ターンオーバー促進、過剰な皮脂抑制)
  • ビタミンC(抗酸化、コラーゲン合成、シミ予防)
  • ビタミンE(抗酸化、壊れやすいビタミンCを助ける)

などの飲み薬が一般的です。

また、美容皮膚科では、より詳しい原因や治療法を専門家が判断し、施術します。

  • 角栓除去(角栓を浮かせ、吸引する)
  • ピーリング(薬剤でほんの少し皮膚の表面を剥がし、ターンオーバーを正常にする)
  • イオン導入(弱い電磁波を使い、ビタミンC等を肌に浸透しやすくする)
  • レーザー治療(肌にレーザーで傷を付け、皮膚組織の構築を促す)

などの施術が一般的です。

この他にも、薬品を毛穴に注入し、皮膚を内側から再生させることで毛穴を引き締める方法や、
独自成分でのトリートメントなど、病院により異なる施術があります。

美容皮膚科での施術はダウンタイムを要するものもありますし、
保険適用外のものが多いので、よく検討してみて下さい。

いちご鼻専用のケアでしっかり対策!

ニベアやスチーマーなどでの対処法をお話してきましたが、
いずれも、毛穴ケア専用のアイテムではありませんよね。

そこで、Remery(リメリー)という鼻のトラブル対策用美容液についてお話していきます。

まず、グリチルリチン酸ジカリウムニームエキス(抗炎症作用)、
カモミラエキス(抗炎症、収れん作用、ターンオーバー促進。敏感肌にも使える)、
EPC(ビタミンCとビタミンEを構造内に持つ。皮脂分泌、アクネ菌増殖抑制)、
マルチEX BASAM配合(免疫調整)など、ニキビ予防対策に役立つ成分を多く配合しています。

そして、水溶性プラセンタエキスダイズエキス(保湿効果+ホルモンバランス調整)は、
肌を潤しながら、皮脂の分泌を正常にします。

総じて、鼻の周りに起こりやすいトラブルに役立つ成分を、広く配合しているようです。

合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール不使用の点は、
敏感肌の方や肌が荒れているときにも使用しやすく、安心ですね。

まとめ

いちご鼻は、通常1日や2日で出来るものではありません。
また、その原因は…

  • 過剰な皮脂分泌
  • オイリー肌(油性肌)
  • 油分の多いものに偏った食事
  • 不十分なクレンジングや洗顔
  • 乾燥
  • 加齢による毛穴の開き
  • 不規則な生活(睡眠不足や飲酒喫煙、ストレス)

など、様々です。

まずは、食事や生活習慣は規則正しいか、自分が間違ったケアをしていないかを見直して下さい。

有効なケアとしては、

  • クレイマスク
  • ピーリング
  • ビタミンC
  • スチーマーを使ったクレンジングや保湿
  • 美容皮膚科での施術・毛穴用美容液

などが挙げられます。

いちご鼻は正しいケアをすれば、きれいに治ります。
自分に合った方法で、”至近距離でも恥ずかしくない肌”を目指してみて下さい。