毎年冬に猛威を振るうのが「インフルエンザ」です。
インフルエンザは、強い感染力のためみるみる内に感染を広げていきます。

インフルエンザの代表的な症状が高熱ですが、
熱が高くなりすぎたり長く続いたりすると脳への障害も心配されるので、
あまりに高熱で苦しい場合には解熱剤が処方されます。

ですが、その解熱剤の種類で成人でも禁忌(タブー)とされているnsaidsがあります。
nsaidsとはいったいどういうものなのでしょうか?

nsaidsとは?

2016-03-07b

nsaidsとはいったい何なのでしょうか?

nsaidsは、炎症を抑える、痛みを抑える、解熱するなどの働きをもつ
非ステロイド性抗炎症薬の総称のことです。

風邪をひいた時に熱を下げる解熱剤によく使われるために、
実は私たちもよく使用している薬なのです。
解熱剤や鎮痛剤として使われることが多いPL顆粒やボルタレンなどもこのnsaidsに含まれます。

成人のインフルエンザでnsaidsが禁忌な理由

子供がインフルエンザに感染した時に、
nsaidsの解熱剤を使うとインフルエンザ脳症を起こす可能性があったり、
インフルエンザの症状を悪化させたりなどの可能性があるために、
子供のインフルエンザでのnsaidsの使用はタブーとされてきました。

ですが、これが成人の場合でも禁忌とされるようになったのです。
特に解熱剤として以前まで処方されることの多かったアスピリン、ジクロフェナク、
メフェナム酸は大人でもインフルエンザ脳症を低い確率ではありますが、
引き起こす可能性があることから大人のインフルエンザでも
アスピリンなどのnsaidsの解熱剤は処方されないようになったのです。

インフルエンザでOKな解熱剤は?

では、インフルエンザで使用してもよい解熱剤はどういったものになるのでしょうか?

安全性が一番高いとされているのが、アセトアミノフェンです。
アセトアミノフェンは解熱作用はありますが、
他の解熱剤に比べると解熱の仕方が緩やかということが特徴になります。

解熱が緩やかであればインフルエンザ脳症のリスクは低くなるので、
子供のインフルエンザの解熱にもアセトアミノフェンが使用されるほどなのです。

病院で処方されたものはもちろん安心して使用することができますが、
インフルエンザで緊急的に市販薬を試用しなければいけない場合には
アセトアミノフェンが使われるものを選ぶようにしてください。

代表的なものでいうと、ベンザブロックなどが安心して服用できそうですね。

こちらの記事でもインフルエンザ対策について詳しく説明しています。

nsaidsが引き起こすそのほかの副作用は?

インフルエンザの時に使用すると副作用が出る可能性が高いnsaidsですが
その他に使用すると副作用が出る場合はあるのでしょうか?

消火器への副作用

nsaidsを利用したことによって、腹痛や吐き気、
中には消化器潰瘍になることもあります。

喘息

副作用の可能性は低いですが、喘息の症状が出ることがあります。
アスピリン喘息などともいわれる症状がでて、
ぜーぜーとした息苦しさの症状が出てきます。

腎機能への障害

急性腎不全などの副作用の症状が稀に出ることがあります。
原因不明の発疹や、体のむくみなどは腎機能に
障害が出ている可能性があるので、そういった症状が出たら病院へ行くようにしましょう。

まとめ

2016-03-07c

nsaidsという非ステロイド性抗炎症薬は、
とても優秀な解熱剤のため風邪などの解熱剤としてよく使われています。

ただし、インフルエンザの時に使用する場合成人が使っても
インフルエンザ脳症など重大な病気を併発する可能性があるため、
市販薬でnsaidsのものは使わないようにしてください。

解熱剤は病院でもらうものが一番安全に使用することが出来るので、
熱で苦しい時は出来るだけ病院で解熱剤を処方してもらうようにしましょう。