腸内フローラっていう名前をご存知でしょうか?
名前だけ聞くと美味しそうなアイスのようでもあり、
綺麗な花のようでもあるこの名前、実は腸の中に存在する
腸内細菌の群生達の様子から名付けられたものです。

腸内細菌は腸内に住んでいる細胞達の事で
その数はなんと100種類以上でおよそ100兆個

ハッキリ言ってどれだけの数かパッとわかりにくい数字ですが、
それだけたくさんの菌が住んでいるという事です。

特に小腸の終わり辺りから大腸にかけては多種多様な腸内細菌達が渦巻き、
壁面にまとまって生息しています。

この様子がまるで花畑の様子から腸内フローラという名前の由来になりました。

腸内フローラの中に住む最近の種類は?

2015-09-01b-1

腸内に生息する細菌の種類は、
人間の性格も人それぞれ違うように人によって状態は全く違います。

腸内菌の種類としては大きく分類すると乳酸菌などのような善玉菌、
ウェルシュ菌などのような悪玉菌、
そして善玉にも悪玉にも属さない日和見菌に大別できます。

これらももちろん生活習慣や年齢、
そして日々のストレスなどによっても状態は大きく変わってきます。

ちなみに健康な人の腸内では
善玉菌が悪玉菌を抑え込む状態で腸内フローラがバランスを維持していますが
なんらかの原因により悪玉菌が増えてしまい、
悪玉菌の方が優勢になってしまうと腸内のバランスが崩れて
アンモニアやフェノール、インドールなどの健康有害物質が増えてきます。

腸内腐敗を引き起こすこれらの物質が臭いオナラの原因になったり、
酷い時にはこれらの有害物質が腸管から体内に吸収されて、
肝臓や心臓、腎臓などにも負担を与えて癌を引き起こしたり、
老化を促進したりなど様々な生活習慣の病気の原因となることもあります。

腸内フローラの特徴は?

腸内フローラの状態は人によって全く異なります。
それは人それぞれに個性があるように、腸内フローラにも個性があるからです。

ですが、腸内フローラの状態は
日々の生活習慣やストレスなどによって変化します。

健康な人であれば善玉菌の方が優勢で悪玉菌を抑え込んでくれますが
ひとたびストレスや生活習慣の乱れなどでバランスを崩すと
善玉菌と悪玉菌と日和見菌の比率が変動し、悪玉菌が優勢になることもあり、そうなると体調を崩します。

腸内スペースの中では常に善玉菌と悪玉菌が激しい生存競争を繰り広げており
一方が増えれば一方が減るという比率で生存しているのでまるでオセロゲームの状態です。

腸内フローラの環境は生まれた時からすぐに変化を始めます。
母体にいる時、胎児の腸内は無菌状態ですが出産と同時に大腸菌などが腸内に入り込みます。

それから生後3日くらいで母乳により善玉菌のビフィズス菌が入ってきて、
離乳食の頃には様々な菌が入り込み固有の腸内フローラを形成します。

逆に年齢を重ねていくと善玉菌であるビフィズス菌が少なくなり、
悪玉菌のウェルシュ菌が増加する傾向にあります。

どんな時でもそうですが、
腸内フローラの比率が善玉菌より悪玉菌の方が多くなるのは良くありません。

乳酸菌を積極的に摂取するようにしましょう。
「たまに」ではなく、続けることが大切です。

こちらの記事でも腸内フローラについて詳しく説明しています。

腸内フローラと頭痛の関係

腸内フローラと頭痛の関係と言われても
一見まったく関係がなさそうに思われますが、実は大きな関わりがあります。

その一つの関係として腸内ガスと頭痛の関係です。
腸内にガスが溜まってくるとお腹が張ってきます。

そして、そのガスは排出されれば問題はありませんが、
残っていると腸から血液中に取り込まれてしまいます。

普通は血中のガスも肺で交換されて排出されるのですが、
あまりにもガスが多いと頭痛の原因となります。

通常ですと、血液に乗って新鮮な酸素が脳に運ばれるわけですが、
腐敗したガスが血中に溜まってくると酸素がうまく運ばれずにいわば酸欠状態を起こします。

そうなると頭痛がいつ起こっても不思議ではありません。
いくらお通じが良くても、オナラの臭い人は
善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れている可能性がありますので、
まずは腸内環境を整える事が大切です。

もう一つ、同じような原因として、
ガスではなく腸そのものが弱っている時を考えてみましょう。

これも腸内フローラの状態がポイントとなります。
便秘にしても下痢にしても腸では消化と吸収が行われて、
栄養や汚れが血中に取り込まれて体内に入ります。

この際に腸内腐敗などがあると血液の流れを悪くしてしまいます。
血行不良が起こると肩コリや首コリを起こしやすくなります。

肩コリや首コリが起こるという事は
関連して頭痛も引き起こしやすくなるという訳です。

ここまでは血行不良による頭痛が原因でしたが、
血液が流れすぎる事による頭痛もあります。

それは片頭痛です。
片頭痛は血管の収縮や拡張作用が低下すると起こりやすくなります。

そして、その拡張、収縮作用に関係しているのがセロトニンです。
セロトニンの90パーセント以上は腸で生成されると言われています。

腸の状態が悪くなるとセロトニンが低下し片頭痛を引き起こしやすくなるのです。

まとめ

2015-09-01b-1

腸内フローラの環境次第で体全体の状態が変化するという事がわかってきました。

特に腸の働きが悪くなると血行不良を起こし、
体のコリや疲れの原因にもなりますし、頭痛や体調不良を引き起こしやすくなります。

腸の働きは食生活一つだけでも改善することが出来るので
常に腸の健康を意識した食生活をしていきましょう。

体内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす事によって
健康ライフを保てるように頑張っていきましょう