体だけではなくにまで蕁麻疹が出来ることもありますよね。
ニキビとはまた違い、かゆみを伴うため出来てしまうと厄介な蕁麻疹。
でもどうして蕁麻疹が出来てしまうのでしょうか?

また、顔に蕁麻疹が出来てしまった場合、
どのようにスキンケアを行うのが良いのでしょうか?

顔に蕁麻疹が出来る原因は?

2016-04-05b

蕁麻疹というのは、色々なタイミングで出てしまうことがあります。
では、蕁麻疹が出てしまう原因は何なのでしょうか?

実は蕁麻疹の原因は、様々あります。
ストレスや紫外線、食べ物、自律神経の乱れ、化粧品、気温、アレルギー、肝機能低下などがあります。

ただし、蕁麻疹が出てこれ!という原因を断定できるものは
原因のうちの20パーセントほどと言われていて、
ほとんどは原因が断定できないことが多いのです。

基本的に蕁麻疹が出る場合には、体にも出ることが多く
顔にまで出てしまう場合には症状が重度であることもあるので注意が必要なこともありますよ。

化粧水かぶれも原因のひとつ?

基本的に体に出る方が基本の蕁麻疹ですが、
顔にだけ出てしまうことがあります。
それが、化粧品によるものです。

特にスキンケアによって起きることも多く、
化粧水が原因ということもよくあります。
いつも使っていた化粧水によって起きることもあれば、
新しく使ったもので起きることもあるため、
いつでも化粧水かぶれが起きる可能性があるのです。

化粧水によって蕁麻疹が出た場合、
蕁麻疹だけではなく肌にピリピリ感があったり、
乾燥しやすかったりするという症状が出ることも多いです。

化粧水かぶれは単純に使用している化粧水の成分が
肌に合っていないということもありますが、
それ以外にも紫外線による刺激・ホルモンバランス・ストレス・睡眠不足など
様々な要因で引き起こされることがあります。

顔に蕁麻疹が出来た時のスキンケア方法

では、蕁麻疹が出てしまった場合どのようなスキンケアを行えばよいのでしょうか?
そもそも化粧水でかぶれてしまっている場合には、その化粧水は使ってはいけません。

症状を悪化させる可能性があるために、
化粧水によって蕁麻疹が起きている場合には化粧水は塗らないようにしましょう。

また、化粧水が原因でない場合でも出来るだけ肌に刺激を与えない為に、
化粧水はつけないまたは敏感肌用の化粧水に変えるなどしてあげることが
蕁麻疹を悪化させないためのポイントとなります。

蕁麻疹についてはこちらの記事もご参考に!

顔にかゆみが出た時の対処法は?

蕁麻疹はかゆみを伴うことも多いです。
それが顔の場合、かいてしまうとそれがあとに残り、
色素沈着してしまうこともあるからこそ、蕁麻疹のかゆみはおさえたいもの。
では、顔の蕁麻疹がかゆい時はどのように対処したらよいのでしょうか?

冷やす

一番効果的なのは、冷やすということです。
患部にかゆみがある場合、
患部を冷やすということでかゆみを抑えられることが出来ます。
顔の場合は、氷水をいれた袋をタオルに包んで患部を冷やすようにしてください。
ただし、冷やしすぎもいけないのでかゆみがおさまったらすぐに氷水はとるようにしてください。

皮膚科へ行く

かゆみが出た場合、
とにかくかゆみをおさえるための薬を処方してもらうのが一番。
特に顔であれば体の皮膚よりも繊細な部分だからこそ、
病院でしっかりと処方されたものであることが大切なのです。
そのため、顔に蕁麻疹が出来てしまった場合かゆみが出る前でも
すぐに皮膚科を受診して、かゆみ止めも含めもらっておくのが一番です。

忙しくて時間がなかったり、夜間に蕁麻疹が出て病院にいけない場合は
市販薬でも抑えることができるので応急処置として使用しましょう。

こういった市販薬でも症状が改善されなかったり、
何度も蕁麻疹が出てしまう場合は必ず病院へ行きましょうね。

まとめ

2016-04-05c

蕁麻疹は数え切れないほどの原因によってなる可能性があるので、
蕁麻疹が出たからと言って簡単に原因を断定できないことも多々あります。

ですが、その中で顔だけに出てしまった蕁麻疹は
化粧品によるものである可能性もあるので、
化粧品を使って蕁麻疹が出たら化粧品による蕁麻疹を疑ってみてください。

その場合は化粧品は使わず、
皮膚科で処方してもらった薬を中心に使うようにしてください。
そうでない場合にも、顔に蕁麻疹が出来てしまった時は
皮膚が弱っている可能性も高いため、使っても敏感肌用の化粧水を使うようにしてくださいね。