クエン酸は様々な病気の予防に万能だと言われています。
それは酸性に偏る身体の状態を
弱アルカリ性に戻す事が出来るのがクエン酸だけだからです。

そんな凄いクエン酸ですが、様々な食品に含まれている上に、
クエン酸として売られている物も
ドラッグストアでとても安く買う事が出来ます。

クエン酸の効能

2015-10-18b-1

クエン酸はレモンや梅干しなどに含まれている酸っぱい成分です。
人間の身体は糖を分解してエネルギーを得ていますが、
その結果として乳酸が生成されます。

そのまま乳酸が放置されて蓄積されると身体は酸性に傾き、
いわゆる錆びやすい状態となって健康に障害が出やすくなります。

実はクエン酸はその乳酸を分解して
エネルギーに変える事が出来るのです。

クエン酸が体内に入ると、
クエン酸回路というエネルギーの変換回路に乳酸を巻き込み、
エネルギーへと変換します。

そうする事で結果的に
体内バランスを弱アルカリ性に戻す事が出来るのです。

具体的に説明すると、身体に対するクエン酸の働きとしては
疲労回復、美肌効果、などが分かりやすい効果として現れます。
目に見えない効果としては、病気になり難くなるという予防効果があります。


Twitterでもこんな風に呟かれていますね。

こちらの記事でも疲労回復や美肌効果について詳しく説明しています。

お掃除にもクエン酸

実はクエン酸は身体に良いだけではありません。
お掃除でも大活躍します。

ん?お掃除に万能なのって重曹じゃなかった?
という詳しい方がいるかもしれません。

そう、重曹も安全で万能なお掃除の触媒と呼ばれています。
では、どちらがより万能なのでしょうか?

実は重曹とクエン酸ではお互いに効果がある汚れが違うのです。
ですから答えは2つ合わせると万能という事になります。

クエン酸は自身は酸性なのでアルカリ性の汚れに強く、
あの鏡に付いていたりポットの中を真っ白にしたり、
シンクを曇らせている水垢汚れに効果的です。

重曹はどちらかというとねっとりとした油汚れなどに強いので、
その辺りを把握していると、便利に応用出来ます。
トイレの便器の汚れなどはどちらかというとクエン酸が効果的です。


このように使い分ける事が理想ですね。

クエン酸は安い!

そんな万能なクエン酸ですが、とても安くで売られています。

ドラッグストアなどで販売されているクエン酸はちゃんと口にして大丈夫な物です。

300gで400円程度でしょうか?
大体そのぐらいで売られていると思います。

容量が少ないとパッケージ代が高くなるので
ある程度まとめ買いをするのが良いでしょう。

お掃除用と服用する為の物を小分けにして使い分けると更に良いですね。
こちらのツイートとかも分かりやすく書かれています。


このような感じに応用して利用すると
楽しく健康な生活を送れると思います。

料理に利用したり、味付けを色々考えたりすると
普段のストレスも解消出来て一石二鳥です。
何かを工夫して作るという行為は精神的なストレスを解消してくれますよね。

お手軽健康法

2015-10-18c-1

私達の生活は割りと糖分過多に偏りがちです。
なにしろ炭水化物を大量に摂取する上に、
砂糖をふんだんに使った食品も口にしています。

その為、体内のクエン酸が不足して乳酸が溜まって
身体が錆びて老化が進むという悪循環が起こってしまいます。

昔から梅干しを食べると病気知らずと言われていましたが、
これは梅干しに多くのクエン酸が含まれていたからでしょう。

今の私達はクエン酸の含まれた食品を
あまり口にしなくなって来ています。

酢の物などの酸っぱいものを
あえて食べたりしなくなって来ている人は多いのではないでしょうか?

この際、1日1杯のクエン酸水生活を実践してみてはどうでしょうか。
万能と言うと何か胡散臭く感じてしまう人もいるかもしれませんが、
大体万能と言う方が実はクエン酸には相応しいかもしれません。

万能なクエン酸、使わないともったいないですね。