様々な効果がある「l-システイン」は安全性も高く、
「重篤な」副作用の心配が無い事もあり、広範囲に使用される薬物です。

ですが、どれ程安全性が高くても、副作用は存在します。
大多数の人にとっては問題が無いものも、
体質や薬の飲み合わせなどによっては、副作用が出る事も有ります。

失敗しない為に、「l-システイン」について、もう一度知ってみても良いのでは有りませんか?。

「L-システイン」て何?

2015-08-31b-1

非必須アミノ酸の一つで、
体内では必須アミノ酸の一つである「メオチニン」から合成されます。

髪、爪、皮膚などに含まれているたんぱく質の一種
「ケラチン」の構成成分となります。

食物からの摂取も可能だが、含有量が少量の為に、
食物から必要量を摂取することは困難です。

しかし、元来体内で合成されるので、食物からの摂取が必ず必要な訳ではありません。

「L-システイン」の働き

L-システインには様々な働きがあります。

美白効果(シミ・ソバカス。また日焼け等の色素沈着の改善)

L-システインはメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。
その為に、シミやそばかす等の
メラニン色素の沈着で起こる肌トラブルの解消に効果があります。
また、一定期間必要量う摂取すると、肌が白くなる効果があります。

爪や皮膚の健康維持

L-システインは爪や皮膚・髪等の構成成分ですので、
不足すると健やかな肌や爪・髪が維持できなくなります。
薄毛にも効果有り。

肝機能の向上

抗酸化作用があることから、
飲酒や喫煙により発生した活性酵素から身体を守る効果があります。
悪酔い・二日酔いの予防改善に高い効果が期待できます。

疲労回復

身体の代謝をスムーズにする働きがあります。
代謝(エネルギーを作ること)に働き掛けることで、
エネルギー不足による疲れやだるさが改善されます。

食事でL-システインは増やせる?

美容にも健康にも良い「L-システイン」は、
手軽にサプリメントとして数多く販売されていますが、食事からも増やせます。

L-システインは小麦胚芽やブロッコリー、ニンニクに含まれていますが、
極少量な為に食物からの直接摂取はあまり効果がありません。

それよりも、体内で合成されるアミノ酸ですので、
合成する素になるメチオニンを多く含む食品を取る方が効果的です。

メチオニンを多く含む食品は、大豆・ほうれん草・イワシ・カツオ・鶏肉等です。

こちらの記事でもLーシステインについて詳しく説明しています。

「Lーシステイン」の副作用

L-システインには重篤な副作用はありませんが、副作用自体は存在します。

白髪が増える、筋肉痛になるなどです。

特に、筋肉痛に関しては、強い痛みを訴える方もいます。

悪酔いや二日酔い予防などの目的で単発的に服用される程度ならば、
それほど心配は要りませんが、美白などの美容目的での長期服薬を行う場合は
筋肉痛を感じたら「もしかした副作用かも」と、疑う事も大切です。

まとめ

2015-08-31c-1

L-システイン単体では、重篤な副作用は起きないと言われていますが、
実際には「耐えれない程の筋肉痛」を感じる方もいます。

副作用の現われ方は個人(体質)で違いますので、
他の人が大丈夫だったから自分も大丈夫とは限らないと云う事も
念頭に置いておくことが、賢い利用者です。

また、他に服薬している薬があると、
その薬との反応によって強い副作用などが出る事も有ります。

L-システインは使い勝手の良いポピュラーな商品です。
ポピュラーであるから、逆に風邪薬などの単発的な薬の服薬の時にも、
注意せずにL-システインを飲んだりする可能性があります。

普段飲まない薬やサプリを飲むときには、
L-システインに限らず今飲んでいる薬やサプリをきちんと薬剤師に伝えて
安全性を確認することは、とても大切な事です。

どれほど優れたサプリでも、用法・用量(適量)を守って使用しないと、
効果が出にくくなるばかりか、時には身体に悪影響が出る事もあります。

正しい利用方法で、美白・美肌やツヤツヤ髪を手に入れたり、
二日酔いに悩まされずにお酒を楽しむようにされてください。