あなたはマカダミアナッツオイルのことをご存知ですか。
その名前の通り、マカダミアナッツから抽出された植物油のことですが、
このマカダミアナッツオイルは美容に効果があるというのです。

そして、マカダミアナッツオイルが持つさまざまな栄養素によって、
アトピー性皮膚炎の症状の改善にも効果があると言われています。

その点について、これからご説明していきます。

マカダミアナッツオイルとは何か

マカダミアナッツオイルというのは、
オーストラリア原産のマカダミアナッツから抽出された植物油のことです。

アンチエイジング効果、乾燥肌の予防にも効果があると言われています。
また、酸化もしにくくなっています。
このようにマカダミアナッツオイルは美容に効果のあるものだと言えるでしょう。

このマカダミアナッツオイルには、
不飽和脂肪酸であるパルミトオレイン酸が多く含まれています。

パルミトオレイン酸とは、悪玉コレステロールを減らし、老化防止、
皮膚細胞の修復や再生などの効果があります。

そして、熱に強いので、加熱処理をしても、効果が薄れることはありません。
このパルミトオレイン酸は必須脂肪酸なので、健康に欠かせない栄養素ですね。

その他にも、同じ不飽和脂肪酸であるオレイン酸も含まれています。
若返りに関係してくるビタミンE、A、Bも含まれています。

また、マカダミアナッツオイルには、
リノール酸も少ないので、肌に与える刺激も少ないのです。

そして、マカダミアナッツオイルの成分が皮脂に近いものとなっています。
したがって、マカダミアナッツオイルは肌に優しいオイルであると言えるでしょう。

この肌に優しいマカダミアナッツオイルが
アトピー性皮膚炎の改善にも効果があるのです。
これについては、次項でご説明していきます。

こちらの記事でもマカダミアナッツオイルについて詳しく説明しています。

なぜアトピー性皮膚炎に効果があるの?

このマカダミアナッツオイルは、
アトピー性皮膚炎の症状の改善に効果があると言われています。

より正確には、症状の改善というよりも、緩和といった方が正しいですね。
その理由について、ご説明していきます。

アトピー、つまり、アトピー性皮膚炎は、その症状として、かゆみ、
湿疹、水ぶくれ、乾燥肌などが確認できます。

このアトピー性皮膚炎が発症する原因としてはアレルギー反応、
そして、免疫反応によるものだと言われています。

しかし、ながら、詳しいことは分かっていないそうです。
また、アトピー性皮膚炎は再発もしやすいので、一度発症してしまうと、
長く付き合うことになる病気になってしまうのですね。

このような症状を持つアトピー性皮膚炎ですが、
マカダミアナッツオイルを使用することで、多少の症状の改善に期待できます。

それはマカダミアナッツオイルに含まれるパルミトオレイン酸によって、
皮膚細胞を修復し再生してくれるのです。

そして、この成分が乾燥肌を改善もしてくれます。
このように肌にも良い成分を、マカダミアナッツオイルは持っているのです。

そして、前述したように、リノール酸も少なく、
マカダミアナッツオイルの成分自体が皮脂に近くなっているので、肌にも優しいのです。

アトピー性皮膚炎を発症した肌には、
できるだけ負担の少ないものを使用したいですね。

おわりに

2015-09-5c-1

いかがでしたでしょうか。
マカデミアナッツオイルには、老化防止、皮膚細胞の修復と再生、若返りなどにも効果があるのです。

このマカデミアナッツオイルはベタつかないので、
肌に使用することに向いているオイルであると言えます。

また、肌に塗らずに食べることもできます。
熱にも強いので、幅広い料理に使うことも可能です。

肌に塗っても良いですし、食べても良いので、
お好きな方を選んでみてはいかがですか。

また、マカデミアナッツオイルは
アトピー性皮膚炎の症状を緩和することができますが、
肌に合わない場合は、使用を控えてください。

肌に優しいとは言っても、体質によっては、
悪化することも考えられますので、その場合は医師に相談すると良いでしょう。