「スーパーフルーツ」という言葉が注目を浴び、
次々と美容効果の高い果物が出現していますが、
最近また新しい果物が出現し、話題となっています。

その名は、「マキベリー」。
あなたはこの名前、聞いたことがありますか?

このマキベリーは、セレブ注目のスーパーフルーツであることはもちろん、
アレルギー持ちの人にも大変効果が高い果物なのです。

今回は、このマキベリーについてと、アレルギーへの効果を勉強していきましょう。

マキベリーの特長、栄養について

2015-09-23b-2

マキベリーは、南米出身のスーパーフルーツです。
原産地はチリ、パタゴニアという寒冷地です。

収穫期は1月~3月という大変短い期間で、
しかも人工栽培がまだ進んでいないため、
出回っているのは野生種のみという希少なものなのです。

果実はブルーベリーのような大きさと色をしていますが、
ブルーベリーよりも色が濃く、黒っぽくも見えます。

そしてその果汁は、いかにも色素たっぷりな、赤紫色をしています。

このマキベリーは、原産地の人々は、昔から下痢止め、
抗炎症薬や解熱剤として利用してきたそうです。

科学的根拠がわからないうちから、
体感的にマキベリーが身体に有用なものとわかっていたのですね。

栄養成分としては、ポリフェノールが豊富だということが挙げられます。
それも、一種類や二種類ではなく複数の種類のものを、しかも豊富に含んでいるのです。

その量は素晴らしく、ポリフェノールの含有量で言うと、
あのアサイーボウルでおなじみのアサイーの5倍も含まれています。

特に、その赤紫色を呈するアントシアニンの一種、
デルフィニジンが多いことが知られています。

このデルフィニジンは、抗酸化作用だけでなく、
抗炎症や抗がん作用など、幅広い健康効果があるのです。

アレルギーとアントシアニン

このデルフィニジンを始めとするアントシアニンには、
高い抗ヒスタミン効果があることを知っていますか?

花粉症やアレルギー性鼻炎で知られるアレルギーは、
ヒスタミンという痒みの原因が出やすい体質のため、その不快な症状が出現するものです。

細かく見ると、ヒスタミンが活性酸素を出して細胞膜を攻撃して、
細胞そのものを破壊し、炎症を引き起こすために痒くなってしまいます。

そこで、マキベリーに豊富に含まれるアントシアニンを摂取すると、
アレルゲンが体内に入っても、ヒスタミンの放出を抑制するために、アレルギー症状が和らぐのです。

この日本には、スギなどが多い土地柄もあって、花粉症に苦しむ人や
アレルギー持ちの人が多く、アレルギーに対する意識はかなり高い方です。

そんな人たちにとって、マキベリーのアレルギー抑制効果は、まさに注目に値するものでしょう。

マキベリーについてはこちらの記事もご参考に!

日本でマキベリーを摂取するためには

そんな注目のマキベリーも、
生食できる状態で日本に入ってくることはほとんどありません。

先ほども説明したとおり、野生のものしか出回っていない上、
チリという日本から見て地球の裏側での収穫ですから、生で手に入りにくいのは当然ですね。

ですが、ご安心ください。
最近ではマキベリーのサプリメントも各メーカーから発売されていますし、
輸入食材店や自然食品店に行けば、
手軽に食べられるドライパウダーなんていうものも販売されているのです。

特にこのドライパウダーが便利で、しかも美味しく、スムージーに入れたり、
ヨーグルトにハチミツと一緒にかけて食べたりなど、普段の食生活に取り入れやすいのです。

これなら、簡単にマキベリーの抗アレルギー効果を得やすいですね。

まとめ

2015-09-23c-2

マキベリーがどんな果物かということと、その成分と作用、
アレルギーへの効果と、日本で摂取するためには
どんなものを選べばよいかについて、色々とご説明しました。

アレルギー症状のつらさは、なった人にしかわからないものですよね。
病院に通ったからと言って完治するものでもなく、
いくらつらくても熱や腹痛などとは違い、仕事を休むことも気が引けます。

ですから、アレルギー体質の人は、自分で対策を立てるしかないのが現実です。

そんなアレルギーの苦しみに悩む人に、
今回ご紹介したマキベリーを是非利用してみて欲しいなと思います。

手軽に食べられて、しかもつらい症状が緩和されるのですから、
一度マキベリーを試してみてはいかがでしょうか。