最近徐々に流行っているダイエットがあります。
それはマスタークレンズです。

このマスタークレンズはただのダイエットではなく、
デトックス効果を高める為の断食にあたります。

マスタークレンズで利用するのはレモネード。
塩水で胃腸を洗浄し、レモネードで最低限の栄養を摂取する事で、
デトックス効果を浸透させるのです。

マスタークレンズとは?

2015-10-17b-2

ダイエットと説明しましたが、
実はマスタークレンズ本当の効果はダイエットではありません。

マスタークレンズはフルーツジュースを使った毒出し、
いわゆるデトックス法なのです。

マスタークレンズではレモネードを使って断食を行います。
まず事前に少しずつ身体から毒を出す食生活に慣らして行き、
やがてマスタークレンズに突入します。

マスタークレンズ中は口にするのは朝の塩水とレモネードのみです。
その代わりレモネードはどれだけ飲んでもかまいません。
実際にやっている人は結構見掛けますね。


急に人気が出始めたのはどうやらビヨンセが
10日で9kg痩せたという話が広まったからのようです。

やはりダイエットとしての人気のようですが、
本来はマスタークレンズはデトックスで
健康な身体作りを行う為の物なので、
その辺りを間違えないようにしましょう。

マスタークレンズのやり方

では、マスタークレンズの詳しいやり方を説明します。
まず、本格的にマスタークレンズに入る前から
食事を野菜中心のベジタリアンな食事にして、
ハーブティーを毎朝飲んでください。

いきなり始めないように、まず身体作りからです。
大体この前段階を1週間程前から始めます。

マスタークレンズは10日から最高でも40日間続ける断食になります。
断食と言ってもレモネードは飲み放題なので、
最低限の栄養は確保出来るのですが、最初は結構キツイと思います。

当日の朝はまず塩水を1リットル近く飲んで胃腸の洗浄をします。
塩水の内容は1リットルの常温の蒸留水に天然塩を小さじ2杯、
ちょっと経口補水液に近い割合ですね。

これによってまず宿便を出してしまうのが目的です。
その後の栄養摂取はレモネードのみになります。

レモネードの作り方は、
レモンの生搾り汁を大さじ2杯、天然のメイプルシロップを大さじ2杯、
そして小さじ10分の1程度の唐辛子、
これら全てを混ぜた物に常温の蒸留水を足して300ccにします。

これが基本のレモネードです。
このレモネードは1日何杯飲んでもかまいません。
他には何も口にせずに、これを10日間から40日間繰り返すのです。

レモネードしか摂取できないので使うものには気を配りましょう。

レモンやメープルシロップはできるだけ、無農薬・無精製がオススメです。

デトックスの考え方

最近は以前盛況だった痩せる為のダイエットから、
綺麗に痩せる身体作りの為の断食が人気となっているようです。

ただ単に食事制限によってダイエットを行うと、
綺麗になるどころか肌が黒ずみ、シワが寄り、
筋肉の無い骸骨のような身体になり、下手をすると拒食症になってしまいます。

元々綺麗になりたいという女性の願望から出た物ですから、
それでは意味がないという事で
デトックスが注目されるようになったのではないかと思います。

どういう流れで辿り着いたにせよ、
健康的に痩せられるのなら、それが何よりですよね。

デトックス、いわゆる毒出しは、
ある意味、お酒飲みの人の休肝日に似た考え方です。

胃腸に余裕を作って休ませている間に、
体内に溜まった老廃物を排出してしまおうという事です。

その際、ナチュラルな素材に拘るのは、
今まで化学薬品や添加物で酷い目に遭ってきた反動だと思われます。

ただ、ナチュラル素材というのは
お金と時間を必要とする事が多いので、その辺り注意が必要です。

ダイエット方法についてはこちらの記事もご参考に!

実行した方達の実感の口コミ

今このマスタークレンズの断食デトックスを行っている人を
Twitter上でも多く見掛けます。

そんな実際に行って来た方にも
色々なタイプがいてなかなか勉強になります。


この方は何か危なそうですけど、大丈夫でしょうか?
実行の際はくれぐれも無理はしないようにしてください。
ある程度妥協は必要です。命が懸かっていますからね。


この方はライムは駄目でレモンなら大丈夫なようです。
実際ライムとレモンは似ているようで全然違う果物で、
香りや味はライムが強いのですが栄養素的にはレモンの方が優れています。


中にはこのように悟りを開きそうになるぐらい
身体に合う方もいるようです。

人それぞれ色々なマスタークレンズへの身体の反応があると思いますが
体調を見ながら無理の無いように試してみてくださいね。