あなたはミドリムシを食べたり、飲んだりした経験はありますか。
名前に「ムシ」という文字が入っていることから、
今までに手を取ったことがないかもしれないですね。

ミドリムシ自体は藻の一種となるので、虫ではありません。

しかし、ながら、このミドリムシは栄養が豊富で、健康にも良い食品なのです。
このミドリムシはいつ飲むのか?
基本的な説明と共に、いつ摂取すれば良いのかなどについて、ご説明していきます。

ミドリムシはムシじゃない!

2015-09-20b-1

このミドリムシという名前は和名であります。
日本では、このように呼ばれていることが多いですね。

また、このミドリムシは英名であるユーグレナとも呼ばれています。
ミドリムシ自体は虫ではなく、藻の一種となります。

したがって、ミドリムシを食べるということは、
つまり虫を食べるということにはならないのです。

なので、ミドリムシを食べることに抵抗を感じていたとしても、
ミドリムシは虫ではないので、安心していただいても大丈夫ですよ。

また、ミドリムシには、細胞壁というものがありません。
この細胞壁というのは、もともと人間には消化できないのですが、
消化するためには、セルラーゼという分解酵素が必要になってきます。

しかしながら嬉しいことに、ミドリムシの場合は
細胞壁がない代わりに、細胞膜で身体が包まれています。

これによって、消化吸収率が非常に高くなっています。
このミドリムシが消化しやすい細胞膜で包まれていることで、
ミドリムシの栄養の恩恵を受けることが可能なのです。

ミドリムシは栄養の宝庫!

ミドリムシはさまざまな栄養素が詰まっています。
ミドリムシの性質として、動物植物
それぞれの栄養素を併せ持っており、それは59種類にも上っています。
そのミドリムシが持つ栄養素の中で、一部ご説明しましょう。

このミドリムシには、不飽和脂肪酸が含まれています。
DHA、EPAなどですね。

これらは脳の細胞を活性化させたり、血液をサラサラ状態にしてくれるのです。
そして、老化防止認知症血栓ガンなどの予防にも効果があります。

また、パラミロンという成分がデトックス効果を与えてくれます。
この他にも、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富となっています。
このようにミドリムシは健康を維持するために必要な栄養素を豊富に持っているのです。

こちらの記事でもミドリムシについて詳しく説明しています。

ミドリムシはいつ飲んでも大丈夫!

それではこのミドリムシをいつ、どのタイミングで飲めば良いのでしょうか。
最初に結論を言ってしまうと、
ミドリムシをいつ、どのタイミングで飲んだとしても、特に問題ありません。

体内での消化吸収を考慮すると、食事前後に飲んだ方が良いのですが、
ミドリムシは前述したように、非常に消化吸収率の良い食品です。

たとえ、寝る直前に飲んだとしても、身体に影響することはありません。

ただし、寝る直前にミドリムシを飲むことで、
より良い睡眠効果を得られるそうです。

それはミドリムシに含まれるグリシンという成分があり、その作用によるものです。
グリシンというのは、アミノ酸の一種のことです。

したがって、ミドリムシの場合は、
お好きな時間帯に飲んでいただいても問題ないのですね。

また、このミドリムシは毎日飲むこと、
そして同じ時間に飲む習慣を身につけてください。
このように習慣づけた方が、ミドリムシの持つ効果をより多く得ることができるそうです。

おすすめのミドリムシサプリは?

ミドリムシの栄養素も摂取でき、酵素も摂れるサプリメントがいいですよ(*^^*)

こちらは余計なものが入っていない完全無添加
ミドリムシと酵素の効果をギュッと凝縮しています。

食事では取りきれない栄養素がこの一粒に詰め込まれているので
なかなか規則正しく栄養バランスの整った食事ができない
忙しい女子にうってつけのサプリメントです。

話題の酵素も含まれているので、理想の栄養バランスを毎日摂取できちゃいますよ(*^^*)

おわりに

2015-09-20c-1

いかがでしたでしょうか。
今まで敬遠していたかもしれないミドリムシですが、
健康のために摂取したい食品の一つでもありますね。

最近では、身近なスーパーでも買えるようになっていますので、
一度手に取ってみても良いでしょう。

このミドリムシの摂取方法として、ドリンクタイプやサプリメントなどがあります。
それぞれ好みに合わせて、選んでみてはいかがですか。

ドリンクタイプの方は、どのタイミングで飲んでいただいても問題ないでしょう。
ただし、注意するポイントがあります。

このミドリムシは健康を維持するために
必要な栄養素を持つ食品であっても、決して薬ではないのです。

したがって、ミドリムシが万能な食品でないことを知っておいてくださいね。