人間が病気にならないために働いているのが免疫機能ですよね。
特に風邪などが流行ると、免疫機能アップのためなんて特集がよくされます。
その免疫機能の中でも私たちの体に欠かせないのがナチュラルキラー細胞なのです。
ではナチュラルキラー細胞とは一体どういうものなのでしょうか?

ナチュラルキラー細胞とは?

2015-08-13b-2
NK細胞と表記されることも多い、ナチュラルキラー細胞。
ナチュラルキラー細胞は血液中に存在し、リンパ組織を構成している成分でもあるリンパ球のひとつなのです。
ナチュラルキラー細胞はKillerという言葉が入っている通り、
ガン細胞などを見つけると攻撃して殺すという働きがあります。
血液中に存在しているので、全身を巡りながら悪い細胞がないかなと
パトロールしているイメージだとわかりやすいかもしれません。
ナチュラルキラー細胞は生まれた時から体の中に存在して、
悪いものから体を守ってくれるつまり免疫機能としてとても重要な役割をもっているのです。
もちろん正常な細胞を攻撃することがないように2つのアンテナを持っています。
ひとつが活性化型レセプターと呼ばれるもので、
ナチュラルキラー細胞がガン細胞など害のある細胞を見つけると
活性化型レセプターが働いてナチュラルキラー細胞が攻撃を始めるのです。
一方で、何も問題のない正常な細胞の場合には抑制型レセプターというものが働くので、
攻撃などをすることがないのです。
驚くことに私たち人間の体の中では毎日3000個以上のガン細胞が出来ていていますが、
ナチュラルキラー細胞がそのガン細胞に対して働いてくれるので健康でいられるのです。
このようにナチュラルキラー細胞は、体内をパトロールしながら
悪いと思う細胞に対してアンテナを働かせて見つけると殺していくという働きを持っているのです。

ナチュラルキラー細胞は年齢と共に減少する

生まれながらに体内に存在するナチュラルキラー細胞。
しかしナチュラルキラー細胞は永遠に存在するようなものではなく、
20代の頃にピークに達し、年齢と共にどんどん減少していってしますのです。
50代にもなると20代の頃の約半分、70代ではピーク時の約1/10にもなるそう。
加齢とともにガンを発症する人が増えたり、病気になる人が増えたりするのはこういったことが原因なのです。

アンチエイジングがナチュラルキラー細胞を減らさない

美容に関心のある人であればよく耳にするのが「アンチエイジング」という言葉。
これは、老化させないようにするというものです。
アンチエイジングをすることで、肌の老化などを防ぐことが出来ますが
もちろん体自体の老化を防ぐことができます。
つまり、体が老化しなければナチュラルキラー細胞の減少も防ぐことが出来るのです。
そもそも体が老化してしまうのは、私たちが生きるためにしている呼吸にあります。
呼吸をして酸素を得ていると同時に、体を錆びさせる
つまり老化させてしまう原因となる活性酸素を発生させているのです。
年をとればとるほど活性酸素がどんどん体にたまっていき、
結果的に年齢と共に体が老化していくのです。
つまりこの活性酸素を除去することができれば、体の老化を防ぐことが出来るわけです。

こちらの記事でもナチュラルキラー細胞について詳しく説明しています。

アンチエイジングには何が出来る?

では具体的にアンチエイジングとして出来ることはあるのでしょうか?
よく耳にする「抗酸化」というものが活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。
抗酸化のためにはやはり食生活が重要です。
食事の中から抗酸化作用のあるものを摂取することで体内の活性酸素を除去し
アンチエイジングにつながってくるのです。
抗酸化作用が強いものは大きく4つあり、まずはβカロテン。
にんじんのイメージがあるかもしれませんが緑黄色野菜全般に多く含まれていて、
かなり強い抗酸化作用があります。
βカロテンは熱に強いため油とともに調理することで吸収が良くなります。
次にビタミンC。抗酸化作用とともに、ストレスや病気などへの抵抗力を高めてくれる
という働きもあります。
ビタミンCは柑橘系のフルーツだけではなくいちごやキウイ、
ブロッコリーなどにも含まれていますが、熱に弱く水にも溶けやすいために
水で軽く洗い生のまま食べるようにしましょう。
3つ目にビタミンEで、老化防止のある栄養としてもかなり注目です。

アーモンドをはじめとするナッツ類や魚介類に含まれています。
モデルさんがおやつにナッツ類を食べる理由がわかりますよね。
今までのおやつをアーモンドに変えてみませんか?
他の食材より手軽に始められてオススメです。

最後にファイトケミカルというもの。あまり聞き慣れないものかもしれませんが、
かなり強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。
ファイトケミカルはアントシアニンやカテキン、リコピンやイソフラボン、
アスタキサンチンなどと呼ばれるものを含んでいるので赤ワインや緑茶、
トマトや大豆などに多く含まれていると思っておいてください。

ナチュラルキラー細胞を活性化させる

アンチエイジングと共にナチュラルキラー細胞の働きを活発にさせるということも大切なことですよね。
ではナチュラルキラー細胞を活性化させるために出来ることはあるのでしょうか?
活性化ポイント1 腸内環境を整える
体の中でもナチュラルキラー細胞は特に腸に多く存在しています。
ナチュラルキラー細胞の70%は腸にいるというほどです。
ナチュラルキラー細胞はそれだけでも働きますが、
腸にいる際にナチュラルキラー細胞をサポートしてくれる役割があるのが乳酸菌です。
しかし乳酸菌は腸内環境が整っていなければそこまで働きが良くないため、
腸内環境を常に整えておくことが70%ものナチュラルキラー細胞が活発に働くためには大切なのです。
腸内環境をきれいにするにはヨーグルト、納豆、味噌など
発酵食品といわれているものをとにかく食べることが大切。
毎食何かしらの発酵食品を食べる習慣をつけるだけで
腸内環境を整えることが出来るので食事を意識していきましょう。
活性化ポイント2 軽い運動
激しい運動ではなく毎日軽い運動を取り入れるということも
ナチュラルキラー細胞を活性化させてくれます。
エレベーターではなく階段を使う、家事は意識的に体を動かすようにする、
寝る前にストレッチをする習慣をつけるというだけでも
十分なので何かしら体を動かすことを意識するようにしてみてください。
活性化ポイント3 規則正しい生活
規則正しい生活が健康にいい、というのはまさにその通りで
ナチュラルキラー細胞は9時17時のタイミングで活性化し、
寝る21時ごろにはその働きが低くなるのです。
ですが、不規則な生活を続けているとナチュラルキラー細胞の働きが乱れて
正常に働きにくくなってしまいます。
そのため、規則正しい生活を心がけることが大切なのです。
活性化ポイント4 ストレス緩和のためにたくさん笑う
ストレスを受けると実はナチュラルキラー細胞の働きがかなり落ちてしまいます。
笑うとナチュラルキラー細胞が活性化するといわれていますが、
これは本当で笑うことが大切なのです。
ストレスを受けている時も、マンガやテレビ、友達との会話でたくさん笑うようにしましょう。

まとめ

2015-08-13c-2
ナチュラルキラー細胞は私たちの体が健康であるためには大切な働きをしてくれる存在です。
いつまでもナチュラルキラー細胞を活性化させておくためには、
食生活で抗酸化作用が強い食べ物と整腸効果が高い発酵食品を意識して食べるようにし、
規則正しい生活を心がけるようにしましょう。