布ナプキンを使うことにより冷え取り効果があるって知っていましたか?
毎月の生理の時に多くの場合に使用される紙ナプキンタンポンなどは、
表面材、吸収体、防漏材などに石油系の化学繊維が使われています。

防漏材として使われている高分子吸収材が水分を吸収してジェル状に固め、
熱を冷ますシートのように体を冷やすのです。

通気性も悪いのでやかぶれなど肌トラブルが起きやすくなります。
布ナプキンは、石油系の有害である化学物質を使ってないことから
紙ナプキンという名の石油製品から布ナプキンに変更することで血流が良くなり体の不調がなくなります。

では、どのような点に気をつけて布ナプキンを使えば効果的な冷え取りが出来て
生理痛や肌荒れを改善できるかを説明していきます。

布ナプキンはタオルハンカチでも代用可能?!

布ナプキンとは、肌面にあたる部分は、フランネルダブルガーゼを使用しています。
コットン100パーセント植物素材です。
生理中のムレやかぶれを防ぐために天然素材が使われているので下着と同じ感覚で体を温めます。

また、より良い冷え性改善の方法として
布ナプキンとホッカイロを組み合わせるとより効果的です。

そして、布ナプキンの代用としてハンドタオルを使うことも可能です。
普段水で濡れた体をタオルで拭くということから考えても水分を吸収する力があるので代用が可能です。

プリントがあるものでも大丈夫ですが
敏感肌など心配な方は、無着色のオーガニック素材を選ぶと良いです。
使い方は、だいたい20cm〜25cm四方のハンドタオルを3つに折りたたんで使用します。

ホッカイロの冷えとりのやり方

女性にとって直に子宮を温めることは、会陰穴というツボも刺激して血行を促進
体全体の血流が良くなり生理の痛みや様々な体の不調を改善する効果があるのです。

また、血流が良くなるとことにより
卵巣では健康的な卵子ができ、子宮では子宮内膜が厚くなって着床しやすくなります。

ホッカイロで子宮を温めるには、
ショーツの上にさらに毛糸のパンツを重ねて履いてその上に貼るタイプのカイロを貼ります。

低温火傷になってしまう可能性もあるのでショーツの上からホッカイロを貼ることは避けましょう。
ホッカイロや布ナプキンを使用することにより下半身が温まり体の血の巡りが良くなり、
生理痛が軽くなる、生理の時の腰痛腹痛緩和などの効果があります。

そして、生理の日以外にライナーも布(オーガニックコットン)やシルクを使うとより効果的です。

布ナプキンでお肌トラブルも改善されるの?

オーガニックで作られている布ナプキンは、
デリケートゾーンの肌に優しく生理中の不快な感じを軽減します。

オーガニックで作られている布ナプキンは、通気性に優れていて
皮ふが、炎症することが少ないです。
ですから痒みやかぶれなど肌トラブルを改善することができます。

また、生理中の陰部から発生する嫌な臭いも少ないです。
また、感染症など病気になることも防げます。

生理前と生理中の過剰な皮脂の分泌によるニキビや
肌のボコボコに赤く腫れるなど顔のトラブルも改善できます。


こちらの記事でも布ナプキンについて説明しています。

布ナプキンの洗い方は?

布ナプキンを購入したら始めにすることは、
経血の吸収力を良くするために洗濯機で予洗いをすることです。

そして、経血で汚れた布ナプキンの洗い方は、
揉み洗いをする、浸け置きをする、干して乾燥させるの手順で洗います。
そして、汚れ具合によっては他の洗濯ものと一緒に洗剤を使い洗濯機でもう一度洗います。

布ナプキンの替え時は、トイレに行きたくなった時に交換します。
そして、経血の量によっては交換する回数を増やします。

基本は紙ナプキンを使う時と同じです。
夜は、夜用のホルダーや後ろが長い替え布ナプキンを使いましょう。

外出時の使った後の布ナプキンは、
汚れた方を内側にして3つに折りにたたみスナップで留めて専用のポーチに入れて家に持ち帰ります

おすすめの布ナプキンは?

デリケートゾーンの皮フは、敏感なのでオーガニックで無漂白コットンがおすすめです。
無漂白のコットンの見分け方は、黒くプツプツがあり綿花のかすが残っています。

100%のコットン使用の布ナプキンは、サラサラの肌触りで吸収力も高くムレにくいです。
金属アレルギーの方には、ホックの部分がプラスチック製の布ナプキンがおすすめです。

初めての場合は一式揃ったものを買うと安心です(*^^*)

まとめ

布ナプキンは、紙ナプキンと違って天然素材のコットンまたはシルク素材が使われているため
通気性に優れムレかぶれなどを防ぎます。

さらに冷え取り効果もあり体全体の血流を良くして生理中の肌のトラブル生理痛などをなくします。
ホッカイロを併用して使うことでより効果的な冷え取りができます。

新しい布ナプキンは、一度使う前に洗っておくと経血を吸収しやすくなります。
布ナプキンのお手入れは、揉み洗いをする、浸け置きをする、干して乾燥させることです。

もし、汚れが酷いようであれば一度洗ってから他の洗濯物と一緒に洗剤で洗うといいです。
そして、外出時に汚れた布ナプキンは、
汚れた方を内側にして3つ折りにたたんでスナップで留めて専用ポーチに入れて家に持ち帰ります。