あなたはビオチンという栄養素のことをご存知でしょうか。
このビオチンはビタミンの一種でありこれが不足した状態になると、
身体にも悪影響が現れてくるのです。

したがって、ビオチンは不足しないようにしっかりと摂取しておきたいのですが、
乳酸菌と一緒に摂取する際には、注意が必要なのです。
この注意が必要なポイントについて、これからご説明していきます。

美肌にも効果がある?ビオチンの効果について

herbal medicine capsules with green herb leaf on wood table

ビオチンとは、ビタミンH、ビタミンB7とも言われている栄養素のことです。
このビオチンは水溶性ビタミンであり、体内で生成されることはありません。
しかしながら、身体の腸内細菌によって合成されることで、
ビオチンが発生するようになっています。

したがって、身体にビオチンが欠乏する状態になることはほぼないのです。

ただし、このビオチン欠乏症は絶対に起こらないわけではないので注意が必要です。
ビオチンが欠乏することになると、身体に異変が起こるようになります。
それは食欲不振、吐き気、うつ症状、抜け毛、白髪、疲労感などです。

このビオチンをしっかりと摂取することによって、身体にも良い影響を与えてくれます。
それは皮膚の状態を正常にしてくれるのです。
皮膚の炎症を抑えてくれて、そして、皮膚の再生まで行ってくれます。

また、アトピー性皮膚炎の治療にも効果があるとのことなので、皮膚にとって、必須の栄養素なのでしょう。

ビオチンの過剰摂取は身体にもそれほど影響がないと言われています。
なぜなら、取り過ぎてしまったビオチンは、尿と一緒に身体の外に排出されるからです。
ただし、ビオチンを取り過ぎるのではなく、適度に摂取するようにした方が
身体にも負担をかけることもないでしょう。

乳酸菌には注意!ビオチンの効果を妨げることも

この素晴らしい効果を持っているビオチンを、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品と
一緒に摂取する場合には、注意するポイントがあります。
それは乳酸菌に含まれているフェカリス菌というものが、
体内でビオチンをエサにして食べてしまうのです。

そうすると、ビオチンの本来の効果は得られることができないということがわかりますよね。
つまり、ビオチンとフェカリス菌は相容れない存在なのですね。

このフェカリス菌自体は、身体の免疫力アップや腸内環境を整えてくれる
などの効果を持っています。
フェカリス菌を加熱することで、ビオチンの働きを妨げることはなくなります。
このようにビオチンを摂取する際には、注意するようにしてくださいね。

また、乳酸菌の中でもビオチンと一緒に摂取することが望ましい菌があります。
それはアシドフィルス菌というものです。
このアシドフィルス菌は、もともと腸内環境を酸性に変える効果を持っています。

腸内環境がアルカリ性の状態になっていると、悪玉菌が増えることになります。
その悪玉菌が増えないようにしてくれるのが、このアシドフィルス菌なのです。
そして、このアシドフィルス菌がビオチンの生成を助けてくれるので、一緒に摂取した方が良いのです。

しかしながら、このアシドフィルス菌は市販されている食品から摂取することは難しくなっています。

このようなサプリメントなどを利用して、
摂取することを試してみても良いかもしれないですね。

ビオチンの効果についてはこちらの記事もご参考に!

おわりに

2015-08-10c-2

いかがでしたでしょうか。ビオチンと乳酸菌の組み合わせには注意するポイントがいくつかあるのです。
ビオチンは身体が正常に活動するために必要な栄養素とも言えますし、
また、皮膚の正常化にも効果があるので、美肌効果を期待して、摂取しても良いかもしれないですね。

しかしながら、前述したように、乳酸菌と一緒に摂取する際には、注意してくださいね。
また、このビオチンは、豆や穀物、牛のレバー、卵黄などに多く含まれています。
これらの食品から効果的に摂取していきたいですね。