オートミールのことをあなたはご存知でしょうか。
もともと海外において、好んで食べられていたものだったみたいです。

このオートミールはダイエットにも効果があるということですが、
美容にも効果があるのです。

その美容の効果が発揮するのは、
オートミールを食べるのではなく、入浴剤として使用することです。

この方法によって、美容に大きな効果を得られるのです。
そのことについて、これからご説明していきます。

オートミールについて

2015-08-29b-1

オートミールとは、シリアルみたいなものですよね。
朝食時に食べられることが多いと思いますが、
日本ではあまり馴染みのないものかもしれません。

このオートミールを加工したものが、
あなたもご存知であるグラノーラなのです。

オーツ麦が原料であるオートミールは、食物繊維、鉄分、カルシウム、
ビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富に含まれており、
そして、栄養価の高い食べ物となっています。

このオートミールの食べ方としては、粥状にして食べることが多いでしょう。

このオートミールは、食物繊維が多く含まれているので、
ダイエットや便秘解消に効果があると言われています。

また、GI値が低いことにも注目です。
このGI値が低いことで、血糖値が急激に上昇することもなく、
すい臓からのインスリンの分泌も抑えることができます。

したがって、オートミールに含まれている炭水化物が
体内で脂肪になりにくくなるのです。

そして、オートミール自体が腹持ちも良いので、
オートミールを摂取することによって太りにくくなると言われています。

入浴効果についてはこちらの記事もご参考に!

オートミールの入浴剤としての効果は?

このダイエットにも効果があるオートミールですが、
食べることをせずに美容の面からも効果が期待できるのです。

それはオートミールを入浴剤として使用し、
浴槽にオートミールを入れるのです。

このオートミールを入浴剤として使うこと自体、驚きかもしれませんが
オートミール風呂による恩恵を受けることができるのです。

このオートミールの入浴剤は、肌にとても良いのです。
アトピー、湿疹、かぶれ、虫刺され、かゆみ、かさつきなど、肌の諸問題を改善してくれます。

これはオートミールに含まれているビタミンEによる効果だそうです。
そして、不溶性食物繊維が肌の保湿効果をもたらしてくれるのです。

オートミールを入浴剤にする際は、
ミキサーなどでパウダー状に加工して入れると良いでしょう。

これは少し手間がかかりますよね。
面倒だと思う場合は、オートミールを少し砕き、
それをガーゼの袋などに入れて浴槽に投入すると良いでしょう。

入浴剤としてオートミールを選ぶ場合には、注意点があります。
市販のオートミールには、味がついたものも売られていますよね。

それは食べる分に関しては特に問題ないのですが、
入浴剤として使用する場合は、一切味のついていないオートミールを選びましょう。

また、できるだけ健康に良いものを選びたいので、
無添加のもの、無農薬のものを選ぶと良いでしょう。

おわりに

2015-08-29c-1

いかがでしたでしょうか。
オートミールの味が苦手だという声を聞く機会があります。

しかしながら、オートミールの味が苦手、嫌いであっても、
別の使い道があるのです。
その使い道というのが、今回ご説明した入浴剤となります。

このオートミールの入浴剤は、浴槽に入れることで、お湯が白く濁ってきます。
そして、オートミールからネバネバとしたものが溶け出してくるのです。

それはオートミールに含まれている水溶性食物繊維によるものとなります。
また、お湯に溶けずに
ゲル状に変化することになる不溶性食物繊維を肌に塗ることによって、
保湿効果も得られることができます。

このようにオートミールの入浴剤は、肌に良く、美容にも効果があるのです。
ぜひ一度試してみてはいかがですか。