肌はその状態によって様々ありますが、特に油分が多い肌のことをオイリー肌と呼びます。

オイリー肌=てかりやすい、
なんてイメージを持っていることも多くデメリットの多い肌質だと思われがちです。

ですが、「オイリー肌はシワになりにくい」ということもよく言われます。
これは本当なのでしょうか?

また、オイリー肌のメリットやデメリットについてご紹介します。

シワが出来る原因

beautiful young woman with towel on the head

女性にとって「老け顔」の象徴ともなるのがシワです。
そのシワが出来る原因は、実は様々あります。

大きく分けると原因は6つ。
ひとつめは、紫外線によるシワです。
紫外線はシミを作るイメージも強いですが、
紫外線が肌に与えるダメージはシワの原因にもなるのです。

主に紫外線対策をしておらず、
肌のたるみからくるシワは紫外線が原因の場合がほとんどです。

二つめが、表情を作ることによって出来るシワです。
笑った時に出来る目の周りや口周りのしわや、
眉間に出来るシワなどその表情をよく作る場合に出来ることがあるものです。

三つめは、筋肉が衰えたことによって出来るシワです。
顔にある筋肉は、顔の皮膚や脂肪を支えているものですがその筋肉が衰えてしまうと
皮膚や脂肪を支えられなくなってしまいます。
顔全体がたるんでいたり、口や目のまわりにシワが出来てしまうのが特徴です。

四つめは、急激に痩せたことが原因で出来るシワです。
顔全体にシワが出来ているのが特徴で、
バランスの悪い食事をしている時にも出ることがあります。

五つめの原因は、間違ったスキンケアをしている場合です。
丁寧にスキンケアをしているにも関わらず、
シワが出来てしまっている場合は間違ったスキンケアをしていることが多いです。

力をいれてフェイスマッサージがシワのもとになっていることもあります。
そして、六つめは乾燥によるもの。
目の下や口に細かくて小さいシワがたくさん出ているのが特徴です。
こういった様々な原因によってシワが出来てしまいます。

オイリー肌の方がシワになりにくい?

シワが出来てしまう原因は様々ありますが、そのひとつに乾燥がありますよね。
逆に乾燥していない人、つまりオイリー肌の持ち主はシワになりにくいのでしょうか?

もちろん、乾燥という点においてオイリー肌、
つまり肌が乾燥していない人はシワになりにくいと言えます。

ただし、オイリー肌の人がシワになりにくいのは乾燥によるシワだけであって
それ以外の原因の場合では、十分にシワが出来る可能性があるのです。

「オイリー肌の人はシワができにくい」なんてよく言われることもありますが、
必ずしもそういうわけではないので、
オイリー肌だからといってシワのケアをしないというのは間違いですよ。

オイリー肌のメリットとデメリットは?

乾燥によるシワができにくいオイリー肌。
特に年齢を重ねるほどに肌が乾燥する場合が多いので、
オイリー肌ということは乾燥によるシワができにくいというメリットがあります。

また、30代を過ぎると肌の水分量が減って乾燥する傾向にありますが、
オイリー肌の場合は肌にツヤがあるため、若く見えるようになります。

オイリー肌のメリットは、
年齢とともに肌の乾燥やシワなどによる老けが出にくいという点です。

一方、オイリー肌のデメリットとしては
肌の油分の分泌量が多い10代〜20代にかけてニキビができやすいということです。

油分が毛穴につまってしまうことで、
その部分が炎症を起こしてニキビになってしまうのです。
オイリー肌は20代まではその付き合い方が大変ですが、
30代を過ぎていくと逆にメリットにかわるのです。

オイリー肌についてはこちらの記事もご参考に!

オイリー肌の効果的な肌ケアは?

オイリー肌の人はその付き合い方は難しく、
間違ったケアを行うとより肌を悪化させてしまう可能性があります。
では、オイリー肌の人はどのようなケアをしたらよいのでしょうか?

肌に合った化粧水を使用する

オイリー肌の肌のケア方法として大切なのが、
肌に合った化粧水を使うということです。

オイリー肌の場合、他の肌質と比べて
どうしても肌が潤っているように感じてしまいがちですが、
油分が多いだけであって水分量は年齢とともに減ってきてしまうため、
化粧水で保湿をしてあげることはオイリー肌でも重要なことです。

オイリー肌の場合はオイリー肌用の化粧水を使用するのがよく、
さっぱりと仕上げられることができます。

優しい洗顔

オイリー肌の人は、油分が多い分そこに雑菌などが増殖してしまうことがあります。
そのため、日々のクレンジングと洗顔が大切になってきます。

もちろんオイリー肌の人は、油分が多いことを気にして
洗浄力が強い洗顔力やクレンジングで過剰に洗っていることが多いです。

ですが、それで必要な油分まで取り去ってしまうと
肌への負担となってしまうため、余分な油分だけをとるようにしなければなりません。

そのため、ごしごしと洗わず優しく落とすようにしましょう。
洗顔料はしっかりと泡立てればなでるだけでも泡が汚れを落としてくれますよ。

動画では優しい洗顔方法についてご紹介しています。

目元と口元のケア

顔の中でも目元と口元には皮脂腺つまり油分が出てくるところが少ないです。
特に他の部分と比べるとオイリー肌の人は
目元や口元か乾燥してしまう傾向が強いため、
目元や口元だけにはしっかりと油分を足すようなスキンケアを行うようにしましょう。

まとめ

2016-04-11c

オイリー肌の人は、肌に油分が多いため乾燥からくるシワはできにくいです。
ですが、シワが出来てしまう原因は決して乾燥だけではない為に、
オイリー肌の人がシワにならないわけではないので、
そこを間違えないようにしてくださいね。

オイリー肌の人はどうしてもニキビとの戦いがありますが、
30代も過ぎれば肌のツヤになります。
油分を摂りすぎることなく上手にオイリー肌と付き合っていくことが若く見えるポイントになりますよ。