お肌は女のバロメーター。
理想を言ってしまえば、化粧も何もしていないスッピンの状態で
ツルツルスベスベを維持する事ですが、なかなかそうはいきません。

カサカサお肌やオイリー肌、シワやシミ、ソバカスなど悩みの種は尽きないもの。
今回はそんな肌の悩みを一掃するお肌対策を御紹介致します。

オイリー肌の悩み

2016-05-04b

肌の悩みの多くは脂質と言われるところから考えて
乾燥肌、普通肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌と呼ばれる状態から
特にギトギト、ベトベトのオイリー肌が気になると言われる方が多いようです。

オイリー肌とは何らかの原因によって皮脂の分泌量が過剰になっているお肌の事で、
反対に乾燥肌はお肌の水分量が30パーセント以下まで低下した状態をいいます。

よくオイリー肌と乾燥肌は反対のイメージがありますが、
オイリー肌でさらに水分量が低下して乾燥肌にもなっているという人もいますので注意が必要です。

皮脂の分泌量をコントロールしているのが
男性ホルモンの一種であるテストステロンやステロイドの一種であるアンドロゲンです。

このホルモン達の働きは皮脂線を増やす、皮脂を合成する、
皮脂線を活性化し分泌量を高めるといったものです。

ただし、このホルモン達の働きも生活習慣の悪化や
仕事や人間関係でのストレス、遺伝的な要因によって
ホルモンの分泌バランスが崩れてしまうと皮脂の過剰分泌も起こり、
それによりオイリー肌になってしまうというわけです。

オイリー肌になりやすい年代

オイリー肌はホルモン分泌の過剰分泌でなりやすいと話しましたが、
これらのホルモン達がとても活発になる時期が二回あると言われています。

一回目は思春期でもう一回は30代後半から40代にかけてと言われています。
これらの時期はオイリー肌になりやすいという事です。

特に思春期にオイリーにだった女性は比較的アンドロゲンの影響によって
40代までホルモンの分泌量が多く、オイリー肌になりやすい傾向にあります。

オイリー肌のケアについてはこちらの記事もご参考に!

オイリー肌の原因と対処法

オイリー肌はストレスや生活習慣の悪化でなりやすいと述べましたが、
他に食生活もオイリー肌に深い関係があります。

当たり前の事かも知れませんが、脂質の過剰な摂取はいけません。
例えば飽和脂肪酸を多く含む牛脂やバター類、ラードや肉類は要注意です。

もともと皮脂を分泌する皮脂線は体内の余分な脂を体の外に排泄する為の器官ですが、
食べ過ぎると毛穴が詰まりやすくなります。

対処法として基本的な事はお肌のケアです。
洗顔をキッチリとする事、保湿をしっかりとする事、皮脂を取り過ぎない事。
それでも、皮脂をコントロール出来ない原因は残ります。

外でのストレス、家でのストレス、
生活習慣の乱れなど数え上げたらキリがありません。
そんな人に是非、試して頂きたいのはトレチノインです。

美肌効果のトレチノインとは?

トレチノインとはもともと人間の体内に微量に流れている物質で
ビタミンAの50倍から300倍の生理活性があると言われています。

ビタミンAは古い角質を剥がし皮膚の再生を促す効果があり、
美肌効果としても広く知られている物質です。
その300倍もの美肌効果があると言われているのですから、ものすごい効果が期待出来そうです。

では、一体どんな効果があるかというと
古い角質を剥がして新しい皮膚の再生を促します。
そして、皮脂線の働きをコントロールして過剰な分泌を抑えます。

次に美肌作りに必要なコラーゲンの生成を促し、
ヒアルロン酸などの分泌を促進するため小ジワを取り除き、みずみずしい肌に仕上げます。

トレチノインは市販でも手に入れることができます。
ですが、いつも使っているようなスキンケア用品より
刺激が強く感じる場合もあるので注意が必要です。
不安な時は使う前にお医者さんに相談してみましょう。

トレチノインのメリットとデメリット

上記でメリットは十分に伝わったと思いますが、
トレチノインには幾つかのデメリットがあります。

まず、一つは日本では未認可の為に個人輸入で使う場合は全て自己責任となります。
そして、用法容量を守って使用しないと刺激が強い為に新たな肌のトラブルを起こしかねません。

また、塗布した際にピリピリとした刺激や赤みが出る事もあり、肌の弱い方は注意が必要です。

まとめ

2016-05-04c

日本では未認可な為、使用する際には自己責任で注意が必要ですが、
生理活性作用は計り知れないものがあります。

オイリー肌がどうしても気になると言われる方は用法容量をしっかりと守って、
是非一度この魔法の薬を試してみるのも良いかも知れません。