あなたはオメガ3脂肪酸という栄養素をご存知でしょうか。
健康に良いとされるエゴマ油やアマニ油にも多く含まれています。

このオメガ3脂肪酸は体内で生成できない栄養素なので、
食品から摂取する必要があります。

そこで手軽に食べることができるカシューナッツから摂取することを考えたいのですが、
しかしながら、カシューナッツはオメガ3脂肪酸の摂取には不向きな食品です。
このことについて、ご説明していきます。

オメガ3脂肪酸は生活習慣病の予防に効果あり!

2015-08-06-1b

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸のことです。
このオメガ3脂肪酸の他にも不飽和脂肪酸には、オメガ6、オメガ9脂肪酸があります。

このオメガ3脂肪酸には、α-リノレン酸という成分があります。
このα-リノレン酸は、体内でDHP、EPAという成分に変化します。
このDHP、EPAは脳の細胞を活性化させたり、血液をサラサラにしてくれたり、
そして、血液中の脂質濃度を下げてくれるのです。

このようなオメガ3脂肪酸が持つ作用によって、コレステロール値や中性脂肪を下げ、
動脈硬化、心筋梗塞、認知症、ガン、高血圧、脂肪肝、高脂血症、
メタボリックシンドロームの予防に働いてくれるのです。

また、EPAの炎症を抑える効果によって、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を緩和してくれます。

このように生活習慣病などの予防に効果のあるオメガ3脂肪酸ですが、
体内で生成することはできません。したがって、
オメガ3脂肪酸を含む食品から摂取しなければならないのです。

そこで、今回はナッツ類であるカシューナッツからオメガ3脂肪酸を効率的に摂取できるのかどうか、考えてみましょう。

カシューナッツはオメガ3脂肪酸の摂取に不向き!

最初に結論を言ってしまいますが、オメガ3脂肪酸の摂取には、
残念ながら、カシューナッツは全然向きません。

なぜならカシューナッツ自体に含まれているオメガ3脂肪酸の量が少ないからです。
ナッツ類において、オメガ3脂肪酸の含有量がダントツに高いくるみは、
カシューナッツの約7倍となっています。

したがって、カシューナッツで必要なオメガ3脂肪酸の量を摂取しようとすると、
大量に食べなければならないのです。

しかしながら、このカシューナッツの過剰摂取には、いくつか問題が現れてきます。
それはカシューナッツというのは、もともと脂質が多い食品です。
この点は意外かもしれませんが、カロリーも高く、高脂質となっています。

したがって、大量にカシューナッツを摂取することは、健康のためにもおすすめできません。
このような問題があるので、別の食品から摂取する方法を模索した方が良いでしょう。

また、もう一つの問題点として、同じ不飽和脂肪酸であるオメガ6、
オメガ9脂肪酸の過剰摂取になってしまうのです。特にオメガ9脂肪酸に関しては、
普段の食事から必要な分を摂取することができています。

これは植物油に多く含まれているからですね。
したがって、オメガ9脂肪酸が不足することはないので、
必要以上に摂取することは避けた方が良いでしょう。

以上のような問題点から、同じナッツ類からの摂取を考えると、
くるみを食べることをおすすめします。

こちらの記事でもオメガ3脂肪酸について詳しく説明しています。

おわりに

2015-08-06-1c

いかがでしたでしょうか。オメガ3脂肪酸は健康のために欠かすことのできない栄養素です。
しかしながら、人間の体内で生成することが不可能なので、
普段の食事から摂取することを考えなければなりません。

そこで今回は手軽に食べることができるカシューナッツを取り上げましたが、
身体に必要なオメガ3脂肪酸を確保する点に関しては、向いていない食品であると言えるでしょう。
より効率的なものと考えると、同じナッツ類では、くるみが一番なのです。

このナッツ類以外では、エゴマ油、シソ油、アマニ油、緑黄色野菜などにも
オメガ3脂肪酸は含まれているので、それらから摂取することを検討してみても良いでしょう。

オメガ3脂肪酸はさまざまな病気の予防に効果があります。
したがって、身体に不足しないように心掛けましょう。