アサイーボウルは最近人気になっていた食べ物のひとつですよね。
カフェだけではなくコンビニなどでも購入することが出来るようにもなるほど、
アサイーがスーパーフードとして注目を浴びているのです。
ですがアサイーボウルよりも美容効果が高いとされ、
最近話題となっているのがピタヤボウル
ピタヤボウルとは一体どういったものなのでしょうか?

ピタヤボウルとは?

2015-08-03-2b
参照:http://www.plaholi.com
ピタヤボウルはアサイーボウル同様にハワイ出身のスーパーフード。
でもピタヤボウルとは一体何者なのでしょうか?
ピタヤとは、日本でいうドラゴンフルーツのことをさしています。
ドラゴンフルーツはサボテンの仲間のサンカクサボテンの果実のことです。
ピタヤボウルはピンク色が特徴でもありますが、
私たちが一般的にイメージするドラゴンフルーツは白い果肉のイメージがありますよね。
日本でメジャーなのは赤い皮で白い果肉のものですが、
ピタヤボウルに使用されるものは赤い皮に赤い果肉のレッドドラゴンフルーツといわれているものなのです。
アサイーボウル同様にピタヤボウルも果肉をピューレ状にしてグラノーラなどとあわせたものになっています。
ドラゴンフルーツの方が甘みが強いために、アサイーボウルよりも食べやすいとも評判です。

ドラゴンフルーツの栄養とその効果とは?

ドラゴンフルーツがスーパーフードと呼ばれる所以にその豊富な栄養素があります。
ビタミンB1、B2、B6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、
ビタミンC,、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、鉄分などが含まれています。
果物の中ではカリウムとマグネシウムの量が一番ともされているほどです。
体がむくみやすい人はカリウムを摂取することでむくみ解消につながりますし、
マグネシウムは代謝アップにも効果があります。
鉄分と葉酸という点を見ると、妊娠で鉄分が不足し、
胎児の脳細胞のためと考えると妊婦さんにはおすすめの果物ともいえます。
また水溶性の食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果が期待できます。
ドラゴンフルーツの特徴でもある粒々の黒い種も、体内に入ると
腸を刺激してくれるので便秘に効果的だと考えられるのです。
また水溶性食物繊維の特徴として水分を吸収して膨らむというものがあります。
そのため、食べるとお腹の中で膨らんでくれるので食べ過ぎるということも防止してくれるのです。
そのため、ダイエットのサポートにもなります。
ドラゴンフルーツには強い抗酸化作用があります。
特にレッドドラゴンフルーツの赤色の成分でもあるベタシアニンは特に強い抗酸化作用があるため
体内の活性酸素を除去してくれるため、老化防止つまりアンチエイジング効果が期待できますよ。

ピタヤボウルは自宅でも作れる?

まだまだ日本ではピタヤボウルが広まっていないけど、ドラゴンフルールの効果を知ればぜひとも食べたいもの。
食べられるところがなければ作ればいい!
というわけで、ピタヤボウルの作り方をご紹介します。
まず用意するのが、レッドドラゴンフルーツとその他旬のフルーツ、グラノーラを用意します。
バナナは相性がいいのでおすすめです。
ドラゴンフルーツは4等分にカットすると、あとは皮の部分を持って
果実部分を押し出すようにすると簡単に実だけはがれるのでそのようにして皮をとってください。
皮をはいだドラゴンフルーツはミキサーにかけます。
バナナを用意した場合には、バナナも一緒にミキサーにかけると
より甘みが増して食べやすくなります。
これでピタヤピューレは完成。
カットしたフルーツとグラノーラとあわせて盛り付ければ完成です。
ピューレにココナッツオイルを数滴たらすとより美容に効果的ですよ。
ドラゴンフルーツさえ用意できればとても簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね。

もっと手軽にピタヤボウルを作れる、ピタヤピューレも市販されていますので
こちらを使えば少し手間が省けますよ。

ドラゴンフルーツの種類は?

レッドドラゴンフルーツが抗酸化作用が特に強いため、
ピタヤボウルの人気が高まっていますがもちろんそれ以外のドラゴンフルーツも同様の栄養価があるために、ドラゴンフルーツを食後に食べるなどするのもおすすめです。
ではドラゴンフルーツにはどういった種類のものがあるのでしょうか?

ホワイトピタヤ

日本でもよく知られている赤い皮に白い果肉のドラゴンフルーツです。
流通も一番多いものなので、手に入れやすいのも特徴です。
粒々の黒い種があるため、キウイに似ているような感覚ではありますが、
キウイほど酸っぱくないです。

レッドピタヤ

これはここで症お買いしているレッドドラゴンフルーツのことです。
赤い皮に赤い果肉が特徴で、食べた感じはホワイトピタヤとほとんど同じですが、
ホワイトピタヤよりも水分が多く甘みが強いです。

ピンクピタヤ

ピンクピタヤはホワイトピタヤとレッドピタヤの交配種です。
皮は赤ですが、果肉はピンク色なのが特徴です。
甘みはドラゴンフルールの中で一番甘いですが、さっぱりしているので食べやすいですよ。

ゴールデンドラゴン

皮は黄色く果肉は白いという見た目だけで、
食感や味などはほとんどホワイトピタヤと同様です。

イエローピタヤ

ゴールデンドラゴン同様に皮は黄色ですが、
イエローピタヤはハシラサボテンセレニケレウス属のもののため他のピタヤとは種類が異なります。
果肉も黄色く、見た目はごつごつした突起があるのも特徴です。
酸味が少なく甘みが強いので食べやすいのが特徴です。

まとめ

2015-08-03-2c
アサイーボウルに次ぐ流行になりそうなピタヤボウル。
アサイーよりも抗酸化作用とミネラルが豊富に含まれているので、
女性にはぜひとも食べたいものですよね。
ドラゴンフルーツはちょっと大きめのスーパーであれば手に入れるようになってきているので、
ぜひ自宅でピタヤボウル食べてみてくださいね。