女性がバストアップを目的として飲む『プエラリア』が
男性を中性化するという噂もありますが、
実際のところプエラリアを飲むだけで男性が確実に中性的になれるというわけではないようです。

むしろ、健康を害するリスクが恐ろしいため、
安易に使用してはいけないそうです。

これを読んでプエラリアの危険性を良く知っていただきたいです。

プエラリアとは?

プエラリア(プエラリア・ミリフィカ)は、タイ北部に自生するマメ科の植物で、
美容と健康に良い食べ物として古くから愛されていたそうです。

このプエラリアの最大の特徴は、
大豆のイソフラボンより何倍も優れた成分を含んでいる所になります。

女性ホルモン(エストロゲン)と良く似た物質であるデオキシミロエステロールや
ミロエステール、イソフラボン誘導体を多く含んでいるプエラリアには、
バストアップ効果や美肌効果、更年期障害を改善する効果などがあります。

しかし、効果が優れている分副作用があり、生理不順やにきび、肌荒れ、
下痢、便秘、胃の不快感などの症状が出る場合もあります。

また、妊娠・授乳中の方や未成年、生理中の方、
他のホルモン剤を服用されている方、癌治療をされている方、
その他の病気を治療されている場合などは、
身体に悪影響を及ぼす危険性もあるので使用を控えなければいけません。

中性化について

近年、男性の中性化が増えてきていて、男性が洗顔や化粧水を使用したり、
美白や脱毛に興味を示したりすることは珍しくありません。

中性化は、女性になりたいという訳ではなく、女性のようなきれいな肌や
ファッションを楽しむことに憧れを抱いている男性のことになります。

女性が中性化し男らしくなる一方で、男性が美しさを求めるようになったのです。
これによって所謂草食系、独身男性が増加し、
男性が中性化することで結婚に対する意欲が減少しているとも言われています。

具体的に男性が中性化するためには、自慰行為を禁止したり、
女性ホルモンを注射・服用したり、紫外線予防をしたりなどがあります。

しかし、間違った知識で中性化しようとすると、恋愛対象が変わってしまったり、
将来子供を授かることが出来なくなってしまう危険性もあるので注意しなければいけません。

こちらの記事でも中性化について詳しく説明しています。

プエラリアでの中性化は可能なのか?

男性がプエラリアを飲むことで、女性のように胸が大きくなったり、
ふっくらした身体になったりすることができるのでしょうか。

まず、プエラリアを男性が飲み続けたとしても
1年でBカップ程度と言われており
プエラリアによるバストアップの効果は微々たるものであると言えます。

さらに、男性の身体に女性ホルモンが増えると
男性ホルモンが減少し、男性の性機能に影響が現れます。

未成年でまだ身体が発育途中の男性がプエラリアを飲むと、
生殖能力を失う恐れもあります。

また、男性がプエラリアを飲むと乳腺が発達し、
乳がんを発症する割合が女性とほぼ等しくなるとも言われていて、
他にも頭痛や吐き気、精神的な不安定さを伴うこともあるそうです。

プエラリアによって得られる中性化の効果には、体毛が細く薄くなったり、
髪もしなやかになり、肌が色白になり、筋肉量が減り、
身体がふっくらとした丸みを帯びてくるなどがあり、
乳腺もわずかながら発達するので、乳首が敏感になったり乳房にしこりのようなものができるケースもあります。

プエラリアについてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

2015-09-22c-2

今回は、プエラリアで男性が中性化するのかということで、
プエラリアと中性化について詳しく説明してきました。

男性が『女性のように美しくなりたい』という願望を、
プエラリアが必ずしも叶えてくれるわけではないということが分かりました。

それ以上に、男性の体の中で女性ホルモンが増えるということには
様々なリスクがあり、中性化したいからと言って安易に飲み続ける
物ではないということを知っていただけたかと思います。

これらを知った上で、体毛や体つきなどの男性的特徴を弱めるために
プエラリアを使うべきなのか、良く考えてから使用することをお勧めします。

また、プエラリアの効果がどのような形で現れるのかも人それぞれなので、
確実に効果を実感できるという保証はないと言えます。