冬になると様々なウイルスが原因による病気が増えますよね。
ロタウイルスによるロタウイルス感染症もそのひとつです。

大人だと感染する人は少ないですが、
子供がいるパパやママなら一度ぐらいは耳にしたことがある感染症です。

ロタウイルスとは具体的にどのようなものなのでしょうか?
さらに、予防には何が効果的なのでしょうか。

ロタウイルスとは?

Baby crawling

ロタウイルスとはいったいどういうものなのでしょうか?
ロタウイルスはロタウイルス感染症を引き起こす原因のウイルスです。

ロタウイルスは感染力が強いというのが特徴で、
特に小さい子供である生後6か月から2歳ぐらいまでの中で感染が広がることが多いです。

ロタウイルスは、冬になると活発になるため
秋から冬にかけて集団感染することも多く、
6か月から2歳ごろまでの子供で下痢になる子のほとんどの原因がロタウイルスとされています。

ロタウイルスに感染すると、
とにかく嘔吐と下痢の症状が出るのがロタウイルス感染症の特徴です。

下痢に関しては、水っぽいのはもちろんですが白っぽくなるのも
ロタウイルスの症状になります。

38〜39度近くの高熱が出ることもあります。
嘔吐と下痢が続くため、脱水症状を引き起こしやすいため感染した場合には
水分補給に気を付けなければいけません。

ロタウイルスには特効薬がないため、治療は対症療法のみになります。
嘔吐は大体1〜3日ぐらいで落ち着きますが、下痢は1週間程度続きますよ。

ロタウイルスの予防法は?

感染力の強いロタウイルスだからこそ、予防することが大切です。
では、ロタウイルスを予防するにはどのようにしたらよいのでしょうか?

ロタウイルスは、接触・経口感染するウイルスです。
特に手を口に入れやすい6か月から2歳ぐらいまでの子供は感染しやすいのも納得ですよね。

ロタウイルスの予防法として効果的なのは、とにかく手洗いうがいをすること。
手を口に入れる前に手洗いをして、
うがいをすればウイルスが体内に入ることを防ぐことができます。

さらには、除菌などを意識して行うこともロタウイルス予防として効果的です。
また、ロタウイルスの予防接種をしておくことで症状が悪化することを防ぐことにもなりますよ。

手ピカジェルは効果的?

とはいえ、手を洗えない状況はよくありますよね。
小さい子供などは、ものを食べるわけでもない時でも
手を口に入れてしまうからこそ、いつでもどこでも手を除菌できるものがほしいですよね。

アルコールで除菌できる手ピカジェルは、
子供のいるママの必須アイテムにもなっているほどです。

ですが、残念ながら手ピカジェルにはロタウイルスへの効果は少ないです。
というのも、ロタウイルスの特徴のひとつにアルコール消毒への抵抗力があるからです。

普通のアルコール消毒では基本的に除菌することが出来ず、
そのためロタウイルスの除菌として塩素系の漂白剤が使用されることが多いのです。

ですが、最近手ピカジェルに手ピカジェルプラスというものが発売されました。

この手ピカジェルプラスは通常の手ピカジェルのように
細菌やウイルスの除菌に効果を発揮しますが、
同時にロタウイルスやノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスという
アルコール消毒に強いウイルスの除菌にもつながるのです。

なので、ロタウイルスも除菌したい場合には手ピカジェルではなく
手ピカジェルプラスを使うようにしてください。

手ピカジェルプラスの使用方法とは?

手ピカジェルは当たり前ですが、手に使うものです。
手を洗えない時や、手を洗った上にさらに除菌として使いますが、
それ以外にも使い方はあるのでしょうか?

ドアノブなどの除菌

手ピカジェルプラスは、手につかうことで経口感染や接触感染の予防となります。
ですが、それ以外にもドアノブなどの除菌にも効果が期待できます。
布などに手ピカジェルプラスをつけて、
ドアノブなどウイルスがつきやすい部分をふくことで、除菌になりますよ。

机の除菌

ドアノブの除菌同様に、机の除菌にも効果的です。
布巾などに手ピカジェルプラスをつけてふくだけでOKです。
アルコールの消毒よりも強い効果が期待できるので、
ウイルスが繁殖しやすい冬には使いたいものです。

まとめ

2016-02-18c

ロタウイルスは、生後6か月ぐらいから2歳ぐらいまでの子供に多い感染症を引き起こす原因のウイルスです。

感染症を引き起こすと、
白っぽい下痢に嘔吐、高熱などが特徴的な症状です。

ロタウイルスは感染力がとても強いだけではなく、
アルコール消毒には抵抗力があるため感染が広がりやすいです。

その予防として、手ピカジェルプラスはロタウイルスなど
アルコールに強いウイルスにも効果的なアイテムを使ってみてくださいね。