紫外線という言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思います。
私たちが生活する上で、切っても切れない関係にあるのが紫外線。

紫外線は肌に悪い、なんてよくいわれますが
どうして肌に悪いといわれてしまうのでしょうか?
また、対策として何があるのでしょうか?

紫外線とは?

2016-03-05b

紫外線とはよくいうものの、紫外線は一体どういうものなのでしょうか?
紫外線=太陽光、と思っている人がいます。
それは正しくはありません。

紫外線は、太陽の光のひとつではありますが太陽の光では間違いです。
なぜなら、太陽の光の中には、可視光線・赤外線・紫外線の3つがあるからです。

可視光線は、いわゆる私たち人間が「太陽の光」として
目で確認することができる光のことをいいます。

太陽の光の中でも、目に見えないのが赤外線と紫外線なのです。
そして太陽の光の中でも特に波長が短いのが紫外線なのです。
波長が短くてもエネルギーが高いというのも紫外線の特徴です。

紫外線の影響は?

紫外線は肌に悪い、とよく言われますが
どうして紫外線が悪いと言われるのでしょうか?

また、紫外線をあびることでどんな影響があるのでしょうか?
紫外線は、太陽の光のひとつで地上にまで届く光でもあります。

紫外線の中にもその波長の長さによってUVA・UVB・UVCの3種類にわけられます。
紫外線の中のUVCは地上にまで届かない光ですが、UVAとUVBは地上にまで届く光です。

特にUVAはよく耳にすることが多いですが、
それはUVAは物質を通りやすい光なので雲などの影響もほとんどなく私たちに降り注ぐからです。

一方UVBはオゾン層に吸収されて一部だけが私たちの地表にまで届きます。
そもそも紫外線は、肌に届き肌に影響を与えてしまうから悪いものとされているのです。

私たちの肌へ紫外線は刺激となって届くと、
体内でメラニン色素というものが作られてしまいます。

メラニン色素は、まさにシミやそばかすなどの原因になるものです。
ある程度の量のメラニン色素は肌を守るために必要ですが、
紫外線をたくさんあびてしまうことで
メラニン色素が出来過ぎてしまうとシミやそばかすになってしまうのです。

さらにUVAは、その光線自体の影響は弱いのですが
肌の奥にまで届いてしまうという作用があります。

メラニン色素だけではなく、
肌の弾力やハリをなくすという作用もあるのです。

また、UVBは一部しか届かないけれどもその作用はとても強いです。
短時間あびただけでも肌に多大な影響が出てしまいます。

UVBは影響が強すぎるため、
肌の表面にある表皮細胞やDNAを傷つけるという働きもあるため、
影響力が強いとされているのです。
もちろん、紫外線は皮膚がんの原因になるともされています。

日焼けについてはこちらの記事もご参考に!

紫外線対策に手袋は効果的?

紫外線をあびると、しみやそばかすができるだけではなく
しわやたるみの原因にもなってしまいます。

特に女性は、紫外線をあびないようにと「顔」を気にすることが多いですが、
実は年齢があらわれやすいのは「手」であることが多いです。

きれいな顔の女性も、手がしわやたるみになっていると
一瞬で年齢がわかってしまいます。

日焼け止めを塗っているといっても、
夏場などは特に汗をかきやすい部分で日焼け止めが落ちてしまいがちです。

そこで手の紫外線対策として手袋効果的なのです。

いわゆるアームカバーといわれるようなものですが、
最近ではかなりの種類が売られています。

紫外線をあびないようにすることが
紫外線を対策するには一番だからこそ、手袋は紫外線対策に効果的なのです。

色は黒が一番いいですが、暑ければ白でもOKです。
素材も様々ありますが、
紫外線吸収剤というものが含まれているものがおすすめですよ。

その他の紫外線対策は?

では、日焼け止めや手袋以外にはどのような紫外線の対策ができるでしょうか?

帽子をかぶる

特に女性の間では日焼け対策として帽子は定番になってきていますが、
帽子は紫外線の対策としては効果的な方法です。

特につばが広いタイプの方がより紫外線を遮断するのに効果的ですよ。
なにより、頭は太陽から一番近い部分にある上、
頭皮のための日焼け止めはないからこそ帽子は頭皮の日焼けを防止するためにも大切なのです。

日傘

紫外線対策の重要性がいわれるようになったことから、
日傘売り場も拡大して素敵なデザインの日傘も売られるようになってきていますよね。

紫外線対策の中でも特に効果が高いのがこの日傘です。
なぜなら、日傘1本で上半身全体を紫外線から守ってくれるからです。

まとめ

2016-03-05c

紫外線は、太陽の光の中でも私たちの肌に影響を与える作用がある見えない光線です。

肌に刺激を与える紫外線には、
UVAとUVBという2つの種類があります。

UVAは威力は弱いですが、
皮膚にダメージを蓄積させてしみやそばかす、しわやたるみの原因となります。

さらに、UBVはオゾン層に吸収されて一部だけが地表に届きますが、
威力が強い分肌に強い刺激を与え、
DNAや表皮細胞を傷つけてしまうこともあるほどなのです。

紫外線を対策しにくい手にはアームカバーで対策するのが一番。
それ以外にも、日傘や帽子でも紫外線対策をすることができますよ。