お肌をきれいに見せるためのベースメイク。
特にファンデーション選びには気を使っているという人も少なくないと思います。

ですが、ファンデーションの塗り方や落とし方などで、
お肌に色素沈着を引き起こしてしまう可能性があることを、ご存知でしょうか。

今回は、ファンデーションが原因の色素沈着についてと、
それを防ぐための方法について、ご説明します。

ファンデーション前に、化粧下地は必ず付けよう

化粧下地は、ファンデーションのノリを良くするためだけのもの、
と思ってはいませんか?

中には、「時短メイク」と称して、
下地を付けずにいきなりファンデーションを塗る人も見かけます。

ですが、この塗り方は大変危険なことです。
化粧下地が必要な理由は、
仕上がりの問題だけではなく、美肌を保つという役割もあるためです。

まず、紫外線を防ぐ効果がファンデーション単体よりも高くなります。
また、化粧崩れを防ぐという観点からも、
紫外線のダメージは下地があった方が少なくて済みますよね。

また、ファンデーションの刺激から肌を守るという役割もあります。
ファンデーションは、肌トラブルを隠す機能が向上している反面、
お肌への刺激が強いものが増えています。

ですから、化粧下地による保護が無い状態でお肌に直接塗ってしまうと、
その刺激が直接お肌に加わってしまうためです。

このように、化粧下地は、紫外線やファンデーションの刺激によって、
シミや色素沈着からお肌を守ってくれるのです。

ですから、BBクリームなどの特に下地不要のもの以外を塗る時は、
化粧下地を必ず付けましょう。

ファンデーションを塗る時に、ゴシゴシとこすってはダメ!

下地をちゃんと付けたとしても、ファンデーションの塗り方によっては、
やはり色素沈着のリスクが発生してしまいます。

それは、パフやスポンジで
お肌をゴシゴシとこすってしまうことによって起こります。

既にできているシミや吹き出物を隠すために、
念入りにファンデーションを擦り込んだりするとその刺激が蓄積されて、
結果的に肌荒れやシミ、色素沈着を引き起こします。

もちろん、毎回血が滲むほどこするような化粧の仕方をしている人は
いないと思いますが、小さな刺激でも蓄積されれば大きなトラブルの元になります。

ですから、ファンデーションを塗る時は、
リキッドタイプもパウダータイプもこすらず優しく叩き込む方が、
刺激が少なくて済み、色素沈着のリスクを下げられます。

色素沈着対策についてはこちらの記事もご参考に!

一日の終わりには、きちんとメイクを落とそう

仕事に遊びに忙しい人が、よくやってしまいがちなのが、
メイクを落とさずに眠ってしまうこと。

酔って帰ってきた時などは、
ついついそのままベッドへ……という流れになっていませんか?

言うまでもありませんが、これももちろんお肌への負担が大きいのです。
こんな生活を続ければ、肌に疲労が蓄積し、
シミやシワなどのお肌の老化の原因になってしまいます。

特にベースメイクは、夜には一日かいた汗や皮脂、
空気に晒されてついたチリやホコリなどをたっぷり含んだ状態になります。

これを落とさずに眠ってしまうと、
この汚れたファンデーションが毛穴に詰まり、吹き出物などの原因になります。

また、お肌が汚れた状態で眠ることで、ターンオーバーを妨げ、
お肌で作られたメラニンを古い角質に乗せて排出しにくくなり、
結果的に色素沈着を引き起こすことにもなってしまうのです。

ですから、お化粧をした日はそのまま眠らず、
しっかり洗顔をして、メイク残りが無いように心がけましょう。

まとめ

2015-09-08c-1

いかがでしたでしょうか。
ファンデーションが原因で起こる色素沈着と、その防ぎ方についてご説明しました。

このように見ると、時間が無い、素早く肌トラブルを隠したい、
疲れているからすぐに眠りたいなど、忙しさが原因となることが多いようですね。

通常の使い方であれば、
ファンデーション自体に色素沈着を起こすほどの強い成分は入っていません。

ですが、使い方によっては、お肌に大きな刺激となってしまうものですから、
注意を払うに越したことはありませんよね。

一度色素沈着を起こしてしまうと、
なかなか元の綺麗なお肌に戻ることは難しいものです。

忙しいことはやむを得ない場合もあるとは思いますが、
長い目で見た美肌の維持のために、お化粧や洗顔に時間をかけてみてはいかがでしょうか。