いつのまにか顔に浮かび上がっているシミは見るたびにため息をついてしまいます。

シミを除去すると言うと美容クリニックで
レーザー除去がすぐに思い浮かぶのではないかと思われますが、
もし普通の皮膚科で普通に治療出来るなら、その方が良いですよね。

実は普通の皮膚科でレーザーを使わずに治療出来るシミもあるのです。

シミの種類

2016-05-02b

シミには色々な種類があります。
その種類ごとに治療方法が違うので治療に手間や時間が掛かるのです。
女性ホルモンが原因である肝斑(かんぱん)、かぶれ湿疹
強い刺激などの痕が残った炎症後色素沈着症
日光に長時間あたった事により30代から40代ぐらいから現れ始める老人性色素斑
紫外線の影響で出来る良性の腫瘍の一種である脂漏性角化症
色白の人に良く現れる雀卵斑(そばかす)、
20代を過ぎて両頬に現れる遅発性両側性太田母斑様色素斑など、
こうやって挙げるだけでもちょっと読むのが嫌になるぐらい多様で、
しかもこれらが複合して出現している事が多いのです。

このすべての治療方法が違うのですからそれは時間も手間も掛かる訳ですよね。
なんだか考えただけでげっそりとしてしまいます。
そのため、シミの治療でまず大切なのは、
これらのシミの種類をちゃんと見極めて個別に治療をしてくれる
経験豊富なお医者様を見付ける事なのです。

普通の皮膚科で治療出来るシミは?

それでは普通の皮膚科でレーザー治療などを使わずに
ある程度は保険適用で治療出来るのはどんなシミのどんな治療なのでしょうか。

まずは、女性ホルモンのバランスが崩れるせいで現れると言われている肝斑(かんぱん)です。

この肝斑は顔の左右対称に現れるという大きな特徴があり、
頬の上などによく見られます。

だいたい30代から40代ぐらいに現れ、
ビタミン剤トラネキサム酸などの内服薬と
ハイドロキノントレチノイン酸などの美白外用薬で治療される事が多いシミです。

ただこのシミはホルモンバランスが落ち着く閉経後には進行しなくなり、
薄くなる事もあるようです。

次に皮膚科の治療がふさわしいシミが炎症後色素沈着症です。
これは文字通り炎症の痕が残った結果シミになったもので、
治療には刺激を避けながらハイドロキノンやトレチノイン酸などの美白外用薬を用います。

これら以外のシミはレーザー治療を併用する事が多く、
経験豊富なレーザー治療専門の美容皮膚科を選ぶのが良いでしょう。

また、シミの美白外用薬であるハイドロキノンとトレチノインは
市販でも手に入れることができます。

しかし、普段使いのスキンケア用品と違って刺激があり、
合わない場合もあるので注意が必要です。
ハイドロキノンとトレチノインについて基本的な知識があれば別ですが、
あまりよく知らずに使用するのはやめておきましょう。
心配な場合はお医者さんに相談してみてくださいね。

自宅でシミケア

ハイドロキノンを使用してお肌が荒れてしまったら元も子もありませんよね。
毎日綺麗なお肌でいれることが一番です!

そういう時に安心して使えるのが、シミを防いでくれる医薬部外品のクリームです。
シミへの効果を認められている医薬品ロスミンローヤルのお肌に塗るバージョンですね。

パラベン香料着色料鉱物油紫外線吸収剤アルコール
これら6つの添加物フリーなのでハイドロキノンのように強い刺激も少なく
敏感肌で今までシミ対策ができなかったあなたでも安心して使えます!

しかも、乾燥による小じわも目立たなくしてくれるので
紫外線や乾燥でダメージを受けたお肌のケアに一本もっておくと良いですね。

しみケアについてはこちらの記事もご参考に!

シミ治療の保険適用はどうなっているの?

やはり治療というからには料金が気になります。
出来れば保険適用の治療が安くて良いのは当たり前ですよね。

実は皮膚科でも保険が適用出来る治療と出来ない治療があります。
薬を使う治療では内服薬を使う物が保険適用している事が多い治療です。

また、レーザーは保険は利かないと思いがちですが、利く場合もあるようです。
実はこれにはお医者さんの判断が大きく関わってきます。
レーザー治療で保険が利くかどうかは、
まず厚生労働省認可のレーザー治療であるかどうかが問題で、
そして更に治療対象がアザであるかシミであるかで決まります。

実はレーザー治療はアザの治療は保険が適用出来て、
シミの治療は保険が適用出来ないのです。

例えばそばかすの元となっている事が多い太田母班
炎症後色素沈着症の中でも外傷性の物などはアザと判断されます。
保険の適用が気になる場合は治療した方の評判や
病院のお医者様の診断を確認して治療を決めるのが一番でしょう。

シミの治療に病院に行く際にやりがちな事

2016-05-02c

シミ治療を受けに病院に行く時にとても大切な事があります。
それはお化粧を一切しない事です。

そう、当たり前の事なのですが、
これって女性には結構難しい事ですよね。

周囲の見た目もありますし、
なにより紫外線に素肌を晒すなんてシミを増やしてしまう!
と、恐れおののく方もいるのではないでしょうか。

そこは頑張って日傘などで防御しながら病院へ行きましょう。
ちゃんとした状態で診て貰わないと治療は受けられません。

恥ずかしくても治療が大切なのです。
実際に皮膚科に早期に駆け込んで治った方もいらしゃるようです。

それともう1つ無理しても皮膚科に行った方が良い理由があります。
もしかしたら悪性腫瘍かもしれないという万が一があるからです。

早めの治療で安心出来るなら恥ずかしさやちょっとの苦労は
あえて受け入れようでは、ありませんか。