女性にとって美白は永遠のテーマであり、日常の日焼け対策をしながらも、
どうしても気になってしまうシミ。
そのシミが消える効果が高いといわれる話題のハイドロキノン
ハイドロキノンって一体何?初耳!という方もおられると思います。

今回はハイドロキノンの効果とその使い方などをはじめ、
副作用って無いの?という疑問など、詳しくご紹介していきたいと思います♪

ハイドロキノンって一体何?

ハイドロキノンって一体どんな成分でどのような仕組みでシミに効果があるのか?
初めてその名前を聞く方も、なんだか薬名の要素が強くて美容製品なの?と疑問もありますよね。
私も最初聞いたときは、何の薬なんだろう?と思ったのが第一印象でした。

では、成分とその仕組みについて、ご紹介していきますね♪
ハイドロキノンの成分原料はフェノールを酸化させたもので、
フェノールとは医薬品などの原料として広く使われており、消毒剤の元にもなる成分です。

また、このハイドロキノンの成分はイチゴ類や麦芽などの食品類海洋生物種の副産物として、
自然界にも天然に存在するものでもあります。

ハイドロキノンには強い漂白作用があり、
医薬部外品として美容分野や皮膚科などで処方してもらうことができる他、
ハイドロキノンの成分を(2%~4%程度)配合した軟膏やクリームなどはドラッグストアなどで市販されています。

シミを消す仕組みと根拠元は写真の現像などに使われている還元剤の成分と近く、
現像に使用しているうちに手が白くなったことから
美白効果として役割になるのでは?というところから発見されたものです。

特徴として他の美白成分との違いは、メラニンの生成を抑制することだけでなく、
出来てしまったメラニンを取り除く効果があるとされています。

一般的な美白化粧水などは、肌の角層までの作用があるのですが、
その更に下にある基底層にあるシミになる原因のメラノサイトを、
ハイドロキノンの還元力が漂白作用で働きかけるためといわれています。

通常の美白効果の高いビタミンCなどの成分などの10倍~100倍といわれており、
広く欧米でもシミ消しに効果的として美白目的の治療薬として主流に使われていたほどです。

ハイドロキノンの使い方

では、実際にどのように使えばいいの?その容量や用法はどの程度なの?
出来てしまったシミに効果があるのであれば、今すぐにでも使いたくなってしまいますよね~!
そして、薬剤として扱われているということは、副作用についても気になるところです。
そのポイントなどについてご紹介したいと思います。

入手方法成分率が4%以下の軟膏やクリームなどは
ドラッグストアなどで身近に手に入れることができますが、
より高い効果を得る為には5%を以上の濃度のものを使用することで、より実感することができます。

圧倒的な美白効果で人気の高いハイドロキノンですが、
美白とは言っても強い漂白作用があるので、その扱い方には制限が設けられています。

気になるシミがメラニンによるものなのか、それとも病気によるものなのか?
皮膚がんなどでは無いか?などの検査を、皮膚科や美容外科で受ける必要があり、
医師に処方してもらうことが必要になる場合もあります。

実際の使用方法や期間と副作用について
ハイドロキノンの成分を使用した際には、紫外線対策が常に必要になります。

塗布した部分に紫外線が当たることで、よりシミが濃くなってしまうこともあるので、
肌が綺麗な状態かつ紫外線の当たることが無い就寝前などが、最も適したタイミングと言えます。

また、シミの部分が剥がれ落ちることによって皮膚が薄くなっているので、
肌の保湿なども重要になります。

4%以下の成分配合の軟膏やクリーム類の場合

濃度が薄い物であれば、日常生活の中で使うのに取り入れやすく毎日使うことができます。
シミが気になる部分に塗布することと、日常の日焼け止めを併用することで、
今あるシミを薄くして今後のシミの発生を防ぐことができます。

使い始めて2~3週間程度で効果を実感することができます。
成分濃度の薄いものであっても、気になるシミが薄くなれば使用を控えるようにするようにしましょう。

過剰に使用することで、肌の弱い方に限らず炎症が起きてしまうことがあります。

5%以上の成分配合の軟膏やクリーム類の場合

一般的には医師の処方が必要となります。
目立つシミの部分にのみ塗布することが重要なポイントです。
それ以外の場所に使うことで、肌の色抜けによる白班などを引き起こす恐れもあります。

また、室内に居ても紫外線は窓などから入って来るので、
その部分を重点的に日焼け止めを塗ったり絆創膏などでガードする必要があります。

海外などから直接個人輸入をすることも可能ですが、
間違った使い方をすることでシミに有効な効果を得ることができず、
逆に肌荒れや白班などを起こしてしまうこともあります。

誰でも使えるの?

ハイドロキノンの成分を多く含む製品の場合には、医師の処方が必要になる劇薬といえます。

美容液の感覚で使用してしまうには、肌への危険も伴います。
妊娠中や授乳中の方は使用を控えるようにしましょう。

また、敏感肌アレルギー体質の方等は、しっかりと医師の指示に従って使用方法を守ることが重要です。

実際に使ってみた口コミや商品レビュー

まずは試してみたい!そう思われた方もおられると思います。
手軽に手に入れやすい低濃度のクリームはこちらです。

プラスキレイ プラスナノHQ クリーム5g

ナノカプセル化することで、ターゲットポイントでハイドロキノンが溶解し、
しっかりとシミにアプローチしてくれるので、効果も期待できコスパも良いので継続して使いやすいタイプです。

セットになっている高濃度25%のビタミンをお肌になじませてから
プラチナノHQクリームを気になる部分にちょこんと塗ります。

  • 実際に効果があったシミ取りは今の所これだけです!頬のシミが薄くなりました!
  • 通販サイトで、安くなっているときに買っています。自己流ですが、シミに乗せるようにおいて、小さく切ったラップでフタをして寝ると、シミが本当に薄くなります。レーザー治療も考えていましたが、必要ないくらいになりました。
  • 美容皮膚科のフォトでも、エステのシミ取りでもダメで、ほかに何かないかと探していました。
    口コミは賛否両論いろいろありますが、私には合ったようです。
    使い始めは本当に赤くなり皮膚がボコボコしたような感じになってしまったところもありました。
    一時休憩してもう一度始めるとだんだんと効果が出てきました。
    6ヶ月使用して1ヶ月休憩、今は2クール目に入りました。
    目に見える効果が楽しいです。
    はじめのうちは赤みが結構出るので、あまり外出しない時期にお使いになる方が良いかと思います。

コンシーラー厚塗りの毎日から、ナチュラルな自身の持てる透明肌を手に入れましょう(*^^*)

まとめ

  • ハイドロキノンは含有量によっては医師の処方が必要であること
  • ハイドロキノンは出来てしまったシミへの効果に有効的であること
  • 日常生活の上でも今後シミが増えないための対処も必要であること

いかがでしたでしょうか?

ハイドロキノン、気になっていはいたけれども実際に使ってみるには
不安という方も居られたことだと思いますが、しっかりと用法を守ること、
肌の敏感な方は医師に相談しながら使うこと、
また小さなシミなども成分含有量の少ない物からトライしてみるということです。

そして、何よりも、今後悩みの元になるシミを作らない対策を心がけるということです。
肌のターンオーバーを活性化し、肌本来の再生力をしっかりと自分自身が応援するということも大事で、
しっかりと寝て食べて、ストレスを溜め込まないライフスタイルを心がけて欲しいです。

特に良く言われている睡眠のゴールデンタイムの
午後10時~午前2時の間は全ての細胞の活性が行われる時間です。

緑黄色野菜などの食物から摂るビタミン類や、足りない分はサプリなどを使っても良いと思います。
適度な運動は血流の流れも良くし、顔色もより一層明るく保ってくれますよ♪
心も顔色も明るい毎日を過ごせるよう、シミ対策をライフスタイルにうまく取り入れながら過ごして頂きたいと思います。