冬の寒い時期になってしまうことが多い、しもやけ
ピリピリとした歯がゆいような痛みが特徴でもあるしもやけで、
足に出来ると歩くのも大変になってしまうのでしもやけかなと思ったら
病院へ行くことが大切です。

病院へ行くと薬を処方されますが、その薬のひとつがユベラ軟膏です。
あまり他では聞かないですが、ユベラ軟膏はどういった薬なのでしょうか?

また、しもやけ以外にも効果はあるのでしょうか?

しもやけとは?

2016-03-06b

しもやけは冬の時期になることが多いですが、
実際どういった症状なのでしょうか?
しもやけは、特に手や足の指先や鼻や耳などにできやすいです。
というのも、しもやけが出来る原因は血行不良です。

血行が悪くなると、血液で運ばれるべき栄養が行き届かなくなるのです。
栄養が届かなくなった部分は、
炎症やうっ血といった症状を引き起こし、それがしもやけになってしまうのです。

そのため、しもやけになった時には、
痛みやかゆみ、発疹などといった症状が出てしまいます。
足の指にしもやけが出来ると歩くのも大変になってしまうこともあるほどですよ。

しもやけにはユベラ軟膏が効果的?

しもやけになって病院へ行くと処方される薬のひとつにユベラ軟膏があります。
病院で処方されるものなので、
そこまで深くその薬について考えたことがないかもしれませんが
どうしてユベラ軟膏が効果的だとされているのでしょうか?

ユベラ軟膏の効果は、血行をよくすることと皮膚の保湿をすることです。
しもやけになる原因は、血行不良だからこそ
ユベラ軟膏の血行をよくしてくれる働きは効果的だといえるのです。

しもやけの対処法についてはこちらの記事もご参考に!

他の軟膏との違いは?

ユベラ軟膏は他の軟膏や薬とはどういった違いがあるのでしょうか?
ユベラ軟膏には、ビタミンEが配合されているというのが特徴です。

ビタミンEという成分は、血行を促進させてくれる働きがあることから
しもやけに使われることが多い薬です。

病院で処方されているものは、サプリメントなどと比べても
ビタミンEの濃度が高いものになっているので、高い効果を発揮してくれるのです。

しもやけの時によく処方されるステロイド軟膏には、血行促進効果はなく
皮膚のかゆみの対策として効果があるのがステロイド軟膏になるのです。
軟膏の中でも血行を促進させる働きがあるということから、
ユベラ軟膏はしもやけに効果があるといわれるのです。

ユベラ軟膏は病院で処方してもらう薬ですが、
同じ薬用成分の軟膏がドラッグストアなどで手に入れることができるそうです。

同じ成分でなくても、ビタミンE・A製剤のものであれば
同じ効果を得られますので、ご自分に合うものを見つけ、使用しましょう。

ユベラ軟膏のそのほかの効果

では、ユベラ軟膏にはその他にどのような症状に効果があるのでしょうか?
効果の高いとされている症状についてご紹介します。

乾燥肌

ユベラ軟膏の効果のひとつに保湿効果を高めるというものがあります。
そのため、乾燥した肌に使用することで乾燥を改善することにつながります。
肌がかさかさしているなと思ったタイミングで使用するのが良いようです。

角化症

肌が硬くなってしまう角化症。特にかかとなどがなりやすいです。
角化症も皮膚の乾燥が原因で起きるものだからこそ、ユベラ軟膏の保湿力が効果的なのです。

まとめ

2016-03-06c

しもやけは、血行不良が原因によって起きてしまう皮膚の病気です。
血行不良が原因だからこそ、
しもやけを治すには血行を改善させるということが大切で、
それに効果があると処方されるのがユベラ軟膏です。

ユベラ軟膏にはビタミンEが高濃度で配合されていることで、
血行をよくする働きがあります。

しかし、ユベラ軟膏は2015年に生産中止となっているようです。

飲むタイプのものでも冷えに効果があるとのことなので
一度お試しください(*^^*)