トラネキサム酸って知ってしますか?
最近、美容業界の中でも取り上げられることが増えてきているために注目が集まっている成分です。

スクラルファートと言う胃潰瘍で処方される薬品がありますが
これを使用してもトラネキサム酸が体内で生成されます。
ですが、実はトラネキサム酸を生成しない方が良い場合があるんです…

トラネキサム酸とは?

2015-08-12b

トラネキサム酸とはそもそも止血するための薬として使われていました。
そもそも血液には血液を固める作用と溶ける作用の2つが
バランスを取り合って体内を巡っているのです。

ですが、そのバランスが崩れて血液が溶ける作用の方が強くなると
出血が止まらなくなるということが起きるので、
そういった時にこのトラネキサム酸を使用するのです。

人工的に作られたアミノ酸のひとつであり、止血剤の他には歯磨き粉などにも多く使われているんですよ。

トラネキサム酸は美白効果がある

このような美白薬や化粧品をドラッグストアなどで目にしたことがあると思います。

最近トラネキサム酸が美容において注目されるようになったのが、美白効果が期待できるからなのです。
実はトラネキサム酸には、シミやソバカスの原因となるメラニンが作られるのを
抑制する働きや炎症を抑制する働きがあるのです。

シミやソバカスに対する基礎化粧品や内服薬などにも使われることもありますが、
なかなか治りにくい肝斑にも効果が期待できるとされているのです。
そのため、肝斑対策のための内服薬や化粧品などにも含まれるようになってきたのです。

スクラルファートを使用するとトラネキサム酸が生成される?

ただしトラネキサム酸の働きゆえに気を付けるべきこともあります。
胃潰瘍などになった場合に処方される薬にスクラルファートというものがあります。
スクラルファートは潰瘍部分に付着することで保護膜となるのです。

ですが、スクラルファートは体内で代謝させるとトラネキサム酸を生成します。
トラネキサム酸はすでにご説明した通り、止血作用があるため

血液を固めるという働きがあるので、
もともと血栓がある人血栓が起きる可能性がある人が使用すると
血栓が分解されにくくなってしまうことがあるのです。

そうすると重大な病気を引き起こしてしまう可能性もあるため、
血栓がもともとある人は注意が必要なのです。

こちらの記事でもトラネキサム酸について詳しく説明しています。

トラネキサム酸の副作用

スクラルファートのように何かトラネキサム酸による副作用はあるのでしょうか?
美容などのために使用したい分、副作用についても知っておくようにしましょう。

スクラルファートと併用せずとも、気を付けるべきは血栓がある人。
血液を固めるという作用があるために、もともと血栓がある人や
その可能性がある人は使用を控えた方がいいと思います。

食欲不振

まれにある症状ですが、トラネキサム酸を使用することで食欲不振に陥ることがあります。
ただ、重大なものではなくしばらくすると症状は良くなってくるためにそこまで心配する副作用ではありません。

発疹

トラネキサム酸を使用した場合、発疹が出ることがあります。
アレルギーではないですが、医師に相談するようにしましょう。

嘔吐

これも稀におきる副作用の症状です。
急に嘔吐が起きると心配になりますが、
これも医師に相談すれば重大なものではないのでご安心を。

眠気

まれに眠気を伴う副作用が出ることがあります。
心配な場合には、運転前などは使用をやめるようにしてください。

まとめ

2015-08-12c

トラネキサム酸は、アトピーに効果があるだけではなく
美白にも効果が期待できる女性には嬉しいものですよね。
特に、シミやソバカス、肝斑に悩んでいる女性は多い分その効果は期待できるものです。

ですが、トラネキサム酸は血栓がある人が使用すると最悪脳梗塞などを
引き起こす可能性があるために、使用の際には十分注意するようにしましょう。

もちろんそれ以外の副作用はあまり重大なものはないため、血栓がある人だけはとにかく注意が必要です。