みなさんはサンバーンというものをご存知でしょうか?
サンバーンとは日焼けのことを指し、肌がヒリヒリと赤くなります。

そんなサンバーンは日光に当たり紫外線を浴びることによっておきるのですが、
曇りでもサンタンというものに注意しなければなりません。

今回は、サンバーンとサンタンとの違い、それぞれの予防法・対処法についてご紹介したいと思います。

サンバーンとサンタンの違いは?

みなさんサンバーンサンタンには四苦八苦されてますね。
ここでまずTwitterをのぞいてみましょう。


サンバーンは直射日光を浴びたことにより
皮膚がやけどをしたような状態になるいわゆる「日焼け」のことです。

この時皮膚はヒリヒリと色も赤くなります。
日焼けの最初の状態でサンバーンを起こした皮膚はやがて表面が剥がれ落ち治ります。

原因は日光の紫外線B波でサンバーンを繰り返すと
しわたるみシミ、最悪の場合は皮膚がんにもなるといわれています。
皮膚がんは怖いですよね。

サンバーンが引き始めると紫外線B波でできた物質が
皮膚の表面と奥の間にあるメラノサイトと呼ばれるところに届きメラニンが作られます。

このメラニンは紫外線を皮膚の奥に浸透するのを防ぎ、
そこで起きた色素沈着により、皮膚が褐色となってサンタンになります。

よってサンバーンとは日光を浴び皮膚が赤くなりヒリヒリとする状態をいい、
サンタンはサンバーンの後メラノサイトによって作られた
メラニンの色素沈着により皮膚に褐色が起きることをいいます。

曇りでもサンバーンは起きるの?

サンバーンは上記の通り日光を浴びたことにより起きるものなので、
曇りではサンバーンにはなりませんがサンタンには気を付けなければいけないんです。

サンバーンは日光から出る紫外線B波を浴びることによって起きるのに対し、
サンタンは主に紫外線A波を浴びることによって浴びることによって起きます。

この紫外線A波は曇りの時でも出ており、窓ガラスなども通過するといわれており、
こちらも繰り返し浴びることによってコラーゲンが失われ、
しみたるみだけではなくサンバーンと同じく皮膚がんの原因にもなります。

サンタンはサンバーンに比べて痛みもなく気づきにくいので要注意ですね。
曇りではサンバーンの心配はないようですが、日焼け止めなど予防は不可欠です。

こちらの記事でもサンバーンについて詳しく説明しています。

サンオイルはサンバーンを防ぐ?

みなさんはサンオイルを「日焼けをするために塗るもの」だと思っていませんか。
私もコンビニなどで見かけるたびにそう思っていましたが、違うんです。

サンオイルとは正確には日焼け止めの一種なんですよ。

簡単に言うと「サンバーンを防ぎながら、肌をこんがりと焼くもの」なんです。
日焼けをしたくないという方は日焼け止めでもいいですが、
肌が白いよりか、少しは日焼けしたほうがいいという方にはおすすめですね。

サンオイルを塗るときは肌にムラのないように塗りましょう。
塗り忘れがあると元も子もないですからね。

水や汗でサンオイルが落ちてしまうことがあるので数時間ごとに塗り直しもしましょう。
ただしサンオイルは紫外線A波を防ぐことはできませんので注意が必要です。

おすすめのサンオイルはこれ!

最近はオイルタイプよりベタベタしないウォーターやローションタイプが人気のようですね。

コパトーン

一番人気はコパトーンです。
コパトーンは日焼け止めも出していますよね。

コパトーンタンニングウォーターはスプレータイプとなっており広範囲に塗りやすく、
紫外線のみをカットしながら濃い日焼け色に仕上げます。

アロエやキャロット配合で肌の潤いをキープし、ほんのりココナッツの香りがしますよ。
口コミでは「スプレータイプで素早く塗れる」「使いやすくお値段も手ごろ」と
Amazonでは964円という金額の手ごろさも人気の一つなのでしょう。

メンターム

リップクリームでおなじみのメンタームもサンオイルを出しているんですね。
メンタームサンベアーズサンタンローションというローションタイプ。

なんとウォータープルーフ
ムラなくキレイに焼くことができ、紫外線から肌を守りながら焼きます。

こちらAmazonでは479円という破格で
「コスパもよくオイルよりもなじむ!」「ココナッツ臭など臭いがなく香り控え目なのがいい」と
コスパなところが受けて居る様子ですね。

曇りの日でも油断は大敵!

サンバーンの予防法は日焼け止めクリームを塗り帽子などで日よけをすることです。
また、曇りの日でもサンタンを起こす可能性があるので毎日日焼け止めクリームは塗るようにしましょう。

また、対処法はサンバーンは赤くなりヒリヒリしやけどのようになるので、
水などでよく冷やすことが大切です。
その後は赤みが引いて元に戻りますが、赤みが引かない場合は皮膚科に行き診てもらいましょう。

日焼け後のケア

  1. うっかり日焼けしてしまった場合は、その後のケアも重要です。
  2. 日焼けしてしまったところを冷やす日焼けは「やけど」と同じことなので、冷水で冷やします。
  3. 化粧水や乳液で保湿ヒリヒリする場合は軟膏を塗りましょう。
  4. 水を多めに摂る日焼け後は水分が内側にも足りない場合があるので、水分を十分にとります。

動画でも日焼け後のケアについてのものがありましたので参考にしてみてくださいね。

曇りではサンタンが起きやすい

いかがでしたでしょうか?
曇りではサンバーンよりサンタンが起きやすく、
どちらも日焼け止めの対策が必要だということが分かりましたね。

そして、サンオイルはただ日焼けするだけではなく、紫外線を極力防ぎながら肌を焼くものです。
紫外線は心配だけども日焼けしたいという方は試してみてくださいね。

うっかり日焼けしてしまったときは、上記を参考にしながらケアしていただければと思います。
皆さんこの夏も日焼けに気を付けながら楽しみましょう。