豆乳イソフラボンと言うものをご存知でしょうか?
女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているだけでなく体内で同じような働きをしてくれるので
バストアップや美肌、ホルモンバランスの調整などに役立つ優秀な成分です。

このイソフラボンのクリームが美肌効果が高いと話題ですが
塗るとポロポロカスが出て困る!と言う声があるようです…
これって本当に肌にいいものなんでしょうか?

イソフラボンって何?

Soy bean in white ceramic bowl

大豆に含まれているポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは、植物に含まれている苦みやアク、渋み等で、
健康や美容にとても効果がある成分と言われています。

イソフラボンは2種類あります。
分子の大きな「グリコシド型イソフラボン」と
分子が小さく吸収力に優れている「アグリコン型イソフラボン」です。

イソフラボンは分子が大きいままでは体内に吸収されません。

腸内で、腸内細菌の働きにより、分子の大きな「グリコシド型イソフラボン」は
糖に分解されて「アグリコン型イソフラボン」になり、初めて体内に吸収されます。

※腸内細菌の働きには、個人差がある為に吸収されるイソフラボンの量は個人差があります。

女性の味方「イソフラボン」

高吸収体である「アグリコン型」イソフラボンは女性ホルモンの一種である
「エストロゲン」と分子構造がとてもよく似ています。

その為、更年期障害や骨粗鬆症の予防、妊娠しやすい身体をつくるなど
女性の身体を健康にするために有効な成分として知られています。

「アグリコン型」イソフラボンは体内に吸収されると、
女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と同じ働きをしてくれるので、
ホルモンバランスが崩れることで起こる様々な症状を緩和してくれます。

これが、イソフラボンが「植物性エストロゲン」と呼ばれる所以です。

イソフラボンの美肌効果

イソフラボンには美肌効果がある事は良く知られています。
では、どうして美肌に効果があるのでしょうか。
それは、二つの理由があるからです。

まず、イソフラボンには女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と同じ効果があります。
エストロゲンには、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して、肌を滑らかに保つ働きがあります。
イソフラボンにも、エストロゲンと同じく美しい肌を保つ働きがあります。

また、イソフラボンには抗菌作用もあります。

紫外線やストレスで発生する活性酸素は、肌を瑞々しく、
張りを保たせているコラーゲンを攻撃して分解してしまいます。
イソフラボンの抗菌作用は、このコラーゲンの分解を抑制する働きがあります。

この2つの働きを持っている為に、イソフラボンは美肌効果がある成分と言われているのです

イソフラボンを含む大豆

大豆は、「畑の肉」と呼ばれ、昔から日本では「味噌」「納豆」「豆腐」などの
大豆製品をよく食べていました。
大豆には、良質のたんぱく質が豊富に含まれており、
同時にバランスよく必須アミノ酸も含まれています。

その他にも、イソフラボン・カルシウム・食物繊維・鉄・亜鉛・脂質
ビタミンE・ビタミンB1など、様々な栄養素が豊富に含まれています。

ニキビにも効果大の豆乳スキンケア

大豆製品である豆乳には、豊富な栄養素が含まれており、美肌にとても効果があります。
豆乳に含まれているイソフラボンは、飲むことで体内からの効果も期待できますが、
肌に直接塗っても効果があります。

豆乳に含まれる血行をよくするビタミンEや皮脂の分泌の活性化を阻止する
ビタミンB2など、ニキビの対策にも効果大です。

豆乳スキンケア用品には、化粧水やせっけんをはじめ様々な製品が販売されています。

イソフラボンについてはこちらの記事もご参考に!

豆乳クリームの使い方

美肌の大敵はなんといっても、乾燥です。
でも、乾燥ばかりを気にして保湿効果の高いスキンケア用品を使っていると
「ニキビ」が出来てしまう事があります。

逆にニキビを気にすると、肌の潤いが不足してしまう。

そんな悩みには、ニキビに効果があり、保湿力もばっちりな
イソフラボンが含まれている「豆乳クリーム」がお勧めです。

でも、使い方を間違えると、折角の効果が期待できなくなります。
粘着力が強いので、しっかりと伸ばさないといつまでも肌がクリームでべとついてしまいます。
少量ずつ、肌に塗り込むようにマッサージをしながら、肌になじませて下さい。

きちんと肌になじませるのに少し時間が掛かりますので、
朝は忙しいと云う方は夜のみ使われると良いかも知れません。

朝のスキンケアで使われる場合はごく少量を、化粧下地の前に付けられる事をお勧めします。

最期に、沢山付けると効果がもっと期待出来るかもと思って多めに付けてしまいがちですが、
豆乳イソフラボンクリームは、量が多いと肌に全て吸収出来ずに
残ったクリームがポロポロとカスになってしまいます。

適量ならば、さらっと肌になじみますので、使うとカスが出て使えない訳ではありません。

まとめ

2015-08-15c

どれ程、効果のあるものでも、適切な用法用量を守らないと、十分な効果は望めません。
美肌にも健康にも良く、女性の強い味方であるイソフラボンを上手に使って
健康で綺麗な肌を手に入れたいものです。