冬になると起きやすいのが凍傷です。
雪が多く降る地方でもそうですが、
冬の時期はスノーボードやスキーなどで雪山に行く機会も増えるため、
凍傷になることがあります。

でも具体的に、凍傷の症状は一体どういうものなのでしょうか?
また、凍傷になった場合、どのような対処をしたらよいでしょうか?

凍傷とは?

2016-03-03b

凍傷とは、具体的にどのような病気なのでしょうか?
凍傷は、マイナス4度以下の状況で起こりやすいです。

また、マイナス4度以下でなくても、風が強かったり、
冷気にさらされた時間が長かったりなどによっても起きることがあります。

こうした原因によって、
皮膚だけではなく筋肉なども凍結してしまう状態がまさに凍傷です。

人間の体は、寒くなると血管が縮小します。
これが長時間になると、
血管の縮小から血液から運ばれるべき酸素や栄養が細胞に届かなくなってしまいます。

酸素や栄養が届かない細胞は、やがて活動をやめてしまうのです。
細胞が活動をやめるということは、細胞が損傷し最悪壊死してしまうのです。

特に寒さにさらされやすい顔や耳、
手や足の指などは凍傷になりやすい場所でもあります。

凍傷の症状は?ヒリヒリ?

凍傷になるとどのような症状が出るのでしょうか?
実は凍傷としっても、その症状によってレベルが1〜4までに分けられています。

レベル1は、凍傷した部分が赤くなったりヒリヒリしたりといった症状です。
これは、皮膚の表皮と呼ばれる部分だけが傷ついただけなので凍傷ということに気づかないこともあります。

ただし、お風呂などに入って温めるとかゆみが出たり、
熱くなったりといった症状がでてくるので、そこで気づくこともあります。

レベル2は、皮膚の表皮だけではなく
その下にある真皮と呼ばれる部分まで傷ついてしまった状態です。

そのため、症状としては凍傷した部分が白くなって痛くなり、
その部分に水ぶくれが出来るのが特徴です。

しもやけなどはこのレベル2に含まれます。
正直、普段の生活でもレベル2ぐらいまでの凍傷になることは多く
放っておいても自然と治ることがほとんどです。

レベル3になると、絶対に病院へ行かなければいけない状態になります。
レベル3の場合、皮膚の皮下組織と呼ばれる部分まで損傷して、
皮膚の細胞が壊死してしまいます。

そのため、見た目が黒くなってきます。
壊死した部分は、もう回復しないので切断する以外に方法がなくなります。

レベル4はさらに筋肉にまで損傷がおよび最悪骨まで損傷が及びます。
筋肉や骨が損傷し、細胞が壊死すれば命が危険にさらされている状態だと思っておいてください。

凍傷の時お風呂に入っていい?

レベル3以上の凍傷の場合は、
病院で治療最悪入院となる可能性が高いためここでは触れません。

レベル2までの凍傷になった場合、お風呂に入ってもいいのでしょうか?
凍傷になった時には温めた方が良いなどといわれることもあって、
お風呂に入って温めようとすることも多いです。

ですが、凍傷中は出来るだけシャワーだけで済ますことをおすすめします。
というのも、湯船の中には目に見えない雑菌などがいます。

凍傷した患部というのは傷ついているため、
この湯船の雑菌が万が一入ってしまえば凍傷の症状が悪化してしまうことさえ考えられます。

そのため、凍傷した場合には
湯船には入らずシャワーだけで済ますようにしてくださいね。

しもやけについてはこちらの記事もご参考に!

凍傷になった場合の対処法

一般的に凍傷になることが多いのが、
スノーボードやスキーのために雪山に行った時が多いです。

そういった場所で凍傷になってしまった場合、
どのような対処をすればよいのでしょうか?

患部を温める

凍傷は、その部分が凍結している状態のためまずは温めることが大切です。
約40度ぐらいのお湯を用意して、数十分は患部をつけたままにしましょう。
この時、洗面器などで行うとお湯が冷えることがあるので
できればお風呂などで常に40度ぐらいを保てるようにしておきましょう。
お湯がすぐに用意できないような場合であれば、
自分の脇にはさむなどしてとにかく温めるようにしてください。

こすらない

温める時に皮膚同士をこすらせるということもありますが、
凍傷の時にはこすってはいけません。
皮膚が損傷している状態なので、
摩擦を起こせばさらに損傷がひどくなることがあるので、こすらないようにしましょう。

場合によっては病院へ

凍傷は処置方法を間違えると、あとに残ってしまうこともあります。
レベル2の状態であれば、
病院に行って正しい処置をしてもらった方が治りも早いです。

まとめ

2016-03-03c

凍傷は、長い時間冷気にさらされていることで皮膚が凍結してしまう状態です。

その症状にはレベル1〜4まであり、
軽度であればヒリヒリするぐらいの症状で済みますが、
重度の場合は患部の切断や最悪命に関わることもあります。

凍傷になった時は、その部分は損傷しているためお風呂はシャワーだけで済まし、
出来るだけ湯船は入らないようにしてくださいね。