ビニール肌」……こんな肌質を知っていますか?
それは、お肌の角質が薄くなり過ぎて、
ビニールのようにつるつるテカテカした肌質のことです。

このビニール肌、原因は色々ありますが、
トレチノイン」という美容成分が元となって起こるケースが多いようです。

今回は、ビニール肌についてと、トレチノインとの関係について考えてみましょう。

ビニール肌の症状

2015-09-06b-1

ビニール肌とは、過剰な手入れなどによって、
皮膚が薄く張ったような状態になってしまい、
ビニールのような質感の肌質になってしまった状態です。

洗顔や手入れをし過ぎると刺激が強すぎて、
皮膚の生まれ変わりの現象、ターンオーバーのサイクルが早くなり、
新しい角質ができる前に古い角質がはがれてしまうために、
どんどん皮膚が薄くなっていってしまうのです。

このビニール肌、一見ボツボツやザラザラが無いので、
美肌のように勘違いされがちですが、それは大間違い。

角質層が薄いせいで保水力が弱まり、
どれだけ化粧水を入れても乾燥しやすく、ちりめんジワができる原因となり、
顔を守る皮膚が薄くなるわけですから、
ニキビや炎症ができやすくなったり、化粧品がしみやすくなります。

また、ファンデーションなどのノリも悪くなり、化粧崩れが起こりやすくもなるのです。

ビニール肌の原因とトレチノイン

ビニール肌の原因となる過剰な手入れとは、スキンケアのし過ぎ、
角栓パックやふき取り化粧水の使い過ぎなどが挙げられますが、
特に問題視されているのが、トレチノインによる自己判断でのケアです。

このトレチノインは、強いビタミンA誘導体で、
皮膚に塗ると、ターンオーバーを促進させる働きがあります。

適切に使えば、シミやニキビ跡が薄くなる効果が期待されるため、
トレチノイン療法を行っている美容皮膚科も多く、
セルフケア用のトレチノインの薬剤も簡単に手に入るようになりました。

ですが、ターンオーバーを促進させるということは、前の項で説明したとおり、
新しい角質が未熟なうちに古い角質がはがれ落ちてしまうということ。

ですから、トレチノインによるビニール肌は、
施術直後は必ず発生すると言っても良いものです。

そのため、ネットなどによくある、信頼性の薄い方法で行うと、
せっかくシミが薄くなったのに、ビニール肌による別なトラブルに悩まされる……
という事態にもなりかねません。

それを防ぐため、トレチノインによる美容法をする場合は、
しっかりとしたアフターケアを行ってくれる美容皮膚科に通うのが安全と言えるでしょう。

トレチノインについてはこちらの記事もご参考に!

もしもビニール肌になってしまったら

トレチノインの使用が原因でも、そうでなくても、
もしもビニール肌になってしまったら、角質を厚くするケアを行いましょう。

ビニール肌改善のケアとは、ズバリ「ケアをしないこと」。
手入れのし過ぎで起こる現象ですから、
元通りになるまでは手入れを最小限にすれば良いのです。

とは言っても、毎日化粧をするでしょうから、
洗顔やスキンケアは必須の女性の方が多いと思います。

そんな時は、クレンジングはオリーブオイル、
洗顔料は無添加の洗浄力の低いものを使い、
敏感肌用の化粧水を優しく付け、
油分のある乳液やクリームなどでしっかり蓋をしましょう。

どの作業も、ゴシゴシとこするような動作は厳禁です。

また、肌を正常に導くため、早寝早起きをする、
便秘しないように食生活を改善する、ストレスを溜めないようにするなどの、
内側からの働きかけも重要です。

このような生活を続けているうちに、ターンオーバーのリズムが正常化して、
段々とふっくらした肌質に戻っていきます。

ビニール肌が改善されたら、
過剰なスキンケアをしないように心がけて、美肌を維持するようにしましょう。

まとめ

2015-09-06c-1

いかがでしたでしょうか。
ビニール肌の症状や原因と、
トレチノインを使った美容法から起こるビニール肌の危険性、
もしもビニール肌になってしまった時のお手入れ方法などについてご説明しました。

もしもあなたが、このビニール肌の症状を見て、
「もしかして、私もビニール肌かも……」と思ったのなら、
すぐに現在のお手入れ方法を見直してみましょう。

毎日手の込んだお手入れをしていたり、
スペシャルなケアをする頻度が高いようなら要注意です。

このままそんな手入れを続けていては、お肌の調子がどんどん悪くなって、
新たな肌トラブルの原因になりかねません。

ですからすぐにお手入れを最小限に減らして、お肌の復活を待つようにしてみて下さいね。