日焼け対策やシミ対策にビタミンCが効果的であることは広く知られていますね。
ですが同様に、ビタミンCの含まれる化粧水等を使った後に
日光を浴びるとシミができるという話を耳にされたことがある方も少なくないことでしょう。

その話がなぜかビタミンC誘導体に勘違いされて、
ビタミンC誘導体入りの化粧品を使った後には
日光に当たってはいけないという話に変わって広まってしまっています。

今回はビタミンC誘導体と日光との関係についてご紹介します。

ビタミンCとは?

2015-09-12b-2

ビタミンCの持つ働きである、抗酸化作用やコラーゲンの合成促進効果、
メラニンの生成抑制効果が女性の美白対策・シミ対策として
有効であることをご存知の方は多いことでしょう。

ビタミンCは、水溶性のビタミンで、果物や野菜などに多く含まれています。
必要量以外は尿として排出されるので過剰摂取の心配は不要です。

ビタミンCが不足するとコラーゲンの構造がもろくなって毛細血管から出血したり、
疲労、消化不良、水腫、精神障害や貧血などの症状が起こります。

またレモンやミカンなどをイメージすればわかりやすでしょうが
酸性には安定する性質を持っていて、
中性やアルカリ性、酸素、光、熱には不安定な性質があります。

そのため、加熱や光、空気に触れて酸化など変質してしまいます。
ビタミンCが肌トラブル(シミなど)の原因になると巷で言われるのはこの性質のためです。

また、ビタミンCには肌の皮脂の分泌を抑える働きがあります。
肌をバリアする機能を持つ皮脂の分泌が抑えられると、
その分、日光による紫外線のダメージを強く受けやすくなるのではないかと言われています。

これらの点から、
「ビタミンCを朝など日光にあたるときに肌に付けてはいけない」
と言われるようになったと考えられます。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体といっても様々なものがあります。

一般的に、ビタミンC誘導体というのは、塗った時肌の表面ではビタミンCではありません。

肌の奥に浸透したあとで酵素によりビタミンCへ変換するので、
ビタミンCよりも安定した状態で肌の内部に
ビタミンCの成分を届けることができるように人工的に作られたものです。

そのため、上記で紹介したようなビタミンCのもつリスクを
最大限に減らすことができ、日光の影響もほとんど受けることがありません。

そこで勘違いしてはいけないのが、
ビタミンCとビタミンC誘導体とは別のものであるという点です。

それをわかっていない方が多かったころに、
なぜかビタミンCと日光でシミになるという話が、
ビタミンC誘導体に置き換わって広まってしまい、
思わぬ風評被害を受けているのが現実。

ですが、上記でご説明した通りビタミンCとビタミンC誘導体とは
全く性質が異なるものなので、安心してお使いになれますよ。

ちなみに、ビタミンC誘導体は、洗顔後に使うのをおすすめします。
その後、化粧水や乳液、美容液と使うことで、
より効果的にビタミンC誘導体の成分が肌に吸収され、
シミなどの肌トラブルを改善するのに役立ちます。

とくに気になるシミの部分には、コットンにビタミンC誘導体をしみこませ、
集中的にパックをするのも効果的。

ビタミンCよりも安定し、しっかりと肌内部にまで届けてくれる
ビタミンC誘導体をお肌ケアに上手に取り入れてくださいね。

ビタミンCの効果についてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

2015-09-12c-2

シミ対策にビタミンCの持つ働きが非常に重要なことは皆さんがご承知の通りです。

ただ、その性質から日光に当たることで
肌トラブルを起こす可能性は全くないわけではないようですし、
影響はないという研究結果等もまだないようなので、
安全のためにビタミンCを直接肌に付けて日光に当たることは避けた方が無難ですね。

それよりも、ビタミンCそのものよりもさらに効果的に
しっかりお肌の内部にまで届けてくれるのがビタミンC誘導体を使った方が、お肌にとっては安全だし安心。

ぜひ風評に惑わされず、ビタミンC誘導体でシミの少ない美しい素肌を手に入れてくださいね。