人肉の味だとか、血の味がするなどと形容されるざくろ
この果物は、実は美肌に高い効果があるとも考えられています。

見た目は個性的なざくろですが、食べて美容に良いだけではなくスキンケアにも使えるという情報があります。

今回は、ざくろのお肌に対する効果についてお伝えします。

ざくろってどんな果物?

厚い果皮が割れるとルビー色の細かい実が顔を出すざくろ
生のまま食べるほか、シロップや果汁を飲み物に使うのが一般的です。

ざくろにはアントシアニンタンニン、レスベラトロールなどの
ポリフェノールが豊富に含まれているため、アンチエイジング美肌、ダイエットなどにも効果的です。

また、果物ですからビタミンCなども豊富で、こちらも美白美肌効果が期待できます。

ざくろは「女性の果実」という別名があり、女性機能改善に良いと言われてきました。
ただ、女性ホルモンに似た成分を含むものの微量であり、
今ではあまり効果は期待できないという研究結果が出ています。

でも、豊富なポリフェノールやビタミンというだけで女性ならかなり興味が湧きますよね。
今でもざくろが女性に人気だという理由もわかります。

なぜニキビや肌荒れに効果的と言われているのか

先ほどの説明で、なぜざくろがニキビ肌荒れに良いのか想像が付いたと思いますが、
それはやはり、豊富なポリフェノールのなせる業です。

高い抗酸化作用によってお肌の老化を防ぎ、ターンオーバー正常化することによって
健康なお肌を作り出し、ニキビを始めとする肌トラブル防ぐのです。

また、ビタミンCによる美肌効果もニキビ改善を手伝ってくれるという利点もあります。
微量ですが、女性ホルモンの働きを助けるエストロンという成分も含むため、
ホルモンバランスの乱れによるニキビを改善できるとも言われていますね。

ざくろで化粧水を自作することはできる?

ざくろと言えば、食べるだけではなくスキンケア用品にも使われています。
これは、ざくろエキスが持つ保湿効果が、お肌の乾燥防いでくれることに着目して作られているようです。

手作り化粧品愛好者の中には、ざくろ化粧水を自作する人も少なくありません。

手作り化粧水

手作りざくろ化粧水にはいくつかのレシピがありますが、手軽なものを一つご紹介します。
ここでは、ざくろそのものではなくざくろのお酢、紅酢(ホンチョ)を使います。

作り方
精製水500mlクエン酸小さじ1紅酢大さじ1を入れ、溶けるまでよく混ぜるだけ
保湿力を強くしたい場合は、グリセリン10mlも混ぜます。

これを、通常の化粧水と同じく洗顔後に顔に付けるだけで、潤い補給や小じわ対策ができるのだそうです。

ただ、お酢が入っていますが、無添加なので長期保存はできません
材料費が安いので、惜しみなく使って早めに使い切りましょう。

おすすめのざくろ化粧水

自作は面倒……という人には市販のざくろ化粧水がおすすめです。
私のおすすめは、韓国コスメメーカーのスキンフードから出ている「黒ザクロ トナー」という化粧水です。

この黒ザクロ トナーは、皇后の果実と言われるザクロのエキスを配合した化粧水で、
高い保湿効果アンチエイジング効果が期待できます。

見た目年齢にアプローチ」という売り文句も魅力的ですよね。

その他の手作り化粧水についてはこちらの記事もご参考に!

食べるならどんなざくろ食品が良い?

ざくろそのものの味を楽しみたいのなら生の果実を買うのが一番ですが、
残念ながら日本ではどこでも手に入るわけではありませんし、お値段も張ります。

そんな時は、冷凍した果実を買って、その都度食べたいだけ食べるのがおすすめです。
冷凍品は種ごと食べられるものが多いので、種に含まれるポリフェノールがしっかり摂れて健康にも良いですよ。

ざくろのお酒も甘酸っぱくて美味しいです。
↓こちらのように、冷凍ざくろと合わせてざくろ尽くしにするのもいいですね!


生のざくろが手に入ったら、こちらの動画を参考にすると皮を剥きやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ざくろ効果やそれを活用した化粧品、食品などについてお伝えしました。

ざくろは見た目のグロテスクさもあってか「人肉の味」などと言われることもあり、
ホラー作品に登場することもある果物ですが、その健康効果は高いため、イメージだけで敬遠するのは勿体ない果物です。

一時は不妊症に良いと言われてブームが起こりましたが、
その効果が薄いと分かった今でもざくろ人気は廃れることがありません。
なぜなら、不妊には効果が無いとしても、ざくろには豊富なポリフェノールがあるからです。

そんなざくろは健康に良いだけではなく味も美味しいので、
興味がある人は是非、化粧品と食品、両方チャレンジしてみて下さいね。